タグ

タグ:国境調整税

いま、そこにある危機 2017.3.12 3月15日危機説

カテゴリ:
19f6830a981dd36b8a0f3544b215dc4c
米国では利上げがほぼ確実視されるなか、不動産やゴールドからの資金流出が起こっているという記事。逆にドルが買われやすく円安方向はトレンドだと。そうなれば資金の動きは日本株買いとなる・・・。単純に言えばそれが日本株が上昇するという根拠だな。確かに足元ではそういう動きもあるのだろう。
しかし、FRB利上げが決定的となってからすでに二週間近くになるわけだが、もしも明確にそのような資金の動きをするのであれば、日本株はこの位置ではないだろう?米国や欧州が高値を更新するなかで、日本株はようやく引け値で昨年来高値を更新した程度。PER16水準は通常では十分だが、現在の先進国株価水準と比較すると独歩安なのだから。
img_71d3195a059b6326c2aa9af8bd9de76799888
FRBの金利上昇が3回/年、4回/年と言われるのは、トランプ政権が大幅な財政出動をしてインフレ懸念があるから。なので、現時点でFRBの年内利上げの回数を予想するのはナンセンスで、すべては15日の予算教書の内容を精査しなければ、何も分からないわけだ。

トランプ政権の政策で、確定しているのは1)法人と富裕層の減税 2)国境調整税 3)大規模なインフラ投資 4)大規模な核を含めた軍備増強、であって国境調整税は唯一の増収策だよな。あとの3つは全く財政的な根拠のない支出ということになり、財源は恐らく超長期債(50年債、100年債)の発行だと思われる。となると、当然のことながら長期金利は跳ね上がり、一気に債券市場が揺らぐ。そこを見極めることなく、債券売りの株式買いへ資金は動く、として「為替は円安だ、日本株は買いだ」と判断するのは、非常に危険だと思うわけだ。

確かにリーマンショック後、米国は大規模なQE(金融緩和)によって、経済を支えてきたし、その成功を観て欧州も日本もそれに追従したわけで、世界の主要通貨はすでに3倍増という強烈な緩和状況にある。経済の原則からすれば、貨幣価値は1/3、物価は3倍になってもおかしくない水準なのだ。そして、すべての通貨が金融緩和でほぼ横並びとなった現在の状況は、単一通貨の切り下げ効果はほぼ消えうせたと言ってもいい。となると、米国も含めた世界経済が現状を維持するためには、各国の国民所得は3倍になる必要があるわけだ。ところが、所得水準の改善はごく僅かにとどまり、消費に反映されているとは言い難い。
10
(米国債10年もの金利日足チャート)

ここで本質的な部分、つまりは「消費は人口増加に依存する」という部分を無視できない点だ。移民の大幅な受け入れで疲弊しているはずのEU経済の改善がかなり鮮明になってきている。そして、米国経済をこれまで支えてきたのは、年間300万人の人口流入だ。つまり現状の経済(消費)は、所得水準が伸びないから人口増で嵩上げするしか手段がない。しかし、トランプ政権はこの人口増を否定している。

となると、各国のQEによって増加した膨大な過剰流動性は、ほとんどすべては債券化されていると考えるべき。国債、社債、ファイナンス、そしてデリバティブ。その額は天文学的だろう。ほんのわずかな資金の動きで、株式市場は簡単に押し上げられる。それを活字にすれば「グレートローテーション」となるのだからお笑いだ。

「3月15日危機説」というのは、株価暴落、という意味ではなく実際には「債券からの資金流出」を表していると思う。今の世界経済は、未曾有の低金利によってかろうじて維持されている。そのバランスは極めて微妙なのだ。なぜなら、リーマンショック時と比較してもはるかに過剰流動性が膨大になっているからである。ほんのわずかなバランスの崩れが、大きな影響となって現れる状況だ。

もちろん3月15日危機説の可能性は5%程度だと思う。しかし、不動産や金、国債、ジャンク債、ローン債券から資金流出が始まれば、連鎖反応を起こす可能性を否定できない。だからこそ、FRBは年明けからかなり焦り始めてるということだ。もしも、トランプ政策によって金利上昇が止まらないという事態になれば、一旦は円安ドル高になるだろうが・・・その時は株式の為替連動性も何もすっ飛ぶ話だろう。

もしも、リスク管理という視点を持ち続けるのであれば、現在の株価水準は通貨価値の下落による現象と見るべきで、次に来るのは間違いなく物価上昇(インフレ)だ。だが、その時企業収益はどうなるのか・・・。そして債券はどうなるのか・・・。常に観察しておくべきだと個人的には思います。

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

カテゴリ:
ウが気になって早く目が覚めた。
そのダウは案の定続落で、これは予想通り。徐々にトランプの政策に対するネガティブファクターを織り込み始めてると言ってもいいかもな。

共和党の国境調整税、自動車価格を3300ドル押し上げ雇用減少へ

NY原油(8日):大幅続落、12月以来安値
          ー米在庫に市場は焦燥感 


最初の記事はドイツのコンサル会社のコメントらしいが、トランプ政権が国境税を取り下げることはまずないと思う。トランプ政権の現政策はGDPを押し上げることで経済成長を加速するというもの。逆にインフレになるなら、それは歓迎なんだろう。なぜならFRBは利上げをせざるを得なくなるから。金利上昇はトランプの政策でもある。

