カテゴリ

カテゴリ:GW特別シリーズ 米国・ドツボのシナリオ

米国・ドツボのシナリオ 8(最終回) GW特別編

カテゴリ:
国大統領選挙に先立つ7日、今週の日曜、フランス大統領選挙が行われるけど、ここでは”マザコン"マクロンルペンに勝利すると世論調査では出てる。が、EU残留派のマクロンが勝てばEUの枠組みは維持されることになり、マクロンが何を言おうが、加盟国の大統領の政策はすべて欧州連合の承認が必要になるわけで、そのステージでは、結局は何もできないし、変わらないんだよな。
EU離脱派の票を取り込みたくて、EU改革だとかなんとか言ってるが、そんなものは選挙の方便にすぎん。要するにフランス人ってのは、格差・階級社会が心地いいわけだし、自ら選択するよりも追従する頬うが楽だと思ってるんだ。そんなフランスをドイツ(メルケル)は笑ってるよ。こりゃまたかわいい坊やがくるわ、なんてね(苦笑)
3016368
けれども、今回のフランスの選挙はドイツにとっては非常に大きな意味があるよな。これでEUは目先万全になって英国との交渉も俄然強気で出られる。それだけじゃなくて、ドイツは米国との貿易不均衡に対しても強気になるはず・・・。何せドイツとの不均衡の原因は自動車に尽きるわけで・・・トランプにとっては頭痛の種になるね。

そして韓国で文在寅(ムン・ジェイン)が勝利するのが決定的になってきたいま、習近平もまたメルケル同様にニタニタだろうな。だがトランプも負けてはいない、というかロシアのプーチンと打ち合わせて、北朝鮮国境付近にロシア軍を進駐させて中国を牽制するとともに、黒電話に接近させてる。その結果、北朝鮮は異例の中国批判を始めたってわけだ。
p04z6b9f
だがそうなると、あの朝鮮戦争と全く同じ構図を作り出したことになって、半島情勢は大混乱に陥る可能性ができてきてるんだ。少なくとも、あの時、傀儡政府を作ったのはソ連と米国であったにも関わらず、ソ連は金日成に38度線を越境させておいて、半島をすべて捕ろうとしたわけだが、米軍が本格介入すると腰が引けた。そして今度は李承晩が北を制圧する直前で人民解放軍が50万とも100万ともいえる勢力を投入してきて38度線まで押し戻された。

なので、歴史から学ぶとすれば、人民解放軍を米国(トランプ)は軽視し過ぎているということになる。プーチンにしたって、ウクライナやシリア、アフガン、クリミアで揉め事三昧であるのに加えて、北朝鮮で事を起こすのは、まっぴら御免だろうし、もともと中国が目的の米国(トランプ)にしても、ドンパチなんぞやってられる状況ではないんだ。

だからこそ、中国が人民解放軍を侵入させたら、プーチンは傍観するだけだろうし、米国は打つ手がない。米国のドツボのシナリオとは、つまりは、中国に対し圧力をかける目的で、北朝鮮に対し軍事的パフォーマンスを行って、強引に韓国にTHAADを配備したことが、人民解放軍北部戦区が動けば、すべて裏目に出てしまうということだよ。

習近平が米国(トランプ大統領)に対し、フロリダでの屈辱を晴らそうとして人民解放軍と国内的に妥協することになれば、軍が動くことは十分に有り得ることだ。仮にそうなれば、米軍は引くに引けないパフォーマンスを行っている以上、トランプ大統領は完全に窮地に追い込まれるよ。だが、軍事的衝突を避けたとしても、韓国が親中・親北の方針をとってくると、米国の半島戦略はほぼ、意味を失ってしまう・・・。
2453553
そうなれば、そもそも、このシナリオを実行する理由となった、トランプ大統領自身の支持率の低下FBIによる大統領選挙へのロシアの介入疑惑捜査等々が改めて問題視させることになるだろうな。

日本では現在、トランプ大統領の外交手腕は高く評価されているし、同時に安倍首相の外交手腕も最高の評価だ。米国に50兆円もの投資を約束する一方、プーチン大統領とは17回もの会談を重ね、米ロの仲介役を行っているとの評価だ。確かに米ロ関係を強化することは重要なんだが、安倍首相の戦略は日米ロによる「中国の囲い込み」にあるわけで、やはり中国を少々甘く見ている気がする。


