タグ

タグ:予算教書

トランプ予算教書はヤバイ気がする・・・

カテゴリ:
算教書の提出は明日(16日)になる模様。15日とした俺の情報は間違ってたわけで、お詫びしたい。
-1x-1
さて、これはかなり曲者の予算教書になりそうだ。というより、相場の懸念材料になることは必至だな。

米予算教書、歴史的な大規模削減を提案
      -国防・安全保障費増額で 

今回の予算教書の内容は・・・これは今回の相場には相当のインパクトになるんじゃないか?完全に偏った予算で、弱者切り捨ては必至だな。国務省の国際援助削減程度なら、米国の国内景気にさほど影響は出ないだろうけど、オバマケアの廃止で厚生省195億ドル、国務省108億ドル、労働省26億ドル、農務省73億ドルで2016年度と比較して20%超減という凄まじさ。
これで、その予算を軍備拡張に使うとか、インフラ投資をするとか、そういう話になるのかもしれないが、所得の再分配どころか、所得の集中になることは必至。これで、はたして米国の景気が持つのか?という話になって当然だ。

しかも、今回、このトランプ政策の詳細を確認することなしにFRBは利上げを行ったわけだよ。これは、ちょっと失策に近いかもしれないな。
俺は何度も書いてきてるわけだが、今回のトランプの経済政策は、経済全体からするとかなりのネガティブ効果を生むだろうと思うわけ。時期的にも、小売り(個人消費)は間違いなくピークを打ったと思うし、雇用もほぼ完全雇用状態が継続してる。これらはみな、遅行指数的な要素を多分に含んでいるから、経済の本来の状況から数カ月は遅れるんだよな。特にいままで拡大を続けてきたので、すぐには縮小することはないしな。
ところが、これが厄介で、景気が天井を打って徐々に陰りが見えていてもなかなか、そういう数字にはならないからな。気付いたときには景気を余計に冷やしてしまうんだ。それが、景気循環の一つの要因とされてるよな。

今回の米国の景気はとにかくゼロ金利ベースと通貨の供給拡大の継続下でのもので、FRBが利上げに踏み切った以上、この前提条件が変わるわけ。となると、企業はインフレ以上の成長を求められるんだが・・・そこで、保守的な政策を断行すれば、市場がタイトになってしまって企業は思うような成長ができなくなる。この点を俺は結構重視してるわけだ。

そこで事前に伝えられたトランプの予算教書の内容は、思った以上にインフレ要因がないわけよ。ない、どころかむしろ所得集中によって消費がかなり痛めつけられる可能性もある。そこに、保守的政策を導入すると、たとえば国境調整税がきたりすれば物価だけは上昇する。これは経済の正常な成長とは絶対に言えないからな。

今の、米国の株式市場の方向性は、明らかに間違ってる。きっと夏くらいまでに、景気の減速は鮮明になってくると予想。その時イエレンは今回の利上げを後悔するんじゃないか?
なので、個人的には「今回の利上げが最後」と思ってる次第。
いずれにしても、ここからの空売りは全く怖くない気がする。 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

いま、そこにある危機 2017.3.12 3月15日危機説

カテゴリ:
19f6830a981dd36b8a0f3544b215dc4c
米国では利上げがほぼ確実視されるなか、不動産やゴールドからの資金流出が起こっているという記事。逆にドルが買われやすく円安方向はトレンドだと。そうなれば資金の動きは日本株買いとなる・・・。単純に言えばそれが日本株が上昇するという根拠だな。確かに足元ではそういう動きもあるのだろう。
しかし、FRB利上げが決定的となってからすでに二週間近くになるわけだが、もしも明確にそのような資金の動きをするのであれば、日本株はこの位置ではないだろう?米国や欧州が高値を更新するなかで、日本株はようやく引け値で昨年来高値を更新した程度。PER16水準は通常では十分だが、現在の先進国株価水準と比較すると独歩安なのだから。
img_71d3195a059b6326c2aa9af8bd9de76799888
FRBの金利上昇が3回/年、4回/年と言われるのは、トランプ政権が大幅な財政出動をしてインフレ懸念があるから。なので、現時点でFRBの年内利上げの回数を予想するのはナンセンスで、すべては15日の予算教書の内容を精査しなければ、何も分からないわけだ。

トランプ政権の政策で、確定しているのは1)法人と富裕層の減税 2)国境調整税 3)大規模なインフラ投資 4)大規模な核を含めた軍備増強、であって国境調整税は唯一の増収策だよな。あとの3つは全く財政的な根拠のない支出ということになり、財源は恐らく超長期債(50年債、100年債)の発行だと思われる。となると、当然のことながら長期金利は跳ね上がり、一気に債券市場が揺らぐ。そこを見極めることなく、債券売りの株式買いへ資金は動く、として「為替は円安だ、日本株は買いだ」と判断するのは、非常に危険だと思うわけだ。

