カテゴリ

カテゴリ:個別銘柄

潮目が変わるなら・・・6753シャープ

カテゴリ:
hh
これで相場の潮目が変わるとすれば、次の売り目標は躊躇わず6753シャープだろうなぁ。
だが、とにかく外資の売り残が多すぎて参るんだよな。

シャープ株根拠なき熱狂に
アナリスト警鐘ーホンハイ買収から1年


とにかく貸付残高が7154万株(3/24現在)もある。しかもモルガン・スタンレー2900万株クレディ・スイス2500万株と5400万株以上が確認されてるんで・・・。
最近になって参入してきたクレディ・スイスが、そんなバカ売りをやらなければ、だいぶ解れてきたんだが・・・。これで下手すりゃまだ、踏み上げがあるかもしれん。
だが、もう一回、連続陽線になればな・・・。または、化け線期待か!?

こういう信用状況になっちまうと、外資も意地になって売ってくるんで、そう安々と獲れないのは分かってる。この1年、ここを売ったGSドイツ銀行も、尻尾を巻いて退散を余儀なくされてるし。。。材料のない銘柄なんで、売りも買いもトリガーがない。ってことは、どちらかがちょっと力を入れた方向へ株価は行くという、完全な需給相場だからなぁ・・・。

まずは、少ない枚数で傾向を掴むしかないよな。今日は大きめの陰線になってはいるが、このまま下、なんて思ったらカリカリにされそうだ。迂闊にはやれん銘柄だが・・・。
外資は買い方が諦めるのを待っている。なので、潮目が変わるなら・・・チャンスはありと思うんだが。

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

売りターゲット!?(7270富士重)

カテゴリ:
トランプ大統領「巨額貿易赤字の原因究明の大統領令」に31日に署名した。対象貿易相手国は中国、日本、ドイツ、メキシコらしく、カナダは除外されてるらしいな。
日本ドイツは言うまでもなく自動車関連の比重が最も高いわけで、益々自動車銘柄が買い辛くなってきた。

米USTR、日本の農業・自動車市場に更なる開放要求

さて今日から7270富士重は7270株式会社SUBARUと社名変更になったらしい。が、恐らく売れて売れて笑いが止まらないと言われるSUBARUもいよいよ、最大のピンチを迎えそうだ。
reutersmedia

とにかくSUBARUの北米依存度は異常だろ。
subaru

これは前期(2017年3月)の3Q決算での販売台数なんだが・・・3Q時点で78.6万台の販売を記録しているが、そのうちなんと北米販売台数54.2万台と全体の69%もの依存度になってる。もちろん、現地生産も行ってるがインディアナ州のトヨタの近くに申し訳程度のアッセンブリ工場(5万台/年産)があるのみ。大半は国内生産で輸出と言うことになる。

北米でのSUBARU人気は近年過熱する一方で、特に東部のエスタブリッシュ達や高学歴の米国人に絶大な人気を誇り、それが徐々に米国全般に浸透していったもの。理由は何と言っても自動車用エンジンとしては世界で2社のみが「水平対向(ボクサー)エンジン」を搭載しているということ。もちろんもう一社は言うまでもなくポルシェで、非常にスポーティかつ高級なイメージを呉越同舟しているわけだよな。加えて実用性からすれば、ポルシェはSUBARUの足元にも及ばず、四駆であることも雪の多い東部では絶大な人気の原因となった。

かつて(トヨタに支援を仰ぐ以前)は、SUBARUは技術開発を独自に出来ずに長い期間ポルシェに委託していた経緯がある。年産50万台規模では経営もままならず、開発費の捻出も厳しい状況にあったからだが、トヨタに支援を仰ぐようになって両者の技術交流が活発化し、技術開発で相互依存を高めることで、トヨタ並みのスピードで新車開発ができるようになって一気にブレイクしたんだよ。

だが、今回トランプ大統領が持ち出した「国境調整税」は、SUBARUを直撃することになる。仮に事前の予想通り、20%の関税適応となれば、8千ドル~1万ドル/台程度の値上げが必要と言われ、これはSUBARUにとってはまさに死活問題になりかねん。これは日本メーカーの中でも最も打撃を受けることになるわけだ。
4月18日から日米経済対話の会合がスタートするが、その段階で恐らく非関税障壁撤廃の要求とともに、国境調整税に言及される可能性が高い。そうなれば、本決算で発表される今季見通しを、この企業はどう発表するのかな。

