カテゴリ

カテゴリ:月別結果

2017年12月総括・なんとか1年を終えた

カテゴリ:
12月相場は、買い中心に立ちまわらざるを得なかった。「売り坊封印」でこの怖い株価の位置(米国ダウ)の中、そして日経平均は¥23,000を目前にして揉み合いのなかでの「買い」というのも気分が良いものじゃないね。ただし、出遅れたセクターと言うのがあって、その筆頭はメガバンクだったわけだけど、商社や自動車でも取れたり、また売りが先行していた日立で取れたりしたことが大きかった。

けれども、常に、というか「売り坊の性」というか、市場を売り目線で見てる自分がいるんだよ。なので、小型株を買いではいってもほとんど勝てなかったし。(米国では)税制改革法案が議会を通過していよいよ新年度から施行されるわけだが、 思ったほどに効果が出ないという意見が多いね。と言うのも、法人税率を引き下げてもその効果は限定的である(既に様々な減税や補助、適用外事項によって大手は減税されている)、大手企業に資金が豊富なので、海外のプール資金の移動(国内還流)はそれほどでもないとする意見、そして既に為替ヘッジのためにドルベースでプールされているためにドル買い需要は思ったほどではない、というものだ。
そうした意見が大勢を占めるようになると、年明けは辛いと思うね。2017年は意外にアノマリー通りの展開だったわけだが・・・2018年は?

  元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月      ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月    ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月    ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月    ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月    ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月    ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月  ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月  ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月  ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月  ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月  ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月  ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月  ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月  ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月  ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月  ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)
5月  ¥95,560,000  ¥90,000,000 (¥185,560,000)

6月  ¥128,280,000  ¥90,000,000 (¥218,280,000)
7月  ¥171,710,000    ¥90,000,000 (¥261,710,000)
8月  ¥164,950,000  ¥120,000,000 (¥284,590,000)
9月  ¥174,110,000  ¥120,000,000 (¥294,110,000)
10月¥200,350,000  ¥120,000,000 (¥320,350,000)
11月¥251,000,000  ¥120,000,000 (¥371,000,000)
12月¥278,400,000  ¥120,000,000 (¥398,400,000)

2017年の最後になって、米国市場にもようやく陰りが見えた感じの大引けだった。そして日本市場は、12月とうとう¥23,000にタッチすることすらできなかったわけだ。その背景にあるのは、恐らく国内機関投資家の利食い売りとそれを見越した先物ポジションだと思う。何気に国内機関の売りを承知している国内証券などは、こぞって先物に売りを仕掛けている。

つまり、巷間では「日経平均¥23,000は通過点」と宣伝しながらも、実は自分達は真逆のポジションを取っていたわけで・・・。
こういう行為が平然と行われるのも株式市場だということを、思い知らされた11月、12月だったぜ。

それに比べて米国ダウの上昇っぷりは際立った。とにかくクリスマス休暇まではイケイケとばかりに、市場は踊ったわけで、それはやはり税制改革法案の落ち着きどころを見極めたいというところ。だが、成立後は出来高も縮小して上昇一服となったけど、明確にリバランスの動きはなかったような気がす。つまり・・・本格的なリバランスは年明けとも言えてそうなると、1月相場は動きの激しい相場に成る可能性がある。
2017

今年は2月に大台を突破してから、結果として順調に資産を増やすことができたわけだが、恐らく2018年は相当に翻弄されるだろうと思っている。なぜなら、調整と買い戻しが交錯する相場になるわけで、そうなるとワンナイトで持ち越すポジションも失敗した時の怪我が大きくなるだろうと思うから。今年の場合前半は売りポジションで結構稼げたと思う。ワンナイトもかなりの的中率で、外した場合でも損失が少なかったことが勝因だったわけだが、7月頃からかなり怪しくなってきて、8月、9月と勝てない日が多くなった。
しかし8月末の北朝鮮の核実験以降は、日本市場でも北朝鮮リスクは単なるブラフに過ぎないと言った割り切りが、買い転換させたのだと思う。流石に売りポジションで勝てなくなって俺も買い転換せざるを得なかったわけだが、結果的にそれがまぁまぁの成績として残った格好。

だが、すでに世界は金融緩和路線を変更しつつある。欧州も米国も明確に中銀が路線変更を打ち出しているわけで、為替が¥115~¥120という円高に振れたら日銀も変更せざるを得なくなる。だが、大方のアナリストの予想は「2018年は円高傾向」としている。つまり、そうなれば金融緩和を継続したところで、効果がみいだせなくなり、それはそれで市場に対して好影響はもたらさないだろうね。
なので、おそらく2018年相場は頭打ち感の強い相場になると、個人的には予想しているんだが・・・。

何はともあれ、2018年は、たとえ成功しなくても「売り」「買い」両目線で臨まなければならない年になりそうなんで、大きく勝てることは期待しないで臨むつもり。
---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が推奨。主力株短期投資のバイブル。特に2018年前半は板読み、建て玉のテクニックがないと・・・。2017年の利益を溶かす前に・・・(プロとやり合うわけだから)
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド

魑魅魍魎が跋扈する小型株。まずは無料で情報を得て。(小型株に手を焼いている株太郎より 苦笑)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

2017年11月総括・なんとなく復帰できた気分の月

カテゴリ:
11月相場は怪我にもめげず、相変わらずの忙しさの中、コツコツと取れれば上出来、という気持ちでやっていて、いつの間にか利益が積もった感じ。9月、10月と売りで苦戦続きだったが、諦めて買い向かった場面も結構あって、結果としてはそれが上手く行った部分もあるし、9日の高値以降調整してくれたんで、売りも外さなかったことが大きい。そして何よりも、ダウ予想が10連勝というのがあって、それだけポジションが当たれば、負けようがなかった。反面、ザラバでは難しい相場が続いているので、全く獲れる気がしない。

さて、先月の総括のなかで、「この相場はあと1ヵ月で勝負がつく」と書いたが、いよいよ相場も大詰めを迎えている。これで減税法案通過後の相場がどういう展開を見せるかで、決まってくると思うし、いよいよ上院での採決を今夜に控えて、相当にナーバスになってると思う。なので、12月は欲をかかずにしっかりと地合いを見つめながらやろうと思う。とりあえず今月の結果には満足だ。

  元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月      ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月    ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月    ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月    ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月    ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月    ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月  ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月  ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月  ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月  ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月  ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月  ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月  ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月  ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月  ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月  ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)
5月  ¥95,560,000  ¥90,000,000 (¥185,560,000)

6月  ¥128,280,000  ¥90,000,000 (¥218,280,000)
7月  ¥171,710,000    ¥90,000,000 (¥261,710,000)
8月  ¥164,950,000  ¥120,000,000 (¥284,590,000)
9月  ¥174,110,000  ¥120,000,000 (¥294,110,000)
10月¥200,350,000  ¥120,000,000 (¥320,350,000)
11月¥251,000,000  ¥120,000,000 (¥371,000,000)

バブル相場と言われながら、まったく止まる気配のない米国市場と、必死になって付いてゆこうとする日本市場。株式市場に関しては、降りるに降りられないといった感じのファンドや大口投資家が多いのだろう。そろそろ債券市場が、あちこちで動揺を見せ始めているんで、株を売ったところで代替の投資先が見当たらないといった意見も聞かれる。さらに、今の株価のバリューエーションを支えるであろう減税法案に対する期待感もあって、行くところまで行くしかない、みたいなバブリーな雰囲気も出てきてると思う。
ただし、日本株に関しては、バリューエーションの裏付けは為替以外に見当たらないと言うことを、忘れないようにしないとな。米国市場とは本質的に事情が異なると思うし・・・。そういう意味では為替離れした今の株式相場には危うさを感じざるを得ない。

SISANN

10月は苦戦の連続で、しかも怪我などもあって心身ともにボロボロで迎えた11月。いま考えると、それが良かったのだろうと思えてくる。投資に関して以前のように釈迦リキになって銘柄を物色したり、地合いを調べたり、本当にガチガチに肩に力を入れてやるようなことがなくなった。その分、自然体というか、成るように成ると腹を括って、素直に地合いが見れた感じがする。

ここ2年間、相場的に売りが結構獲れる地合いが続いたので、完全に目線が「売り」になってた。そうなると、買い場とわかってて無理やり売りを狙うようになって、都度失敗を重ねたのが9月、10月だったわけで、そのことも11月は「どちらでも構わない」という気分になれたので、無理をしないで済んだ。

ただし、こうなってくると、売りも買いも玉数が多いので、現在の投資方法だと、かなり銘柄が限られるのも事実で、窮屈感満載だ。そんなところから、「ワンナイト・ギャンブル」と(勝手に)名付けた現在のスタイルになった次第。


もともと銘柄を選別するのが下手で、「良い銘柄に投資して時を待つ」的な投資が苦手なので、今しばらくはこのスタイルで行こうと思います。

何とか目標達成まで。笑って引退できる日を楽しみに頑張ります。
---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます!板読み、建て玉のテクニックを身につけることができる信用取引必須の教材。これが一番の早道かも。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄がいつ動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

2017年10月総括・吐き気を催す様な月だった!