トランプ大統領は半島情勢や対中戦略について、ほとんど知らない政治家であって、また介入する動機もかなり保身の意味合いが強い。なので、国務省、国防省、CIAの戦略通りに乗っているわけだが、ここは、中東以上に難しいエリアになりかねない。
就任100日を経て、トランプ大統領は、完全にレームダック化してしまった。4日、オバマケア代替案が下院を通過したが、上院での可決の目途は立っていない。各国との貿易交渉も遅々として進まず、暫定予算にさえ、トランプ政策の予算は何一つ織り込まれなかった。

その状況で、対中政策をしくじるようなら・・・それはトランプ大統領の命取りになると同時に、日本にとっても半島情勢、対中関係は最悪の状況になる可能性が高い。

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

米国・ドツボのシナリオ 7 GW特別編

カテゴリ:
もかく、米国は北朝鮮に対し、軍事行動をとる意思は(現状では)全くないだろうな。いや、あるかもしれないが、それは北朝鮮が一方的に、攻撃を仕掛けてきたとか、核実験を強行してきたとか、とにかく想定外の行動に出た時に限定される。だが、その場合でも、黒電話を斬首するとか、そういうことはできないよ。様子を見ながらチョビチョビと限定的な作戦をすればいい方かも。なぜなら、38度線を越境されたら、米国には打つ手がまったくないからだぜ。
dhfytu778
にも拘わらず軍事オプションがあるかのごとくふるまった背景は、対中戦略であることは間違いないし、国務省によって入念に立案されたシナリオの一つだな。

そもそも、トランプ大統領の政策の中心は、貿易赤字の縮小によってGDPを押し上げるというもの。そのためには、何としても対中貿易赤字を縮小しなければ意味がない。そこでこのシナリオは、北朝鮮のミサイル実験や核実験を中国に説得させて止めさせるように仕向けるというもの。米中首脳会談で、中国に対する関税や米国内にある中国資産の凍結為替操作国指定等々をちらつかせ、シリア空爆、アフガン爆撃、THAAD配備、等々の軍事パフォーマンスを繰り出して習近平脅したと言ってもいい。

習近平はフロリダに呼び出され、屈辱的な脅迫を受けて帰国した。そして、なんとか北朝鮮を説得し、核実験の延期を承諾させた。だが、習近平にとっては共産党内で政治権力を掌握していると言っても人民解放軍まではコントロールできる状況ではなく、北朝鮮との繋がりの深い人民解放軍北部線区を飛び越しで説得するなど、できるはずがない。共産党で最も強いのは、政治ではなくて軍だからな。それは、トランプ政権も十分承知の上で、無理難題を要求したわけだ。つまり、習近平が北朝鮮のミサイル実験や核開発を止められるとは思っていないわけで、できなければ対中制裁を発動し、貿易赤字を削減する大義名分が手に入るという、非常に手の込んだシナリオだ。
pe
(北朝鮮軍隊)

一方習近平としては、北朝鮮にかかわるメリットは全く感じていないだろうし、できれば金正恩体制でない方がいいと思っているだろう。しかし、人民解放軍は北朝鮮利権もあって手放す気は毛頭なし。原油も供給し、ミサイルや核開発技術を供与し、部品を供給し続けるだろう。なので、北朝鮮問題はいまのところ、米国(トランプ大統領)のシナリオ通りの展開になりつつある。

だが、習近平は今回の米国での屈辱的な仕打ちに対し、必ず返しを打ってくる。フロリダで習近平がデザートのチョコレートケーキを食べている最中に、トランプは「シリア空爆」を報告し、(条件を飲めないならどうなるかわかるな)と脅した。その時習近平は15秒程度固まってワナワナしながら「もう一度言ってください」とトランプに言った・・・。これは事実らしいが、こんな屈辱的な記事が出回ってしまうという、外交ではまずあり得ない最大級の侮辱を受けたわけで、そこまでされれば必ず返してくるさ。