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

9984ソフトバンクのスプリント身売り報道

カテゴリ:
9984ソフトバンクが傘下の米国3位のシェアを持つスプリントの経営権を、ドイツテレコム傘下で4位のTモバイルに経営権を譲渡したい意向、とか合併といった報道が相次ぎ、株価は急騰したわけだが・・・。
お陰さまで俺は週明けの朝一で50万以上のロスカットを食らったわけだ。
この、リーク(と見せかけた)報道によって、株価は¥271上昇し、日経平均を約¥30押し上げた。
日経平均がプラ転したのは、ソフトバンクの上昇のおかげだったのね(日経平均は¥16高)。
トランプと孫さん
さて、このタイミングで証券会社がソフトバンクのレーティング(目標株価)をなぜか引き上げてきたん日だよ。20日は三菱UFJ・MS(モルガンスタンレー)¥9,500→¥10,100、17日は大和 ¥8,910→¥9,850ってな。

だが、現在はFCC(連邦通信委員会)によるオークション入札中なので、期間中は(通信業者は)正式にコメントできないわけで、この報道は明らかにリーク情報と言える。第三者の報道ならば、問題ないというわけで、さらにドイツテレコムに対し事業の譲渡を打診する効果もあるし、市場の反応を推し量ることもできるからな。ということで、株式市場はポジティブに反応したとなるわけだ。

だが、俺の個人的な意見(以下全文)では、この事業譲渡に関してはソフトバンクの敗北宣言、つまり孫社長がぶち上げたスマホ事業での世界制覇、などという妄想が妄想で終わる瞬間とみてるし、ソフトバンク自体の経営の大きな分岐点になるような、そんな気がしてならんのよ。
だいたい、今回の発表で市場がこれほどポジティブに反応する理由、もっといえば証券会社がソフトバンクのレーティングを引き上げる理由がまったくわからんわけだ。

どう考えても、ソフトバンクのスプリント買収には、初期の買収に1.8兆円、その後の経営の(実質的な)赤字が最低でも8千億円以上はあるはず・・・。そしてソフトバンクは現時点では¥1も回収出来てないんだぜ。スプリントの財務体質は極めて脆弱で関連会社へのバイセル取引でかろうじて改善を演出したのみ。今後の投資にはまったく目途が立たず昨年の600MHz周波数帯オークションにも参加しなかった。このスプリントを立て直すには、黒字経営を続けているTモバイルUSの買収が不可欠だったわけだが、規制をクリアできず認可も下りずに断念。この時点ですでにソフトバンクはスプリントの再建を諦めたんだろうな。あとは、どうすれば高値で売れるか・・・そんな戦略だった気がする。

ドイツテレコムがスプリントの経営権を入手すれば、Tモバ&スプリントで全米第2位の通信会社となるわけだが、米国全土をネットワークするには、途方もない投資が必要なわけで、想定以上に衛星通信の拡大が遅れてしまった現状ではほとんど不可能に近い。また技術的に可能になったとしても、相当に高額な使用料を支払うことが予想され、料金は上昇する一方だからな。ほとんど、高速通信事業のうまみはなくなったわけだ。

なので、単純に赤字垂れ流し会社のスプリントを連結から切り離せば、将来的に財務は改善するという見方で株価は上昇したんだろうが・・・事はそう単純でもないんだよな。恐らくスプリントを売却するには相当に足元を見られるだろうし、TモバイルUSにとって規模以外のメリットはそれほどないのよ。日本人が海外企業を買収する時には、ふっかけられまくってもなぜが「YES」と返事しちまう。けど、ドイツはそれほど甘くないぜ。しかも、ドイツテレコムはかなりソフトバンクに対して(過去の経緯から)悪い感情を持ってるからな。叩かれるのは必至だ。

