カテゴリ

カテゴリ:個別銘柄

7974任天堂は来週も荒れる!?

カテゴリ:
来週も引き続き7974任天堂は厳しい展開になるんじゃないか?
reutersmedia
任天堂「スイッチ」によぎる不安、
発売2週間後が鍵


ロイターの記事なんだが、あまり芳しい評価ではないな。他の記事でも目に付いたのが、¥29,980という価格が高いというもの。だが、実際にはゲーム機戦略そのものの問題なんだろうな。発売と同時にソフトが少ないというのもあった。これも、面白いソフトがあれば問題ないはず・・・。

いまやスマホゲームに主役は獲って代わられた。それを実証してしまったのが、POKEMON GOだったはず・・・。その後にスーパーマリオランというスマホゲームを出したが、定額料金があまり受け入れられていないようだ。
どうも任天堂は、ビジネスモデルの主軸をゲーム機に置くという立ち位置を変えたくないみたいね。いままでそうやってやってきてる企業だし、ファミコンをリバイバルすればそこそこ売れてしまうし。スマホゲーム出してもソフトの買い取りのような戦略を捨てきれないし。だけど、家庭に任天堂のゲーム機が複数あって、プレステもあって、なんて状況だよな。その上、子供は年々成長するし、成長すればゲーム以外にやることも増えるだろう?
そういう状況下で、「また新しいゲーム機だしましたよ。ソフトも出ますから、お買い求めください」言われて「はいそうですか。では・・・」というユーザーがどれだけいるか?という問題のような気がするんだよな。

どうも任天堂の時代は終わった気がするし、それはソニーだって同じじゃないかと。こういう飽和市場でものを売るというのは、本当に難しいんだよな。その辺をもう少し考えないと・・・コケる気がするよ。

というわけで、来週も荒っぽい値動きになりそうな気配だ。PTSではリバウンドを期待しているみたいだが、この銘柄を手掛けるにはそれ相応の覚悟が、大口投資家にだって必要だろ?今回のゲーム機発売によって、各社がレーティングを弄ってくるだろう。それまでは、なかなか定位置に収まりそうじゃない気がするし・・・。
評価も分かれるだろうから、来週もひと波乱ありそうな予感がヒシヒシだな。

200本超え!調子でてきました!YOUTUBEドン引き動画集
【 WET BLANKET 】 
相場のストレスはこれで発散!
毎日複数本更新! 
動画厳選50本超え!YOUTUBE元気が出る動画集
【Feel So Good】
こちらのほうがストレス発散出来るかな!?^^)
絶好調!株式投資ブログby株太郎
【株・愚痴の裏道】
禁断の本音が覗きまくり!?アクセス急増中。
 

また東芝ネタでスタート

カテゴリ:
今日は勉強不足もあって、「いま。そこにある危機」はお休みです。
危機なんかは、いくらでもあるけれど、マーケットの許容量が大きいからまずは、大きな展開にはならないだろうし、新春早々変に煽るのも嫌なので。
00
と、そうはいっても、3日の今日はまたぞろ6502東芝ネタでスタートしてるし。

東芝、400億円粉飾の疑い 監視委、検察に調査報告へ

先ほど出た朝日新聞の記事だが、内容は一昨年の「不適切会計」に関するもの。改めて証券取引等監視委員会が、検察に対し調査結果を報告するという。監視委は「粉飾」と認定したわけだが、事案が過去のものなので、相場には影響はないだろうけど。

しかし、いまはそんなことが問題になっているのではなく、今回の子会社買収に関する買収相手企業の資産査定が適切に行われたか、否かなんだよな。100億円ののれん査定が数千億円に膨らむ可能性がありますという発表を、額面通りに受け取るバカはいないくて、そこには当然「なんらかの理由」が存在しているはずだぜ。
今は、そこを徹底的に調査しなければならない段階のはず。この買収の成立当時の東芝の監査法人は新日本だった。それが、昨年からPwCあらた監査法人に変更された。その結果新監査法人は前監査法人の監査資料を受け継ぐことになったわけで、仮に今回の買収査定に疑義があったとしても、それを精査することは、ほとんどなかったのではないか?