そこを米国(トランプ大統領)は、甘く見過ぎている。

そして韓国大統領選での親中・親北の文在寅(ムン・ジェイン)のリードも、米国にとっては計算外のファクターになった。もしも9日の大統領選挙で文在寅が勝つようなことになれば、まず最初に米国に対し、THAADの撤収を要求してくるのは明らかだ。それに対して米国は、まず韓国国内の米国の資本引上げ等経済処置で対抗してくると思われるが、そうなれば、米韓の対立が鮮明化してしまう。一旦、その流れを作り出してしまえば、米国の選択肢は極めて限定的に成らざるを得なくなるってもんだ。
(続く)

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

米国・ドツボのシナリオ 6 GW特別編

カテゴリ:
て、前置きが長くなっちまったが・・・今月9日が韓国大統領選挙の投票日。世論調査では文在寅(ムン・ジェイン)安哲秀(アン・チョルス)の一騎打ちとなってる模様だが、文在寅がリードを保っててこのままいけば・・・という状況。
kann
(文在寅(ムン・ジェイン)安哲秀(アン・チョルス))
kannkoku
基本的には罷免された朴槿恵(パク・クネ)前大統領はあれでも「親日派」なんだよな。
けれども、反日派の勢力が非常に強くて支持率維持のために、反日的な言動や行動が多かった。だが、今回の文在寅はバリバリの反日で、北朝鮮との融和政策、半島統一が悲願なんだよ。対して安哲秀は、医師でしかもIT長者で若者の支持が厚い。

ということは仮に文在寅が大統領になれば、韓国における米国の影響力は激減して下手すれば米軍撤退もあるだろうし、それこそ韓国に中国モデルを導入しかねないし、最終的には韓国は中国化するんだろうよ。なので米国はなんとか安哲秀を大統領にしたいわけなんだが・・・

現状では反日派の支持をどれだけ取り込めるかにかかってる。ということは、安哲秀がなったところで、反日は収まるわけもないんだよ。いや、少なくとも現状よりは強まるのは必然だね。

いま、韓国は北朝鮮よりもはるかに、国家崩壊の危機的状況にあることは間違いない。
まず、経済は最悪の状況にあって、個人債務は危機的状況を凌駕してる。就職はないし、中国市場から排斥を受けて製品は全く売れなくなっちまった。
韓国経済が危機的状況に陥った原因としてサムソン電子のスマホ爆発による排斥があげられるが、実際は中国企業とのダンピング合戦の結果と見る方が正しいんだ。確かに韓国GDPの20%をサムソングループが占めていてその影響力は絶大だが、大手海運の破綻劇、造船各社の破綻危機、現代自動車の販売不振による破綻危機とすべての企業業績が危険水準を超えていると言える。その結果、雇用が失われ内需は完全に冷え込んでしまった。

そして深刻なのは政治や司法の劣化だ。言うまでもなく韓国は朴槿恵大統領によるサムソン電子への便宜供与が、違法と弾劾を受け罷免されちまったが、この立件のプロセスで司法制度は国民世論に左右されるという大失態を表面化させてしまった。そもそも韓国の大統領権限があまりに強すぎる国家制度を作り過ぎてきたことが問題で、大統領が変わるたびに前大統領の汚職が追及されるのは、在任中の行為を制限する法的な根拠がないことや後任の大統領が前任の利権構造を除去しようとすることが原因だ。

その状況で極めて親北、親中の文在寅が大統領に就任することになれば、韓国の政治体制は一気に反米・反日に傾くだろうな。そうなると、国内では一気に労働運動が爆発し、企業の破綻が相次ぐ可能性が高い。さらに反米政策をとり続ければ米国の投資が引き上げられる事態もあり得る。言うまでもなく韓国の金融機関はほぼ米系資本であり、民間投資も少なくはない。

なので、トランプ大統領は、安哲秀の当選のために最大限の工作を行っているはずだ。
(まだまだ続く)

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

米国・ドツボのシナリオ 5 GW特別編

カテゴリ:
1950年に北朝鮮軍が38度線を越境して半島統一を目指して韓国に侵入したのが朝鮮戦争。この時も、酷いのは、韓国(大韓民国軍)はほぼ戦わず(と言うか弱過ぎて逃げてばかりよ)、一時は韓国の大部分を制圧されちまった。そして米軍が本格介入して今度は北朝鮮の大部分を逆に制圧したときに、中国人民解放軍が参戦してきた。1953年に38度線で停戦したものの、結局朝鮮戦争ってのは、気がつけば米中の代理戦争になっちまってた(ソ連は完全に腰が引けてたらしいぜ)。
この時、どさくさにまぎれて李承晩は、竹島を占領しやがったんだ。
20130202095912
朴 正煕)