いずれにしても、経営権を譲渡できたとしてその金額にもよるが、連結対象から外れると、なぜかソフトバンクの財務は悪化するのよ。有利子負債/資産が高くなってしまう。おそらく5以上になるんじゃないか?なので、2.6兆円以上突っ込んでたとえば1兆円で譲渡出来たとしても、大幅な減損は免れないんじゃないのか?だいたいスプリントの資産評価が極めて甘いのは周知だし、バイセル取引の影響がもろに出るわけだよ。

にも関わらず、株価が上昇するというのも、違う気がするし・・・。投資家はスプリントの再建は全否定だったということなんだろうけど。考えてもみれば、世界中が金融緩和に踊ってこんな状況になったから、そして株価が今の位置にあるからかろうじて成り立っているのが、孫社長の戦略じゃないのか?

もちろんダウなんかもっと上昇するかもしれないが、$19,000以上は高値圏で$20,000以上はバブル圏だろうに。こんな時身がまえないと、地獄を見るんだって。少なくとも歴史はそう語ってるさ!
 

300本超え!調子でてきました!YOUTUBEドン引き動画集
【 WET BLANKET 】 

毎日複数本更新! 
動画厳選60本超え!サイトリニューアル完了!
【Feel So Good】

絶好調!株式投資ブログby株太郎
【株・愚痴の裏道】
禁断の本音が覗きまくり!?アクセス急増中。
 

9984ソフトバンク まさに「一寸先は闇」

カテゴリ:
9984ソフトバンク「Tモバイルにスプリントの経営権譲渡か」という記事をロイターが報道したらしい。「らしい」と言うのは、日本語版にはいまのところ一切それらしい記事は掲載されていないからだ。しかも、その記事を日経新聞のニューヨーク特派員(?)である高橋里奈さんが記事にして日本へバック、それを日経が又聞き記事にしてるんだから恐れ入る。
SP
ロイターもロイターで、「関係者の話」というよくつかわれるリーク記事の手法で報道。こういう場合はスクープではなくてソフトバンク側からのリークなんだろうが・・・。
お陰さまをもちましてADRはぶっ飛んでしまいましたぁ。

まったくなぁ・・・この株って危ないったらありゃしない!

今夜こそはダウも年貢の納め時だろう、と思っていたらなんとプラ転して引けるし、日経平均CFDもかなり戻したし・・・。売り持ちの身としてはただでさえガックリのところで、米国市場の引け間際でこんな記事を書かれちまってADRはぶっ飛びで、含み益が出てた俺の売り玉は、一転して大幅な含み損・・・。
多分月曜の寄り付きでGUされて、なんとまたしてもロスカットスタートが決定的とは・・・。
まったく株式市場ってのは一寸先は闇というが、その通りだってな。 

しかし、俺はこのてのイベントに、本当によくぶち当たる。このところ、大型主力しか手掛けてないからあまりなかったが、去年の夏頃までは小型で何回やられたか・・・。しかも9割以上がネガティブ方向・・・。決算勝負では負けまくるし・・・。

ただこの記事は、見方によってはかなり意図的なリークだと言うのがわかる。つまり米国では毎年入札によって周波数帯の使用料を決めるわけだが・・・こうしてメディアを使って「戦意喪失」を伝えることで応札金額を低く誘導しようというやつ。多分いま、入札期間中で2社の直接交渉はできないから、こうして情報リークするって絵だ。

なんというか、もしも本当にソフトバンクがスプリントを手放すとすれば、損失が出るだろうが、将来的にはソフトバンクにとっては悪い決断じゃないかも。東芝&WHの一件でソフトバンクもかなり身の危険を感じたと思うぜ。そのくらいスプリントはボロボロだからな。
要するに今後は会社経営よりも「投資ファンド」をやったほうがはるかに儲かると孫社長は思い始めてるんだろう。
国内も成長性を失って米国でも2強には到底かなわないということで諦める、という判断を簡単にやってのける経営者だからな。

裏を返せば、今のままじゃヤバイと情報を公開したようなもんだけどな(苦笑)

 