なので、現実にはこのドン引きするような発表を、周囲はただただ受け取るしかないんだよ。どうせ現行監査法人も「過去の事情はわからない」となるだろうしな。

この東芝の闇は相当に深いよな。しかも今回の買収に際しては、現状お互いが認識している以上の債務が生じた場合には、免責するという瑕疵担保協約がついていた・・・。米国での営業活動の実態は日本国内ではなかなか調査することは出来ないんだろうが、少なくともそういう極めて異常な買収契約が締結され、精査されないまま実行に移されたこと、そして1年後に膨大な特損が報じられたことに関して、俺は関連性がないとは到底思えないわけだよ。

urlなので、今回の事案に関して言うと、俺の推測では・・・
おそらく、相手企業に対して負債の飛ばしがあったとみてるんだよ。もちろん、ウエスティング・ハウス絡みの損失が、業績回復を演出するために飛ばされたんじゃないか、という推測だ。
この飛ばしに関して言えば、9984ソフトバンクもかなり怪しいだろうと推測してる。いや、俺が思うには、まず間違いなくスプリントでやってるだろうな。

日本企業が海外企業を買収するというのは、相当に注意しないとヤバイ。いま、世界では日本企業はカモだからな。日本企業といえば莫大な内部留保を抱えてる、というのは海外コンサルの常識だから、そこを徹底的に突かれるわけだよ。彼らにとって日本の経営者なんぞ、ちょろいもんだ。

とにかく、東芝の場合は、現在債務超過になるか否かの瀬戸際に立ってる。債務超過が認定されれば、監理銘柄となって上場廃止の運命だ。なので、あの手この手で債務超過だけは避けねばならないというのが、現経営陣の最優先課題なんだろうな。
(この記述は、あくまでも個人的な推測に基づく見解であって、風説の流布、誹謗中傷を目的としたものではないこと、投資に関する助言ではないことを断っておきます。)
---------------------------------------------------------------
そういう意味でも、今年は企業の不祥事が結構出てくるだろうと俺は思ってるよ。まず、現状の経済環境で、円安に振れたくらいで早々利益が出るもんじゃない、というのはあるし、逆に内需企業は一気に逆境に立たされてる。国内の市場が人口減によって年々縮小しているのが明らかな現状で、業績がどんどん伸びる、などということが有り得るはずもなく、現実にはシェアの食い合いになってるってことだ。

だから、競争に負ける企業も出るだろうし、勝っても体力は消耗して利益がついてこないだろうな。だから、株式投資とはいえ、安易な買い持ちはリスクがかなり高いと俺は思ってるわけだよ。また、米国市場頼りという輸出企業も、かなり危ないだろう。トランプは選挙公約で国内製造業に関して復活を宣言してるが、方向的には就任当時のオバマとまるで同じだ。だが、オバマは結局のところ、ドル安政策に失敗してうやむやにしてしまった。トランプが勝利した原因の一旦は、米国内の製造業の衰退と、期待はずれな公約にあったわけだ。なので、恐らくだがトランプは、保護貿易政策をかなり徹底して行う可能性が高い。

だから表面上は好調そうに見えても、実態はかなり苦戦してる輸出企業が多くなるだろうしな。しかも為替に関してい言えば、企業もアホじゃないんでとっくにヘッジしているはず。投機的に動く為替に、企業業績を託す経営者なんぞ、もういないだろうしな。

2017年相場はいよいよ明日から。だが、今年の相場、巷間言われてるほど楽観出来るもんじゃないと思うぜ。

 

12/2 新ブログ開始!YOUTUBEドン引き動画集
【 WET BLANKET 】 
相場のストレスはこれで発散!
毎日複数本更新!よろしくぅ! 
12/22 新ブログ開始!YOUTUBE元気が出る動画集
【Feel So Good】
大人の癒しを研究中!(笑)
絶好調!株式投資ブログby株太郎
【株・愚痴の裏道】
禁断の本音がの覗きまくり!?
 