しかしその体制も親日朴 正煕クーデターによって終焉を迎え、朴大統領の誕生した。この人はもちろん独裁者だからそれなりに問題もあるけれど、日韓基本条約による戦後賠償「漢江の軌跡」と言われる高度経済成長をもたらし、韓国の近代化を推進したと同時に、反日運動を抑え込んだことで、日韓関係は改善しつつあったが・・・。

そもそも韓国には、李承晩がやらかした反日教育のせいで、常に親日と反日が国勢を分断してる状態なわけ。それでその時々の政権のありようで、日韓関係は大きく左右される。朴 正煕大統領は軍事クーデターだから「民主化と言えば反日」という構図が出来上がってしまったんだ。

そこに、こともあろうに朝日新聞慰安婦のでっち上げ記事を掲載して、反日派を焚きつけたわけ。酷い話だが、日本でも同じような状況だったからなぁ。反戦、反核、平和憲法を言えば、民主主義だという風潮はいまでも色濃く、というよりいまだに主流だよ。その流れと朝日新聞のでっち上げ記事は、相反するものじゃなかった、という背景だよな。

だが、これが、日本にとって目前の危機につながるなんて、皮肉なもんだよな。韓国にしても、その娘の朴朴槿恵大統領が弾劾されるとは、これも皮肉なことだけどな。
CgA18YOUsAEMQOz
金日成)

一方の北朝鮮の労働党総書記は金日成で、この人は中国で中国共産党員として抗日運動をやってた、独立運動家、または革命家という触れ込み。だが、実際には大した活動はしていないと見られ、日本軍に駆逐された挙句、ソ連に越境しそこでスパイ容疑で投獄もされたんだ。だが、当時は中ソは共闘関係にあったために釈放され、その後北朝鮮での傀儡政権のトップに祭り上げられたラッキーボーイなのよ。

実は金日成の母親はキリスト教徒で、伯父はキリスト教会の牧師だとか。なんか、儒教国という割には、李承晩も金日成も、ちょっと笑えるよな。

言うまでもなくソ連はペレストロイカによって崩壊し、ロシアが生まれた国体は資本主義化しつつあるが、中国と北朝鮮の政治体制は頑なに共産主義を維持している。その意味では、金日成が元来中国共産党員ということもあり、朝鮮戦争では人民解放軍も参加しているわけで、今の北朝鮮が中国の軍部とは深い関係を維持しているのは頷ける。しかし、現在では労働党の維持というよりも、李王朝に代わって朝鮮を統治する金王朝という思想が非常に強いといわれているぜ。

そんな北朝鮮を、かつての李氏朝鮮の柵封国化のように中国が利用しようとするのも、歴史の必然なのかもしれないけどな。(続く)

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

米国・ドツボのシナリオ 4 GW特別編

カテゴリ:
国大統領選挙がいよいよ目前に迫ったが、日韓関係は朝日新聞のでっち上げた慰安婦問題のお陰で、拗れに拗れてしまったよなぁ・・・。別にいまさら仲良くしよう、みたいなそんな関係を日本人は望んでいないかもしれんが、韓国の立ち位置は、日本にとって地政学的にも極めて重要なんだよな。なので、仲良くしなくても、いまのまま西側陣営としての「韓国」として残っていてもらいたいもんだが・・・。

しかし、感情的には韓国というのは、社会の成長が経済の成長に追いついていないと思うぜ。やっぱ、国家の発展というのは、ある程度時間をかけてやらないと駄目なのかもな。なかなか、国民のレベルが日欧米の経済のレベルに追いつかないっていう側面は否定できん。俺はさ、バカにしてるとか、そういうことではなくて、どんな国家だってそれなりに時間が必要だと思ってるわけ。