300本超え!調子でてきました!YOUTUBEドン引き動画集
【 WET BLANKET 】 

毎日複数本更新! 
動画厳選60本超え!サイトリニューアル完了!
【Feel So Good】

絶好調!株式投資ブログby株太郎
【株・愚痴の裏道】
禁断の本音が覗きまくり!?アクセス急増中。
 

9984ソフトバンクをいろいろと・・・

カテゴリ:
今頃日本で一番ヒヤヒヤしてる経営者は、恐らく9984ソフトバンク孫社長だろうな。この週末はボケっとしながらも、9984ソフトバンクをもう一度調べ直してみた。スーパーセルの売却、アリババ株の売却、そしてアームの大型買収も一応の決着を見てるからな。財務的にはまた、10兆円ファンドなんてのが本格的に始まる前の、今が一番静的だと思うんで・・・。
直近の3Q決算とか今年度の本決とかが安定した数字だと思うんだが、本決は5月になるんで、調べるなら今が良さそうだ。
AS20161207000557_comm
さて、3Qの財務報告を見てみたんだが、いつ見ても同じようなんで笑っちまったよ。常にこんな綱渡り的な財務なんだよな。あの人、これで夜とか眠れるんだから、やっぱ常人じゃないぜ。ほとんど化け物みたいな感覚を持ってるんだろうな。あの無茶苦茶やってるSBIの北尾氏でさえ付いていけなかったってのが、良くわかる気がする(苦笑)
SB1

sb2
この2ページがソフトバンクの資産状況。これによると約4兆円の資産評価をしているわけだよな。だがその資産の中に「のれん」4.2兆円FCC(連邦通信委員会)ライセンス(スプリント子会社のクリアワイヤ保有)が4.2兆円計上されている。「のれん」はもちろん将来の償却負担だし、FCCライセンスに関しては疑問視する声はないが・・・オークション形式での価格形成なので、イザと言う時にはこれだけの価値があるのか?という疑問はある。個人的には「のれん相当」のような気がするんだがな。

負債は流動負債が約6兆円、非流動負債が約14.9兆円。そのうち有利子負債約15兆円弱。3%でも4,500億円/年の利払いが生じる。普通、これだけならば、この企業は相当にヤバイ財務状況で、ほぼ金融機関での新規借り入れは出来ないだろうな。ところが、ここに孫マジックがある。投資有価証券の含み益(ほとんどアリババ株)約8兆円あるから、(実質)資産合計32兆円負債合計21兆円のまぁまぁ優良な企業と評価されてるわけだ。他のキャリア同様に米会計基準でやればいいわけだがそれをしない。

ということで、もしもアリババ株が化けていなければ・・・このアリババ株に関してはまた問題山積なわけだが、とりあえずそれは置いておくとして、もし投資の20億円が10兆円に化けていなければ、当然今のソフトバンクはなかった。そして孫マジックは次の大化けも計算にある。それが中国決済企業アリペイの上場なんだが・・・。

米国でトランプ大統領になって、対中政策が大きく変わる気配になった。いわゆる強行路線で中国と仲良くしてきた民主党(特にヒラリー・クリントン)とは路線が変わりそうで、ビビリまくってトランプに会いに行ったってのが本当のところだろうな。孫社長にしても米国大統領はヒラリーで決まりと思っていただろうから。そりゃビビる!なぜなら、アリババが米国上場ができたのは民主党政権だったから。そもそもアリババは実態は中国国営企業のようなもので、米国上場してるのは持ち株会社なんだ。本来これを認めると、中国企業の上場はフリーパスになっちまう。現に米国市場では中国企業の上場ラッシュになったしな。それを問題視する見方が昨年から急速に浮上していた最中だからだ。中国国内での営業実態が確かなものなのか・・・これが問題なわけだよな。

またスプリントの財務にも大いに疑問が残っている。そう、負債の飛ばしの問題で、急激に財務改善を果たせた裏には債務飛ばしがあったと米国で指摘されているからな。本来買収したかったTモバイルに追い上げられてスプリントは苦戦してる。というよりかなりピンチに陥っているよ。そこに、日本でもいよいよ本格的にSIMフリーの流れになりそうなので、キャリア3社の国内通信収益は大幅に低下するだろう。