6758ソニーの下方修正

カテゴリ:
電池事業を村田製作所に譲渡することを決めたソニーだが、明日の決算を前に減損+税金費用で375億円の損失計上を行うと発表してきた。
url
電池事業の譲渡に伴う損失計上、および2016年度連結業績見通しの修正のお知らせ

要するにソニーが言いたいことは、375億の減損にも関わらず、営業利益は▲300億円純利益は▲200億円だから、他の事業は好調ですよ、ということか?
だが、これでますますソニーに残る事業で有望なのは、画像センサー事業だけになったな。もちろん、ゲーム機もある金融もある、だが・・・ソニーはノビシロのない企業になってしまった観が強い。もうスマホはダメだろうし、オーディオも難しい。となるとスマホやら自動車に使ってもらえる半導体事業(デバイス事業)しかない。

ダメな事業を次々に切り離してゆくというのは、株主にとっては一見経営の常道のように感じられるし、赤字がとまるのはいいことだろうけど、ソニーという企業にとっては事業の選択というのは手放しでは喜べない事態だろうよ。たとえば電池事業は、もうこれはソニーに技術が無い(技術者が育ってない)ことの証でもあるし、今後も育たないだろうという見切りでもある。
もはや、ソニーには技術を期待しないほうがいいだろうし、今年回復出来ないようなら来年以降はさらに厳しいさ。

そういう意味で、通期予想をこの水準に置いたのは、俺は非常に甘いと感じるよ。

同じような6752パナソニックも通期の下方修正を発表した。

「連結通期業績予想の修正」に関するお知らせ

V字回復なんてな・・・そんなに甘くないよな。

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
チャートの不思議!(ここは勝負と見たんだが・・・)29日記事
株・短期の花道(新作)
明日はS高かもしれない241525日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【10月29日版
調整、だがリスクがクローズアップされるかも
いま、そこにある危機【10月30日版
市場リスクが明確に


 

阿鼻叫喚銘柄

カテゴリ:
おいおいっ!ダウは何かあったか?怒涛の上昇であっという間にプラ転してなお、値をぶっ飛ばしてる。原油価格もぶっ飛んでるところを見ると、それ関係の在庫でも減少したか?
それだけで、このぶっ飛びようはないだろうけど・・・。
これで明日はヤラレっぽくなってきたな(泣)

それはそうと7974任天堂、3688VOYAGE・・・
今日の決算発表で絶望的だった銘柄だ。
OJ-AE153_DENA_GR_20151222230414
7974 任天堂 ¥24,520(▲¥165)→ PTS株価 ¥23,495
まず7974 任天堂は、はっきり言ってもうダメと言うしかないボロボロな内容だった。これでもしもポケモンGOの特別利益120億円とシアトルマリナーズの譲渡益627億円が無ければ、大赤字決算だ。
そして会社側の説明を見る限り、来季も業績が回復するとは思えない。
ビジネスの視点は常に従来の延長線上で、まずハードありき、そこにソフトをばら撒くみたいなそんな範疇を出られない。スマホゲームはほとんど寄与しないだろう。
これで、変な期待を抱いた投資家の夢はガラガラと崩れるに違いない。明日はS安も視野に入れたほうがよさそう。もちろん、寄り付き何処ろによっては参戦だ。


3688VOYAGE ¥1,097(¥3高)→ PTS株価 ¥983
次に3688 VOYAGE。「もっとも働きがいのある会社」に選ばれた将来有望なIT企業が、とうとう鳴かず飛ばず。しかも毎回のように業績予定見達を繰り返し、そして遂に今回は来期予想をボロボロにしてきた。この会社、一体何が悪いのだろう?それさえもサッパリと分からなくなってきた感じがする。
もうどこまで売られるのか見当もつかない。


両社ともPTSで激しく売られているがあの決算の内容からすれば、S安になってもおかしくはないな。なんというか、直近相場を作っていただけに、崩れるとなると大崩壊だろうな。
本当に恐ろしい決算相場。
俺の最も苦手な季節がやってきた!