たとえば、教育とかも、10年、20年じゃ話にならなくて、せめて人口の半分が入れ替わるくらいの時間(40年~50年)がどうしても必要だろ?けれど、経済発展はみんなそこまで待てないから、イケイケで行っちゃう。なんとか行っちゃって、結果として今の韓国のように驚異的な発展を遂げた経済に比して、人間はそんな速度で変われてないっての!その矛盾が噴き出してる気がするんだよな。
けれども今回ばかりは、韓国はちょっとヤバイぜ。修復不可能かもしれんな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
maxresdefault
(李承晩:大韓民国初代・第三代大統領)

日韓関係の近代の歴史をちょっと見てみると、まずは1392年ー1910年まで518年間にわたって李氏朝鮮時代があって(凄い長いな!)、1897年日清戦争で日本が勝利し、李氏朝鮮は清の柵封国(さくほうこく:従属国家)から解放になった。その後、破綻状態であった同国を日韓協約により日本が保護国にして総督府を置いたわけ。初代総督はあの伊藤博文で1909年にハルビン駅で安重根に暗殺された。
そして1910年に日韓併合で1945年の第二次大戦終戦までは、日本の統治時代(植民地ではない)だったってことだ。

で、いまの北朝鮮韓国に分断されたのは、ソ連が終戦間際に侵入し、進駐した米国と領土を分断協定を結んだため。ソ連が日本に宣戦布告したのは8月8日で終戦の1週間前。ソ連っていつもながらたまらんなぁ。それで、米国のアホ大統領トルーマンが勝手に38度線を境界にして日本統治の分割解除通告をしたというわけだ。

だからソ連進駐エリアがいまの北朝鮮で、米国進駐エリア韓国ということになるわけ。それで1948年、米国傀儡政権(大韓民国:韓国)、ソ連傀儡政権(朝鮮民主主義人民共和国:北朝鮮)を作っちまったという、お決まり?のパターンだ。

それで問題は、この時米側が立てた李承晩大統領というのが反日運動の起源ということよ。この人、李王朝の血筋とか言うけれど、独立運動家というより左翼革命家といった方がよくて、日清戦争以前からチョビチョビ独立運動をしていて、そもそもが日本が日清戦争の勝利で柵封国から解放したのに、まさにその時には投獄されてるわけ。つまり、日本が本格的に関与する前の独立運動で投獄されてるんだから反日はどう考えても便宜に過ぎないことが分かるんだって。しかも、儒教国の王朝の血筋といいつつ、投獄中にキリスト教に改宗したりしてるし・・・。意味分からん人物よ。

1904年に特赦を受けて渡米し、プリンストンで博士号を修得したのち1910年に帰国。今度は寺内正毅朝鮮総督暗殺計画に加担して投獄。1912年アメリカへ亡命。1919年中国上海で大韓民国臨時政府樹立、とほらほら、革命家なんだよな。李王朝も打倒しようとして、次に日本統治も打倒しようとした。
とにかく体制をぶった押せばいいというガンガンの左翼さ!

それで次に帰国したのが1945年10月だから、こいつはまるっきり日本の統治を知らないし経験もしていないにも関わらず、日本が敗戦国で、自らは米国が長いわけで、米国の受けはいい。そこで大統領就任と同時に持ち出したのが「反日思想」なんだよな。

とにかく徹底的に親日派を追い出すわ、反日教育を導入するわ、で「日本を悪者にすることで国体をまとめる」というまさに今の韓国の政治手法を編み出した張本人なわけ。本当にとんでもない野郎だぜ!(続く)
 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

米国・ドツボのシナリオ 3 GW特別編

カテゴリ:
のフランス大統領選挙出馬して、EUからの独立を訴えているのが国民戦線のマリーヌ・ルペンで、フランス人にとって第二次大戦以降、ようやく巡ってきた「真の独立のチャンス」と言えるんじゃないか?この人が大統領になれば、EU離脱はほぼ確実で、他国も雪崩を打って独立へと向かうだろうし。その時、初めてフランスは、自主独立の国家としての歴史を刻むことになる?ってこれは決して大袈裟じゃないよ。
7
(マリーヌ・ルペン)

もちろん、そうなればEU崩壊へ一段と近づくことになるからな、株式市場は大いに嫌気するんだろうし、現に今回の大統領選挙前だって、北の黒電話のことは無視してても、こっちは大いに気にしてたってことだろ。