というわけで、9984ソフトバンクの財務状況は、なかなかの綱渡りだよ。まず、資産24.8兆円のなかには、のれんとFCCライセンスが約8.4兆円計上だからな。仮に差し引けば16.6兆円になって、20.8兆円の負債を割り込む。まぁ、FCCライセンスの評価をどう見るかにもよるわけだが・・・。だからアリババ株の変動はソフトバンクの財務にたいする評価を激変させるわけだよな。キャッシュが2.4兆あるので、3年分の利払いは出来ると(約7000億円/年程度らしい)。
またスプリントがおかしくなるとそれもかなりヤバイ。この会社ジャンク債の発行で利払いが非常に厳しいからな。このあたりがおかしくなると、1兆円くらいは飛ぶらしいからな。

次の売りターゲットとして9984ソフトバンクを考えてるんだが・・・タイミングはまだ先かもな。ただし、このあたりのことを頭にいれておく必要がありそうだ。
(上記は個人的な推測であり、風説の流布が目的ではありません。)

 

300本超え!調子でてきました!YOUTUBEドン引き動画集
【 WET BLANKET 】 

毎日複数本更新! 
動画厳選60本超え!サイトリニューアル完了!
【Feel So Good】

絶好調!株式投資ブログby株太郎
【株・愚痴の裏道】
禁断の本音が覗きまくり!?アクセス急増中。
 

7974任天堂は来週も荒れる!?

カテゴリ:
来週も引き続き7974任天堂は厳しい展開になるんじゃないか?
reutersmedia
任天堂「スイッチ」によぎる不安、
発売2週間後が鍵


ロイターの記事なんだが、あまり芳しい評価ではないな。他の記事でも目に付いたのが、¥29,980という価格が高いというもの。だが、実際にはゲーム機戦略そのものの問題なんだろうな。発売と同時にソフトが少ないというのもあった。これも、面白いソフトがあれば問題ないはず・・・。

いまやスマホゲームに主役は獲って代わられた。それを実証してしまったのが、POKEMON GOだったはず・・・。その後にスーパーマリオランというスマホゲームを出したが、定額料金があまり受け入れられていないようだ。
どうも任天堂は、ビジネスモデルの主軸をゲーム機に置くという立ち位置を変えたくないみたいね。いままでそうやってやってきてる企業だし、ファミコンをリバイバルすればそこそこ売れてしまうし。スマホゲーム出してもソフトの買い取りのような戦略を捨てきれないし。だけど、家庭に任天堂のゲーム機が複数あって、プレステもあって、なんて状況だよな。その上、子供は年々成長するし、成長すればゲーム以外にやることも増えるだろう?
そういう状況下で、「また新しいゲーム機だしましたよ。ソフトも出ますから、お買い求めください」言われて「はいそうですか。では・・・」というユーザーがどれだけいるか?という問題のような気がするんだよな。

どうも任天堂の時代は終わった気がするし、それはソニーだって同じじゃないかと。こういう飽和市場でものを売るというのは、本当に難しいんだよな。その辺をもう少し考えないと・・・コケる気がするよ。

というわけで、来週も荒っぽい値動きになりそうな気配だ。PTSではリバウンドを期待しているみたいだが、この銘柄を手掛けるにはそれ相応の覚悟が、大口投資家にだって必要だろ?今回のゲーム機発売によって、各社がレーティングを弄ってくるだろう。それまでは、なかなか定位置に収まりそうじゃない気がするし・・・。
評価も分かれるだろうから、来週もひと波乱ありそうな予感がヒシヒシだな。

200本超え!調子でてきました!YOUTUBEドン引き動画集
【 WET BLANKET 】 
相場のストレスはこれで発散!
毎日複数本更新! 
動画厳選50本超え!YOUTUBE元気が出る動画集
【Feel So Good】
こちらのほうがストレス発散出来るかな!?^^)
絶好調!株式投資ブログby株太郎
【株・愚痴の裏道】
禁断の本音が覗きまくり!?アクセス急増中。
 

また東芝ネタでスタート

カテゴリ:
今日は勉強不足もあって、「いま。そこにある危機」はお休みです。
危機なんかは、いくらでもあるけれど、マーケットの許容量が大きいからまずは、大きな展開にはならないだろうし、新春早々変に煽るのも嫌なので。
00
と、そうはいっても、3日の今日はまたぞろ6502東芝ネタでスタートしてるし。