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
着々と仕込む、そして後は忘れる25日記事
株・短期の花道(新作)
明日はS高かもしれない241525日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!
【10月22日版】レンジ相場を突破!
いま、そこにある危機【10月23日版】
トランプが勝利というサプライズ


 

JR九州・明日上場

カテゴリ:
sevenstar2016
(JR九州HPより)

JR系では最後の上昇となる九州旅客鉄道(JR九州)明日上場するな。
業績面は、まぁまぁの伸び。鉄道収入はイマイチだが、駅ビル・不動産、流通・飲食といったビジネスが好調のよう。鉄道会社としては当然の方向性を打ちだしてるわけだが、今後はこの伸びをキープ出来るかが上場の試金石になるんだろうな。
インバウンド需要で、海外からの観光客がたくさん来ても、九州はイマイチ恩恵を得られていないし、熊本地震、阿蘇噴火など、自然災害も気になるところではある。
だが・・・


上場と言えば、大株主やVCが売り抜けを狙ってたりして、どんな銘柄でも需給は良くないのが当たり前の中にあって、政府保有株1億6千万株だけが売りだされ、寄り付き後はピュアな需給だけで取引されるわけで、こういう理想的な上場というのは滅多にないから、参加するのも面白いかも。
公募価格は¥2,600で決まった。初値の予想が¥3,200程度らしいので、もちろん利食い売りも出る価格帯になる。寄り付いてからの動きが非常に重要で、売り先行ならかなり売り物が湧いてきそう。だが、こんな株を公募割れで売る投資家もいないだろうから、せいぜい押しても公募までは行かない可能性が高いと見るけど。

ただ、去年郵政三社で痛い目を見てる個人投資家が非常に多く、いまだにNISA塩ずけ状態であることを考えると、倍化するようなこともないかも。
ただ、本質的な株式投資が味わえると思うし、その意味では明日は様子見しながら乗ってみるかもしれない。ある意味思い出づくりかな。

地合いはこのままいけば悪くないし、寄り付きで¥3,000前後になれば、俄然魅力があるのかもしれない。何せ物色の手掛かりを失った現在の日本市場だからな。
郵政三社よりは100倍マシな気がするが・・・。

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
私事で恐縮だが・・・22日記事
株・短期の花道(新作)
10バガーの可能性20日記事
株・修羅の道(メインブログ)
ボブ・ディランが傲慢!?どっちがっ!22日記事
任天堂の急落で感じること22日記事
日本株を読め!
【10月22日版】レンジ相場を突破!
いま、そこにある危機【10月23日版】
トランプが勝利というサプライズ


 

任天堂の急落で感じること

カテゴリ:
7974 任天堂 ¥25,185(▲¥1,795)

新型ゲーム機をWEB発表と同時に「失望感」から売られたとされる任天堂は、▲6.55%というキツイ下落になったな。前日には期待感から大きく上昇していただけに、厳しい売られ方になって朝のきついGDでヤラレタ個人投資家も多いんじゃないか?だが、じっと我慢してる投資家も多いかも。こんな時にさっさとロスカット出来ないと流石に今の相場じゃキツイと思うけどな。
nx_1024
ポケモンGOのランキング急落があって、今回のゲーム機の発表で、任天堂に関しては全材料が出尽くした感じになった。もちろん、ここまで価格を引っぱり上げた外資はいち早く逃げたろう。木曜に売りを仕込んで金曜に現物を投げたのかも。この2日間はそんなことを想像させるほど出来高は急増した。
SONY20outside

さて、ソニーの場合も同じだが、もはやハード(ゲーム機)をいくら製造・販売しても業績への寄与度は限定的なんだろうな。恐らくハードウエアビジネスは限界に達していて、すでに大ヒットコンテンツを如何に送り出すことができるか、の勝負になっている。そのことを十分にポケモンGOで思う知らされたのが任天堂自身じゃなかったのか?スマホゲームの登場で、ゲーム機ビジネスは大きな分岐点を迎えて数年、その間にコンテンツへの投資を怠ってきたツケが、回ってきたんだよ。

じゃ、コンテンツ(ソフト)ビジネスに頼った経営が出来るのか?というと、これはもうハリウッドの映画製作会社のように、当たり外れが多すぎて厳しいと経営者なら考えるだろう。そしてどんなゲームが当たってどんなゲームがダメなのか・・・事前には全く分からないってのもあるしな。出してみなきゃ分からないんじゃ、経営計画も立たないってもんだ。
だが、映画の場合は有る程度キャストで補ってる。有名な俳優や女優を起用したり、話題性のある監督を使ったりして、事前のプロモーションでマーケ出来るよ。ゲームソフトの場合は、それが難しいわけだよな。事前登録が多くても面白くないゲームなら直ぐに飽きられる。