下馬評ではマリーヌは第二回投票では勝てないと言われてて市場に安心感がでて、株価急騰となった。

第二回投票今月7日(日)なわけだが・・・フランス人が真っ当なら、このチャンスを逃さんだろう?パリやリヨンの街並みなんか、イスラムで溢れ返ってるし治安の悪化も我慢の限界だろ。それになにより、庶民がドイツに搾取される構造を止めないことには、格差は限界を超えちまう!それでなくても、この国は身分格差が日本人には理解できないほど激しいわけだからな。いまだに、こんな先進国があるんだよなぁ・・・。
585ed483-l
(エマニュエル・マクロンと年上女房)

ちなみに、当選が有力視されてる対立候補のエマニュエル・マクロンってのはなんと、1977年生まれで39歳。金融筋の回し者でほとんど政治的には無能。だが、この人が当選すれば、EUの現行体制は安泰で、欧州を牛耳るロスチャイルド系は従来通りやりたい放題ができる(もともとロスチャイルド系投資銀行出身だからな)し、いまドイツ系イタリア系金融機関が弱りに弱ってるんでチャンスなんだよな。
そういう、支配階級の支持を集めてるから、こんな盆暗が大統領になっちまって、「メルケル伯母さま、お背中お流ししましょう・・・」なんて三助やっちまうわけよ。フランス人ってそれでいいのかねぇ・・・(苦笑)

もっとも、マリーヌが奇跡的に当選すると、欧州株価は暴落するだろうけど、三代続けての三助大統領決定なら、市場は好感して上昇だけどな。その意味では、フランス大統領選挙狙いの買い持ちは、作戦としてはアリかもしれんな。

けど、俺は・・・18歳のガキのくせに25歳も年上のバアさんと懇ろになっちまう、マザコン野郎は勘弁だぜ!というか、これを選んだら、フランス人の程度を疑うだろうし、フランスは完全に大関陥落で二度と返り咲きはないね。あとは引退するのみだ。
そして欧州におけるドイツの覇権はより強固なものになっちまってさ、完全に制圧されちまうだろ(苦笑)

その点では、イギリス人のBREXITは、「偉大な選択」だったな。今回総選挙でメイ首相が圧勝すれば、この人はホンマもんの名首相だ!(ジャンジャン!)(まだまだ続く!)

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

米国・ドツボのシナリオ 2 GW特別編 

カテゴリ:
4月23日はフランス大統領選挙第一回投票が行われたよな。今回の選挙は、本命候補がいなくて4人が凌ぎを削る混戦だったわけだが、この面々をみても、この国がいかにバラバラか分かるってもんだ(苦笑)

だいたいフランスってのは、常に「寄らば大樹の陰」なんだって。しかも、思想的にはかなり左向きで過激なんだが、実際の行動は「自由」とかなんとかいいつつも完全に「拝金主義」だっての。世界史でフランス革命なんか勉強させられてさ、「アンシャン・レジーム(絶対君主制)」打倒を目指したブルジョワ革命とか教えられて、わけわからんが「なるほど」みたいな・・・。本質なんか教えてくれんしな、分かってる教師もいないだろうけど。
22177002173
(シャルル・ドゴール)
それで、フランスの何が変わった?と言えば、要するに「カネ」を支配する支配層が変わっただけの話。ブルボン王朝から産業革命で台頭しつつあった近代資本になって、「俺達にもカネを稼がせろ!」みたいな話だろ。

で、そのためには、何でもやっちまってそれで作り上げた支配構造ってのが、いまだに生きてるとんでもない前近代的国家がフランスなんだよな。

たとえばさ、第二次大戦ではヒトラーが攻め込んで来るとなったら、いち早くトンズラこいたのは、他でもない国防次官のシャルル・ドゴールだぜ。こいつは時のポール・レノー内閣の陸軍次官で、ヒトラーが欧州で勢力を拡大すると、はなから国防を断念し、イギリスのチャーチルと軍の統帥権を統合しようという珍妙な交渉を始めちまった。平たく言えば、「ヒトラーが来たら、軍隊をやるから戦って守ってくれ」という完全に売国交渉だろ?
churchill_wind_m02
(ウィンストン・チャーチル)