確かにリーマンショック後、米国は大規模なQE(金融緩和)によって、経済を支えてきたし、その成功を観て欧州も日本もそれに追従したわけで、世界の主要通貨はすでに3倍増という強烈な緩和状況にある。経済の原則からすれば、貨幣価値は1/3、物価は3倍になってもおかしくない水準なのだ。そして、すべての通貨が金融緩和でほぼ横並びとなった現在の状況は、単一通貨の切り下げ効果はほぼ消えうせたと言ってもいい。となると、米国も含めた世界経済が現状を維持するためには、各国の国民所得は3倍になる必要があるわけだ。ところが、所得水準の改善はごく僅かにとどまり、消費に反映されているとは言い難い。
10
(米国債10年もの金利日足チャート)

ここで本質的な部分、つまりは「消費は人口増加に依存する」という部分を無視できない点だ。移民の大幅な受け入れで疲弊しているはずのEU経済の改善がかなり鮮明になってきている。そして、米国経済をこれまで支えてきたのは、年間300万人の人口流入だ。つまり現状の経済(消費)は、所得水準が伸びないから人口増で嵩上げするしか手段がない。しかし、トランプ政権はこの人口増を否定している。

となると、各国のQEによって増加した膨大な過剰流動性は、ほとんどすべては債券化されていると考えるべき。国債、社債、ファイナンス、そしてデリバティブ。その額は天文学的だろう。ほんのわずかな資金の動きで、株式市場は簡単に押し上げられる。それを活字にすれば「グレートローテーション」となるのだからお笑いだ。

「3月15日危機説」というのは、株価暴落、という意味ではなく実際には「債券からの資金流出」を表していると思う。今の世界経済は、未曾有の低金利によってかろうじて維持されている。そのバランスは極めて微妙なのだ。なぜなら、リーマンショック時と比較してもはるかに過剰流動性が膨大になっているからである。ほんのわずかなバランスの崩れが、大きな影響となって現れる状況だ。

もちろん3月15日危機説の可能性は5%程度だと思う。しかし、不動産や金、国債、ジャンク債、ローン債券から資金流出が始まれば、連鎖反応を起こす可能性を否定できない。だからこそ、FRBは年明けからかなり焦り始めてるということだ。もしも、トランプ政策によって金利上昇が止まらないという事態になれば、一旦は円安ドル高になるだろうが・・・その時は株式の為替連動性も何もすっ飛ぶ話だろう。

もしも、リスク管理という視点を持ち続けるのであれば、現在の株価水準は通貨価値の下落による現象と見るべきで、次に来るのは間違いなく物価上昇(インフレ)だ。だが、その時企業収益はどうなるのか・・・。そして債券はどうなるのか・・・。常に観察しておくべきだと個人的には思います。

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

27日(月)前場引け

カテゴリ:
(前場引け)日経平均¥19,060(▲¥223

週初から大分厳しい売られ方をした日本市場だが、やはり為替が円高だからな、如何ともしがたい展開だぜ。これで、まだ前場の段階だから何とも言えないが、日銀がETFを買ってどうなるか?なんだよな。もしも、このまま大引けまで弱い展開が続くようなら、なかなか厳しい一週間に成りそうだ。
reutersmedia
(バフェットだって確信的な投資ができるわけではない!?苦笑)

明日、トランプ大統領が議会演説をするわけだが、この時期急きょ決まった議会演説は、本来提出されてなくてはならない「一般教書」「予算教書」の代わりなんだよ。と言うことは、この議会演説はそれなりに影響力があると解釈すべきだろうな。となると、だいたいの政策が見えたことになって、いよいよダウも利食いモードに突入するだろう?


そのタイミングでフランスオランダ大統領選挙絡み、そして3月の英国EU離脱(まだ流動的だが)と、欧州は激震に見舞われるのは必至。その上、どうやら殺害されたとされる北朝鮮の金正男氏も、本人ではない!?という説がにわかに浮上しているわけで、気がつけば世界中が動乱の中にいるってわけだよ。株式相場をやってると、株が乱高下したら、今世界は容易ならざる状態だ!なんて認識できるんだが、トランプ相場がバブってる状況にかき消されてよく認識できなくなってるよな。だが、そのどれもが、株式急落のトリガーになる資格十分なんで怖いぜ。
-----------------------------------------------------------------

8306 三菱UFJ ¥740.9(▲¥17.5)
空売)¥758.4×100000(含み益¥1,750,000
金曜後場、迷いに迷った末に自問自答で、売り勝負を決めたわけだが、そういう勝負で負けなかったというのは、本当に嬉しいとことだぜ。いままで、何度となく「大勝負宣言」しては、負けたか、目論見が外されたりしてきただけに、今回は取りあえずいうことはない。
だが問題なのは、この売り玉をどうしようかってことだよな。朝寄りでは買い戻すつもりは毛頭なかったし、強気マインドを維持してるんだ。日銀がETFを買ってきて戻りもあるんだろうが、まさかここから買い上がれる投資家がいるとも思えんしな。
一番面白いのは今週このまま、玉を抱いたままにすること。薄利で利食いしても仕方ないほどの勝負なんで、それなりのリターンが欲しい。最も嫌らしいのは、明日トランプ期待で戻されることだが・・・為替がそれを阻止してくれることを期待するしかないな。