東芝、400億円粉飾の疑い 監視委、検察に調査報告へ

先ほど出た朝日新聞の記事だが、内容は一昨年の「不適切会計」に関するもの。改めて証券取引等監視委員会が、検察に対し調査結果を報告するという。監視委は「粉飾」と認定したわけだが、事案が過去のものなので、相場には影響はないだろうけど。

しかし、いまはそんなことが問題になっているのではなく、今回の子会社買収に関する買収相手企業の資産査定が適切に行われたか、否かなんだよな。100億円ののれん査定が数千億円に膨らむ可能性がありますという発表を、額面通りに受け取るバカはいないくて、そこには当然「なんらかの理由」が存在しているはずだぜ。
今は、そこを徹底的に調査しなければならない段階のはず。この買収の成立当時の東芝の監査法人は新日本だった。それが、昨年からPwCあらた監査法人に変更された。その結果新監査法人は前監査法人の監査資料を受け継ぐことになったわけで、仮に今回の買収査定に疑義があったとしても、それを精査することは、ほとんどなかったのではないか?

なので、現実にはこのドン引きするような発表を、周囲はただただ受け取るしかないんだよ。どうせ現行監査法人も「過去の事情はわからない」となるだろうしな。

この東芝の闇は相当に深いよな。しかも今回の買収に際しては、現状お互いが認識している以上の債務が生じた場合には、免責するという瑕疵担保協約がついていた・・・。米国での営業活動の実態は日本国内ではなかなか調査することは出来ないんだろうが、少なくともそういう極めて異常な買収契約が締結され、精査されないまま実行に移されたこと、そして1年後に膨大な特損が報じられたことに関して、俺は関連性がないとは到底思えないわけだよ。

urlなので、今回の事案に関して言うと、俺の推測では・・・
おそらく、相手企業に対して負債の飛ばしがあったとみてるんだよ。もちろん、ウエスティング・ハウス絡みの損失が、業績回復を演出するために飛ばされたんじゃないか、という推測だ。
この飛ばしに関して言えば、9984ソフトバンクもかなり怪しいだろうと推測してる。いや、俺が思うには、まず間違いなくスプリントでやってるだろうな。

日本企業が海外企業を買収するというのは、相当に注意しないとヤバイ。いま、世界では日本企業はカモだからな。日本企業といえば莫大な内部留保を抱えてる、というのは海外コンサルの常識だから、そこを徹底的に突かれるわけだよ。彼らにとって日本の経営者なんぞ、ちょろいもんだ。

とにかく、東芝の場合は、現在債務超過になるか否かの瀬戸際に立ってる。債務超過が認定されれば、監理銘柄となって上場廃止の運命だ。なので、あの手この手で債務超過だけは避けねばならないというのが、現経営陣の最優先課題なんだろうな。
(この記述は、あくまでも個人的な推測に基づく見解であって、風説の流布、誹謗中傷を目的としたものではないこと、投資に関する助言ではないことを断っておきます。)
---------------------------------------------------------------
そういう意味でも、今年は企業の不祥事が結構出てくるだろうと俺は思ってるよ。まず、現状の経済環境で、円安に振れたくらいで早々利益が出るもんじゃない、というのはあるし、逆に内需企業は一気に逆境に立たされてる。国内の市場が人口減によって年々縮小しているのが明らかな現状で、業績がどんどん伸びる、などということが有り得るはずもなく、現実にはシェアの食い合いになってるってことだ。

だから、競争に負ける企業も出るだろうし、勝っても体力は消耗して利益がついてこないだろうな。だから、株式投資とはいえ、安易な買い持ちはリスクがかなり高いと俺は思ってるわけだよ。また、米国市場頼りという輸出企業も、かなり危ないだろう。トランプは選挙公約で国内製造業に関して復活を宣言してるが、方向的には就任当時のオバマとまるで同じだ。だが、オバマは結局のところ、ドル安政策に失敗してうやむやにしてしまった。トランプが勝利した原因の一旦は、米国内の製造業の衰退と、期待はずれな公約にあったわけだ。なので、恐らくだがトランプは、保護貿易政策をかなり徹底して行う可能性が高い。