「ヒトラーは残虐でついていけないですから、軍隊あげますのでなんとか・・・」
「あのね、お前のところの軟弱な軍隊なんか使えねぇっての!」
「チャーチル卿、そんなことおっしゃらずに・・・。そのかわり私が新政権作って、生涯お尽くしいたしますから・・・」
「お前の言うことなんか、信じられっか!」

それで交渉がうまくいかず内閣が総辞職すると、ドゴールはすかさず保身に走ってイギリスに亡命。パリ陥落のときにはイギリスに亡命政府を立ち上げて、国内にいるレジスタンスを戦わせたが、自身はフランス植民地での小競り合いで戦った程度。

結局、連合軍のノルマンディー上陸作戦まで、フランス国内で血を流したのはレジスタンスで、彼らの大部分はドゴールの指令なんぞ知らなかったし、密かに支援したのは当時の暫定政権のヴィシー政権だった(実際指令してないし・・・)。

だが信じられないことに、イギリスはノルマンディー上陸作戦の直前までフランスと戦争してたんだぜ!チャーチルは、(ドゴールに乗せられちまって)フランス海軍を乗っ取ろうとしてちょっかいを出して、交戦状態になってたんだ。まったく(こいつら)信じられんよなぁ・・・。もっともヴィシー政権はヒトラー寄りとチャーチルは理解してたようだがな。もう滅茶苦茶になってて何がなんだか分からほど混乱を極めてたわけだが、ノルマンディーで連合国が勝利してパリを奪還すると、「英雄の凱旋」を演じたのは、何もしなかったドゴールだったわけだよ。そんな事情を知らない米国は流れに任せたし、チャーチルの眼中に(スターリンのソ連やルーズベルトの米国はあっても)フランスはなかったしな。
ドゴールは完全に漁夫の利だぜ!

というわけで、ドゴールは国民の前に英雄気取りで凱旋してフランスを手に入れちまった。けど、そんな野郎にしっかりした理想や思想なんかなくてな、いろいろやるんだが 上手くいかないわけよ。だが、最後にドゴールが作った政治制度(第五共和制)をフランスは現在も踏襲してる。大統領がいて首相がいて、議院内閣制でという混乱のネタがわんさかの複雑さで、国家的には纏まりに欠け、いまだに階級社会をそっくり維持するという、ほとんど前近代となりつつある国家だって。

この国はラテン気質というか、基本的に労働は大嫌いで、国体は植民地からの上がりと農産物の輸出によって維持されてる。現代において、旧植民地支配が最も色濃く残ってる先進国なんだよな。酷ぇ話だが、いまだにしょっちゅうアフリカ(アルジェとかマリあたり)では力の支配を継続するために紛争してるんだぜ。北の黒電話がイカレテルというなら、フランスなんかどうよ!?

まぁ、歴史の勉強ってことはないが、とにかく一言でいって「儲かれば何でもありのいい加減な階級国家」ってことさ。いまは、またぞろドイツの実質的な支配下にあるわけよ。メルケルのサーバントがフランス大統領と揶揄されるようになったのは、シラクはまだしも、サルコジと現大統領のオランドがドイツの言いなりだから。EUに加盟すること自体が(国家を自主統治できなくなるという点において)売国のようなもんだが、特にサルコジとオランドは最悪で、ドイツの欧州完全支配に協力した伝統的な、日和見大統領なわけよ。(続く) 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

米国・ドツボのシナリオ 1 GW特別編 

カテゴリ:
のデブッチョは、相変わらずマイペースでミサイルぶっ放して米国をおちょくってるな。なんか「ここまで舐めた真似さらしやがって!」と米軍の現場は怒り心頭かも。シリアにトマホークはぶっ放すわ、アフガンにMOABをぶち込むわ、カールビンソンは連れてくるわ、原潜は禁断の浮上をさせるわ、挙句にミニットマンまでぶっ放して見せても、デブッチョには全然効かんしな。
20170225-00068064-roupeiro-000-6-view
なんというか、あのデブッチョのキャラは、米国をコバカにするにはうってつけだし。あの、黒電話のようなヘアスタイルはどうよ!?あんなの、本人の趣味なんか?それとも、喜び組かなんかにお気に入りのオネエチャンがいてさ、そのオネエチャンが「こんなのいいわよ」なんて言ってたりな。
それにめきめきとデブッチョになったのも、ある意味キャラづくりなんだろうし。