任天堂はゲーム業界の王者として何十年も君臨してきて、そのビジネスはまずハードありき、の姿勢を変えることは無かった。ところが、もうその時代は2010年代になって終わったんだよな。株式投資をする側としては、この「出尽くし感」は大きなシコリになったと思うし。来週から「売り坊」にとっては格好の「売り相場」になるんじゃないか?とにかく「買い」が多すぎる。

俺もとりあえず資金の一部を戻して月曜から参戦してみることに。「全材料出尽くし相場」なんで、ここで「売り勝負」しなきゃ、話にならんからな。

それから蛇足だが6758ソニー売り転換したと思う。マインドとしては同じ。2Q決算を控えているが、会社発表PER53台はここにきて格好の売りターゲットになるだろうな。

理屈を度外視して期待感から買われ過ぎた銘柄の末路だ。


【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
私事で恐縮だが・・・22日記事
株・短期の花道(新作)
10バガーの可能性20日記事
株・修羅の道(メインブログ)
ボブ・ディランが傲慢!?どっちがっ!22日記事
任天堂の急落で感じること22日記事
日本株を読め!
【10月22日版】レンジ相場を突破!
いま、そこにある危機【10月16日版】
過剰流動性の限界 前編
過剰流動性の限界 後編


 

2432DENAで地獄を味わった日(前編)

カテゴリ:
dena01

8:15 寄り前の気配を見る。「おいおい!何かあったんか?」程度の認識。
8:25 この時点でようやく気がついた。7974任天堂かよぉ、マリオかよぉ・・・
            ふとリオ五輪の閉会式での安倍首相の姿を思い浮かべる。
8:40 7974任天堂はもちろん、関連銘柄の気配もゴツイ。だが2432DENAといえば1部225
            採用の大型銘柄なんで、上昇も内場かも、なんてまだ甘い考え。
8:45 7270富士重を寄り差し。8306三菱UFJはもう少し引きつけられると見て
           「見」を決める。絶望的な200万株以上の2432DENAの買い気配・・・。
           「こりゃダメだぁ・・・」
8:55 7270富士重は寄り前のポジション取りが激しいので、このままGDスタート
            してくれ!と祈る。2432DENAは直前になっても売り物は増えず。
            ますます絶望!
9:00 寄り付き。なんとか7270富士重はGDスタートで手仕舞い。
9:02 8306三菱UFJの指し値。是が非でも「ここまで押せ!」と気合いをこめる。
            9時10分過ぎ、あっさりと約定。これで2銘柄で30万ほど獲れたが、
            問題の2432DENAは鬼のような特別買い気配。この時点で含み損が軽く▲60万
            を越えてたぜ!
9:15 2432DENAの含み損が120万越え!ほとんど即死を覚悟。というか、希望的観測
            では前場を▲100程度で乗り切れると思ってたが、そんな甘い考えは踏みにじられるに
            決まってるわ。
9:25 7974任天堂が18.2%高で寄り付き。あれっ!?2432DENAより早い!?
9:27 2432DENA S高109万株寄り付き!この時点で俺の含み損はなんと▲225万!!
            死んだ!
9:28 S高剥がれ!そりゃそうだ。本家(任天堂)が下で寄り付いてヘナヘナしてるのに、
            こっちの方が高いって、有り得んだろうと思って見ていた。3000株売り持ちだった
            んで1ティック(¥5)=¥15,000の値動き。