8604 野村 ¥722.6(▲13.9)
空売)¥727.1×30000(含み益¥135,000

野村も朝寄りで勝負しようか悩んだ末に・・・。いままで、野村にはさんざん煮え湯を飲まされてきたわけだし、今回はリベンジ出来る可能性が高かったんで、思い切って入った。三菱UFJも同じような価格帯なんで、13万株持ちという愚挙になっちまったよ。しかし、このレベルで分散投資もやらんで2銘柄で勝負するってのも、ほとんどアホなんだが・・・。
よく個人投資家で見かけるのは、20銘柄位分散してるパターンだが、だいたいその種類の銘柄をどうやって管理してんだ?って思うよ。俺には到底真似の出来ない芸当だ。
とにかく地合いが崩れたら主力のなかでは最大値幅が出る証券株。いつもかなり期待してんだが・・・(苦笑)

¥18,995まで突っ込んだ日経平均、そして¥111.92まで突っ込んだ為替と、ここでは流石に売り玉は買い戻せないぜ。ただ、こういう地合いになってまだ小型株物色意欲が旺盛だというのは、驚異的ですらある。

小型に関しては、今回の相場で非常に高い位置で、PER50は当たり前みたいな位置で相場になってるというのが、嫌らしいんだよ。もしかしたら今週あたりから小型株を弄ってみるのも面白いかな、なんて考えていたが、どの銘柄もちょっと高すぎる。3月になればIPOラッシュになるんで、慣れておきたいというのはあるんだが・・・。

ダウCFDとか見てると、なんか今夜も行きそうな雰囲気はあるよなぁ・・・。今夜もプラスじゃ、どうするだよ!「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らんや損、損」っていうけどなぁ、俺には阿波踊りは出来んなぁ・・・。

何はともあれ、28日のトランプ演説後のダウだって。それまでは、じっとしてるしかないだろう。
----------------------------------------------------------------------------------
口座残高(推定)¥73,810,000 累積出金¥39,720,000 
----------------------------------------------------------------------------------     

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

ダウ9連騰!バブルに沸く!?

カテゴリ:
夜のダウには流石に萎えた。一向に垂れる気配なし。垂れるどころかこの状況で続伸されるとは・・・。強いとか弱いとか、もはやそういうレベルは超越してるよな。派手に大きな陽線で、というんでもないんだが、なんと9連騰だぜ!この値位置で・・・。
まさにバブルそのものだな。
reutersmedia
(FOMC議事録から当面の利上げはない!?)

FOMC議事録で為替が急変したが、はやりFRBが利上げしたとしても、はたして円安になるかどうか・・・。昨夜の動きから「円安」方向は難しいと俺は見たけどな。気がつけば、昨夜の米国債金利は長短ともに低下した。結局FRBもトランプ大統領の政策を見てみないと、どうしたらいいのかわからんと、そういう感じなんだろうな。もはや、FRBでさえ、現状の株高に対する警戒感は喪失気味だ。

実際、3月に利上げがないのであれば、ダウが下落する要素もない。しかもトランプ政権は、あまりに複雑になった政策のおかげで予算案作成に困難を極めてる。通常2月中に議会に提出すべき予算教書3月中旬のズレ込むとした。まぁ、大幅な財源確保ナシにまともな予算案ができるとは思えんけどな。

というわけで気がつけば、なんと米国の実質金利はさらにマイナス幅が増大した。実質マイナス金利であることには気付いたが、債券金利が低下すればインフレ率を(かなり)大幅に下回るマイナス金利状態。対する日本は政策金利はマイナスであっても、物価上昇しないわけで実質金利はプラス日米金利差が為替ダイレクトに影響するなら、円安になど成りようもなし!

加えて2月ー3月の円買い需要を考慮すれば、日本株の上値は完全に抑え込まれるだろうし、そのあたりを短期筋に弄られる可能性は結構高いと思うぜ。恐らくダウ連動性は日本株の予想基準にならなくなったんじゃないか?と俺は見るけどな。なので、買い転換はできないし、本日も「売り坊継続」だぜ。

・・・・・・・

そううえば、昨夜のNASAの発表をライブで見たんだが・・・実にアホらしい内容で・・・呆れたぜ。毎度のことながら、ちょっとどうかしてるんじゃないか?というくらいの誇張。地球の同じような環境の星が見つかったって、重大発表か!?

なんだかな、例の右翼小学校への国有地払い下げ問題といい、NASAのくだらない発表といい、恐ろしく気分は低空飛行だぜ。

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

このページのトップヘ

見出し画像
×