だから表面上は好調そうに見えても、実態はかなり苦戦してる輸出企業が多くなるだろうしな。しかも為替に関してい言えば、企業もアホじゃないんでとっくにヘッジしているはず。投機的に動く為替に、企業業績を託す経営者なんぞ、もういないだろうしな。

2017年相場はいよいよ明日から。だが、今年の相場、巷間言われてるほど楽観出来るもんじゃないと思うぜ。

 

12/2 新ブログ開始!YOUTUBEドン引き動画集
【 WET BLANKET 】 
相場のストレスはこれで発散!
毎日複数本更新!よろしくぅ! 
12/22 新ブログ開始!YOUTUBE元気が出る動画集
【Feel So Good】
大人の癒しを研究中!(笑)
絶好調!株式投資ブログby株太郎
【株・愚痴の裏道】
禁断の本音がの覗きまくり!?
 

2432DENAは水準訂正へ

カテゴリ:
2432 DENAの炎上が止まらなくなった。一部IT系ジャーナリストが子会社の医療情報サイト「WELQ」に掲載の医療情報が極めて瑣末であると指摘し問題化した。それを受けてキュレーション事業の9つのサイトの全記事を非公開化すると発表、同時に守安社長は報酬の30%を6ヶ月間減額すると発表した。

 代表取締役兼CEO 守安功からの一連の事態に対するお詫びとご説明

この問題は極めて根が深いよ。インターネット上で情報を収集しまとめるサイトは数多く存在するが、そこに掲載されている情報は極めて無責任かつ低品質も物ばかり。嘘、デタラメも極まったような、そんな感じになる。そして、最悪なのは、ネット上の記事の多くは、コピペによって作られるという背景があること。これは、徹底的に問題だよ。
key-01-y

それらをDENAのブランドで提供してしまうキュレーション事業というのは、言い換えると、どうでもいいような低品質な記事に対してDENAという企業ブランドを用いることで信憑性を与えてしまう事業ってことだ。もちろん、それらを読んだ人はある程度信用するだろう。明らかにいい加減な内容だとしても、DENAブランドがいくらでも補強してしまう・・・。だが、やってることは、誤った情報を真実のように見せかけてネット上で垂れ流すという、いわば「風説の流布」であって極めて悪質な行為だろう。

いま、ネット時代になって、テキスト、文章の価値が極めて粗末に扱われている。記事を書くと言う作業はそんなに簡単なものじゃないよ。しかもオリジナルな記事を書くためには、かなりの調査が必要になる。単純に「文字情報」と言ってしまえば、それまでだが、これは大変なことなのだと思うよ。

実際、ネットではライターの人数が絶対的に不足しているし、ライティングにはコストをかけたくないという風潮もある。なので、たとえば3900クラウドワークスのような企業が、ネットを使って在宅でライティングを行ってコピペ文章を量産してしまう・・・。腰が抜けるほど安い報酬で書かせるわけで、当然制作側はコピペするだろうし、そうしたところで自給¥50にもならないような報酬しか受け取れないわけだ。

こういう事業が、もはや当たり前になった現在のネット社会で、まともなキュレーション事業が出来るはずもないし、ましてSEO技術を使って検索上位にして爆発的に読者(アクセスユーザー)を増やし、インチキ情報を配布して利益を上げると言うとんでもないビジネスを2432DENAはやらかしていた、ということになる。

これで以前から書いているように2432DENAの株価は適正水準に訂正されるだろうな。いくらなんでも
PER41.7はないだろっ!
もちろん明日からガッツリと参戦だな。

12/2 新ブログ開始!YOUTUBEドン引き動画集
【 WET BLANKET 】 
相場のストレスはこれで発散!
毎日複数本更新!よろしくぅ! 

絶好調!株式投資ブログby株太郎
【株・愚痴の裏道】
禁断の本音がの覗きまくり!?
 