9:30 一旦剥がれて再度S高。絶望の色が濃くなってきた!
9:31 ¥3,800台に突入!大分売り物が強くなってる。7974任天堂を見ると値が垂れ
            始めてる。
           「ヨシッ!こんなことならデイテレで少しでも穴埋めできるか!?」
            とばかりにチャンスを伺うことに。
            同時に任天堂の板も観ながら、比較。ただ、玉を分散すると今の俺には注意力の点で
            キツイんで、任天堂を諦める。相性がいい銘柄だから自信はあったんだが・・・・。
9:33 なんとも¥3,900当たりの攻防が凄まじい。だが・・・この銘柄をS高させたいと
            思う大口よりも、利食いしたい大口のほうが絶対に多いと判断。
9:34 ¥3.825まで押してきて、もう我慢できずに¥3.835に1000株指した。売れるだろう。
            あっという間に約定!良し!勝負突入だ!ちなみに8306三菱UFJの戻りを再度売。
            こっちは足が遅いのでダブルでも大丈夫だろうと・・・。
            この時点での含み損は▲187万だ!
9:36 ¥3,800を割り込む100株売り!順調に利食いが出てる感じ。
            含み損も▲174万まで回復。この後ドツボが待ってるとは知らず
            ・・・結構ニコニコ気味!
9:38 調子こいての¥3,775 1000株追加売り!まだまだ下値がありそうだ。とりあえず
            デイトレの2000株は¥3,700で指し値。ここまではあるだろうと言う読み。

9:39 ¥3,720まで来た時点で指し値変更!
            欲張って¥3,600へ!
            仮にここまで来ると含み損は▲76万
            になる水準!これで全決済でも構わ
             ないと、売り玉3000株の買い戻し
             を上乗せ!
            こういう時に8306三菱UFJ7270
             富士重
で稼いだ小金(+30万)が効
             いてくる!
            前場を▲46万で乗り切れれば
          「恩の字」だぜ!!!ところが・・・
9:44 ¥3,050まであった下値も力尽きて
            とうとう¥3,700をブレイクされちまった!
            一瞬嫌な予感と寒気に襲われる。

前編終了 後編は
「株・愚痴の裏道 
     2432DENAで地獄を見た日 後編」
へ。

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
バカヤロウ!3日記事
株・短期の花道(新作)
今夜のダウをこう読んだ!31日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【9月3日版】
トレンド転換

いま、そこにある危機【9月4日版】
金融株暴落

A&F (21日記事
SMAP解散騒動の異常
あなた、有名人ですから (28日記事
高畑淳子・女優

PCデポ、救いようがない会社

カテゴリ:
PCデポ、社長直轄組織で社員教育 
解約料批判受け


プッ!思わず噴きだした日経の記事。呆れたな。
この会社の店舗に行くと直ぐに分かるのは、数年前から業態をネット開戦販売、スマホ販売、そしてメンテナンスに移行してるんだよ。
メチャメチャ安い液晶TVがある。けれど良く見るとネット契約をしなきゃいけない。
パソコンだって何だって、みんなそんな商売になってる。回線契約すれば大きなBMが得られる。スマホなんかも、アプリ入れさせて月々の使用料を獲ったりな。さらにメンテナンスはもうべらぼうに高い。
けれど、パソコンなんかは年々知識もなくなってきてるし、高齢者には手に負えない。だからボッタクリ放題の料金体系を作っておいて、相手をみて売りつけるって寸法。今回のように余計なものを売ったりな。高齢者なんか良くわからないじゃんか。
ものが売れなくたって、そうやって日銭を稼ぐと最高益更新できるんだよな。まったくどうしようもないわな。
jOWIQSY-600x339
(老人にipadを12年縛り契約で販売。言語道断!)

社長直轄ってそもそもこの程度の企業なら、従来の方針は社長から出てるだろうに(苦笑)問題の「プレミアムサービス」の解約料を既存会員は無料、70歳以上は加入3カ月以内、75歳以上はいつでも無償だって。もう笑うしかないぜ!俺もいろいろ情報あるんだが・・・止めとくよ。何言われるかわからんからな。

プッ!プッ!プッ!

こんな瑣末な会社・・・明日も売りだこりゃ!

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
アホっぽい連中・・・18日記事
株・短期の花道(新作)
8月18日・日に日に歪む日本市場17日記事
株・修羅の道(メインブログ)
いま、そこにある危機 嫌な予感・後編
 8月14日版
A&F (15日記事)三部作第一弾!/第二弾!/第三弾!
瓦解する日本 1
瓦解する日本 2
瓦解する日本 3
 

このページのトップヘ

見出し画像
×