あの辺をみてると、とてもじゃないが、気に入らない側近たちを300人もぶっ殺したなんて、想像できんけどなぁ・・・(苦笑)若い兵士なんかと一緒に撮ってる写真の笑顔なんか、とてもいいしな。あれが、素顔なのかもしれん、と思ったりもするよ。

さて、そんな正恩に対して、トランプ三文役者っぷりを如何なく発揮してるし。
まず、俺が言いたいのは、大統領になっちまったから、といって娘をホワイトハウスに顧問として呼んじまうってのはどうよ?しかも娘婿は補佐官だぜ!そんな、公私混同ってありなの?って感じ。

昭恵夫人なんか足元にも及ばんよなぁ・・・。流石、米国大統領!あんな選挙戦を勝ち抜いて大統領になるっていうくらいだから、普通じゃないのは分かるけど・・・トランプは特別だろうな。イヴァンカに「パパ、チャンスよ!」といわれてトマホークぶっ放すってのも、凄いことだ。トランプって本当は結構小心者なのかもしれんね。
170418trump-xijinping_eye-700x336
さて、そのトランプ大統領率いる米国は、北の黒電話なんか、本気で相手にしてるわけじゃないってのが、ようやく俺にも理解できた。狙いは中国なんだな。何としても、これ以上中国の拡大化を食い止めたいということだろ?米国にとっては中国は「目の上のタンコブ」のような存在になっちまったんだ。

まず、中国がこれ以上軍拡をやれば、当然世界中に中国製の安い兵器が拡散することになる。航空機も船も大砲もミサイルも。そして下手打てば核兵器だってどんどん拡散するさ。現にその拡散先の一つが北朝鮮ということだろうからな。
ある程度大国になった中国は、あからさまにミサイルや核を売って商売するわけにはいかないからな。そんなときは、どこぞの企業と同じように、子会社にやらせる。表向きは「そんな商売してません」と短信打っておいて裏では子会社がせっせとやってる、みたいなパターン。北朝鮮ってのはそういう存在だろ?

じゃ、どうしてその北朝鮮は・・・、黒電話は米国を威嚇し続けるのか?ってことになるんだが・・・。そりゃ簡単な話でな、だいたい北朝鮮の商売相手はイスラム圏で、どこも反米なんだよ。だから、米国憎しみたいなパフォーマンスをやれば、非常に商売がうまくゆくってことだよ。
「親分、北経由なら中国製のブツがばっちり入手できまっせ」
「そうなんか?それでナンボや?」
「そらもう、米国の半値でっせ!」
「数揃うんか?」
「そんなもん、欲しいだけ手にはいりまんがな!」
「もってこれるんか?」
「中国船で運びよるんでっせ!検閲なしでいけまんがな」
「よっしゃ!買うたれや!」

ってなもんで、資金的にもタイトな新興国にとっては、喉から手が出るほど欲しいわけだよ。それでなんとか内戦を制して勝ち抜けば、元はすぐにとれるしな。

さしずめ北朝鮮は、人民解放軍株式会社の子会社ってところやな。それがまず、米国にとっては気に入らん!第一それは、米国がイスラエルを使って始めたビジネスモデルやんか!そんなもん、米国の権利侵害や!と言いたくても相手は何でも真似する中国なんで・・・(苦笑)

だから、この辺りがもう我慢の限界で、さらには世界中の油田を買い漁ってからに、石油価格のコントロールもままならなくなっちまってる。だいたいOPECの影響力もだいぶ低下して、減産効果もロクに発揮できなくなってるのは、裏でガブガブと売ってるロシア中国の影響だ。なんせ、いまや世界最大の石油企業は、中国のペトロチャイナ(中国石油天然気)なんだぜ!他にも中国石油化工というのもあって、これもいまやエクソンモービルよりもデカイわけよ。

エクソン・モービル?と言えば、言わずもがな、現国務長官のレックス・ティラーソンの会社だもんな。米国の力の源泉は今も昔も石油と兵器なんだっての!(続く)

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

このページのトップヘ

見出し画像
×