6758ソニーの下方修正

カテゴリ:
電池事業を村田製作所に譲渡することを決めたソニーだが、明日の決算を前に減損+税金費用で375億円の損失計上を行うと発表してきた。
url
電池事業の譲渡に伴う損失計上、および2016年度連結業績見通しの修正のお知らせ

要するにソニーが言いたいことは、375億の減損にも関わらず、営業利益は▲300億円純利益は▲200億円だから、他の事業は好調ですよ、ということか?
だが、これでますますソニーに残る事業で有望なのは、画像センサー事業だけになったな。もちろん、ゲーム機もある金融もある、だが・・・ソニーはノビシロのない企業になってしまった観が強い。もうスマホはダメだろうし、オーディオも難しい。となるとスマホやら自動車に使ってもらえる半導体事業(デバイス事業)しかない。

ダメな事業を次々に切り離してゆくというのは、株主にとっては一見経営の常道のように感じられるし、赤字がとまるのはいいことだろうけど、ソニーという企業にとっては事業の選択というのは手放しでは喜べない事態だろうよ。たとえば電池事業は、もうこれはソニーに技術が無い(技術者が育ってない)ことの証でもあるし、今後も育たないだろうという見切りでもある。
もはや、ソニーには技術を期待しないほうがいいだろうし、今年回復出来ないようなら来年以降はさらに厳しいさ。

そういう意味で、通期予想をこの水準に置いたのは、俺は非常に甘いと感じるよ。

同じような6752パナソニックも通期の下方修正を発表した。

「連結通期業績予想の修正」に関するお知らせ

V字回復なんてな・・・そんなに甘くないよな。

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
チャートの不思議!(ここは勝負と見たんだが・・・)29日記事
株・短期の花道(新作)
明日はS高かもしれない241525日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【10月29日版
調整、だがリスクがクローズアップされるかも
いま、そこにある危機【10月30日版
市場リスクが明確に


 

阿鼻叫喚銘柄

カテゴリ:
おいおいっ!ダウは何かあったか?怒涛の上昇であっという間にプラ転してなお、値をぶっ飛ばしてる。原油価格もぶっ飛んでるところを見ると、それ関係の在庫でも減少したか?
それだけで、このぶっ飛びようはないだろうけど・・・。
これで明日はヤラレっぽくなってきたな(泣)

それはそうと7974任天堂、3688VOYAGE・・・
今日の決算発表で絶望的だった銘柄だ。
OJ-AE153_DENA_GR_20151222230414
7974 任天堂 ¥24,520(▲¥165)→ PTS株価 ¥23,495
まず7974 任天堂は、はっきり言ってもうダメと言うしかないボロボロな内容だった。これでもしもポケモンGOの特別利益120億円とシアトルマリナーズの譲渡益627億円が無ければ、大赤字決算だ。
そして会社側の説明を見る限り、来季も業績が回復するとは思えない。
ビジネスの視点は常に従来の延長線上で、まずハードありき、そこにソフトをばら撒くみたいなそんな範疇を出られない。スマホゲームはほとんど寄与しないだろう。
これで、変な期待を抱いた投資家の夢はガラガラと崩れるに違いない。明日はS安も視野に入れたほうがよさそう。もちろん、寄り付き何処ろによっては参戦だ。


3688VOYAGE ¥1,097(¥3高)→ PTS株価 ¥983
次に3688 VOYAGE。「もっとも働きがいのある会社」に選ばれた将来有望なIT企業が、とうとう鳴かず飛ばず。しかも毎回のように業績予定見達を繰り返し、そして遂に今回は来期予想をボロボロにしてきた。この会社、一体何が悪いのだろう?それさえもサッパリと分からなくなってきた感じがする。
もうどこまで売られるのか見当もつかない。


両社ともPTSで激しく売られているがあの決算の内容からすれば、S安になってもおかしくはないな。なんというか、直近相場を作っていただけに、崩れるとなると大崩壊だろうな。
本当に恐ろしい決算相場。
俺の最も苦手な季節がやってきた!

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
着々と仕込む、そして後は忘れる25日記事
株・短期の花道(新作)
明日はS高かもしれない241525日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!
【10月22日版】レンジ相場を突破!
いま、そこにある危機【10月23日版】
トランプが勝利というサプライズ


 

このページのトップヘ

見出し画像
×