原油に関して言うと、だいたい$60近くになれば途端にシェールの生産が増える。恐らく今は増産体制がようやく軌道に乗り始めた時期(トランプ当選後4ヵ月に成ろうとしている)。なのでおいそれと在庫は減らない。しかもOPECは原産と言ってるが、スポット原油を含んでいないところがミソ。各国は表面上はサウジに同調して原産同意したが、裏ではバンバンスポットを流してるのは常識。おまけにトランプ大統領は、石油は自給方針なんで・・・。WTI$60というのはとんでもなく厚い壁だろうな。

ダウの大引けは$20,855(▲$69)。日経平均CFDは¥19,303¥50ほど上昇。ダウはいいとして、為替が日本市場の大引け後に急激に円安バイアスがかかって¥114.76まで。自動車売り持ちの身としてはこれでもほぼ死に体だけどな(泣)
完全に仕掛け的な動きをされた。要因は多分ADP雇用統計のリーク。これをネタに短期筋は待ってました!とばかりに為替を弄ったのだろう。もちろんあんな動きをされれば、ポジションの巻き戻しを巻き込むことになるしな。しかし、この時期円安に仕掛けてくるとは、短期筋もいい根性してるぜ。

だが、¥114台というのは絶好の円買い位置になる。なので日中のディールはジリジリと円高方向じゃないか?このポイントは流石に見逃さないだろうしな。となると・・・寄り天の可能性も大いにあるので、踏まれた自動車株は我慢してみる手もありかなぁ。。。

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

ダウよ、君はようやく押すのか!?

カテゴリ:
20:33pm現在、ダウCFD▲$55・・・「10連騰・連続史上最高値更新」というとんでもない記録を作って11連騰トライの今夜、流石に、押してくれるはずだって。
ただ、押すとなると、相当深い可能性もある。というか、深くないと「嘘」だろ!?
862665
今夜、欧州市場は大幅下落してる。さて、ここからどうなる?って感じ。フランス大統領選挙で、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首の支持率が上昇中で、俄然EU離脱の影がちらつき始めた。報道ではこの国民戦線とう政党は「極右」のレッテルを貼られているわけだが、極右だったのは父親(ジャン=マリー・ルペン)が党首であった時代でな、いまは「新保守」といった政策なんだよ。党首交代で穏健路線を唱える娘と親子喧嘩の果てにオヤジは党籍はく奪されちまったんだ(笑)。

なので、今の国民戦線は、米国のトランプ大統領に近いというか、フランス・ファーストなんだよな。
そういう意味では、移民問題、難民問題で苦しんでいる国民の支持は当然の成り行きだろ。

もしも、フランスでマリーヌ・ルペンが大統領に選ばれでもしたら、その時点でEUはアウト、EUROシステムは音を立てて崩壊へと突き進むだろうし、一番煽りを食うのは真っ先に債務で苦しんでいるギリシャだな。すでにイタリアが独自に不良債権で首が回らなくなってる金融機関に対し公的資金注入を決めた時点で、ECBを中心としたEUROシステムは、半分瓦解してるしな。フランスも来たら、こりゃただごとじゃ済みそうにない。そうなってもEUROは、ドイツを中心に残るだろうが、いよいよドイツも我儘は言えなくなるだろうし・・・。結局は有名無実化しそうだけどな。
トラ
さて、それはともかく、世界中を巻き込んだトランプ相場が、いよいよ巻き戻されると俺は見るね。そうなるようなら、やはりロイターのインタビューは、アナリスト達は歯牙にもかけないだろうけど、俺は相当に大きなトリガーになると感じるよ。改めてLINKしておくので、興味があれば見てください。

トランプ大統領、インタビューでの主な発言

このインタビューはではトランプ大統領は、従来の発言に終始していて、特別なことを言ってるわけではないんだが、改めて何をどうしたいのかを総括したことで、市場はある程度結論を出しそうだな、と思ったわけだ。特に法人税率に関して「目標を15%-20%」と言ったことで、届かない場合もあり得るわけで、この部分はもう今夜織り込んでくると思う。また、国境調整税は必ず導入と明言。つまり、海外で製造しているグローバル化した企業にとっては厳しいだろうし、いま米国内で作れるものなど、大したことはない。なので、4年間の任期中に国内製造は僅かに進展するか否かの程度であって、その間消費者は多大な負担を強いられることになる。これは米国の個人消費を壊滅させかねない、とってもヤバイ法律になる公算が大だな。

というわけで当然の事ながら、ダウはある意味では「材料出尽くし」になって然り。なんだか、欧州市場のほうが先取りしているようにも見えるけどな。
そこで厳しいのは、日経平均先物ってことになる。
21:11pm現在、日経平均CFD¥19,158と大引けから▲¥125。今夜この程度なら怪我も少ないけどな。展開によっては¥19,000割れがあっても不思議じゃない。
もっともダウはここからプラ転なんてのも、あるから怖いんだが・・・。

まぁまぁ、そんなことにでもなれば、相場にならんけどな(苦笑)

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

このページのトップヘ

見出し画像
×