カテゴリ:
俺にとっては魔の10月相場と言うほかはなく、気がつけば日経平均は¥22,000を楽々クリアしてなお、上値を伺う気配濃厚・・・。日米ともに絶好調の企業業績があらゆるリスクに勝った月だった。8月、9月と売りで苦戦して迎えた10月、もう少し客観的に相場を見れたなら・・・普通、売り坊はやらんよなぁ・・・。しかし、プライベートでは8月、9月と介護やら出来事が日替わりメニューで勃発して多忙を極めた挙句に、不注意から10月は左手小指切断という怪我をしてしまい、週に2度の通院生活も始まった。

そんな中で、相場を張ってゆくのは無理かもしれないと思う反面、仮に月間収支がマイナスしたら、潔く半年間くらい退場してプライベートを落ち着かせるか、場合によっては相場を離れようかとも考えていた。しかし、いまだ何とか月間プラスを維持出来ているし、10月は(売りで大きく獲るという)ラッキーな利益も2度ほどあってって何とか、パフォーマンスを維持できた。

だがこの相場、あと1ヵ月で勝負がつくだろう。年内は・・・という意見も多いが、そこまでは持たないと思う。個人的には11月相場が最も荒れ場になると思っている。日米ともに需給の変わり目で、来季の展望が非常に難しいところまで株価が来ていることを考慮すれば、今月荒れないはずがないからな。

   元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月      ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月    ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月    ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月    ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月    ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月    ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月  ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月  ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月  ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月  ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月  ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月  ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月  ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月  ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月  ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月  ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)
5月  ¥95,560,000  ¥90,000,000 (¥185,560,000)

6月  ¥128,280,000  ¥90,000,000 (¥218,280,000)
7月  ¥171,710,000    ¥90,000,000 (¥261,710,000)
8月  ¥164,950,000  ¥120,000,000 (¥284,590,000)
9月  ¥174,110,000  ¥120,000,000 (¥294,110,000)
10月¥200,350,000  ¥120,000,000 (¥320,350,000)

とにかく今年の秋相場は、企業業績が大きく伸びて日経平均をどんどん押し上げたと。北朝鮮やら総選挙やらとリスクはあったものの、外交日程からして米国の軍事介入は年内にはない、と確信したうえで海外勢の大幅な買い越しとなった。世界的に見て日本株は出遅れと言われるけれど、出遅れていたのは企業業績。今年に入り、北朝鮮のゴタゴタのお陰で業績は良さそうだが、買いに入れなかったというのが本音かも。それが、夏以降、具体的には核実験が行われた8月末以降、米国は凄まじい圧力をかけ、軍事介入の準備は8月末には完了していたと言われている。つまり、北朝鮮はこれ以上の悪ふざけは通用しない、と言うところまで来ていることを十分に承知しただろう。そのことが、米系投資家を日本株買いに走らせたと言える。

gu

さて、10月最終の米国市場は、ロシアゲートに関し、モラー特別検察官がトランプ陣営の関係者を訴追(拘束)したことで、政権に嫌な雰囲気は漂っているものの、明日(1日)の減税案開示に対する期待感もあり、またFRB議長選出を2日に控えて、動けないと言った様相。FANG銘柄の業績が期待通りだったこともあり、相場は崩れることはなく推移している。
一方日経平均CFDはなんと絶好調決算続出で大幅高で推移。ダウCFDは$20~$30高での推移の中、¥200ものぶち上げGU気配!微妙な時期だけにデイトレ以外で買い向かう勇気は、俺にはないが・・・。

11月はプラスの意味で6758ソニーショックで始まる。

そんな状況下で相場の他に、週2日の通院、最低週3日の介護(見回り)、そしてその他プライベートでのイベントや事件をこなしながら、と言うのは正直、厳しいものがある。特に「売り狙い」では、地合いや個別銘柄の需給を精査する必要があるので、(時間的に)全く自信がない。そんな状況のなかで11月相場を迎えるのは、正直怖い。もうやめたい気分。建て玉も相当に大きくなってるので、何か対策やら工夫をしないと・・・。

後3カ月ほどで3年になる。身も心も擦り減ってきて、最近はボロボロです。

 
---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます!板読み、建て玉のテクニックを身につけることができる信用取引必須の教材。これが一番の早道かも。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄がいつ動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

2017年9月総括・苦しい戦いを強いられた!

カテゴリ:
9月の株式市場は俺にとっては予想外の展開に終始、あれよあれよという間に¥20,000の固めを達成した観がある。月末に賭けての陰線続きの日経平均も金曜の陽線で不安を打ち消した格好になった。
一方、俺の中心線とも言える米国市場は、FRBのテーパリング不安、北朝鮮との対立を嫌気しての持ち合いから一気に9連騰で連日の史上最高値更新、そして月末は3連騰で史上最高値鞘寄せ。再びの青天井突入も目前だね。
-1x-1
(米国経済:8月はインフレ調整後の個人可処分所得はマイナス(折れ線グラフ)

こうなってくると、日本市場の日足チャートを見れば、「売り坊大虐殺」であることは否定できんなぁ・・・と。この1年半続けた俺の投資パターンも、全く通用しなくなった気がするね。俺自身が基準としている、為替と金利と株価を合わせ、数値化したサインは10日以降、ほとんど通用しなくなったよ。ザラバ中(2時過ぎから引けにかけて)、決めるわけだけど、負け続けてる。29日(金)だって、為替、米国金利は売りと出ていたが・・・(苦笑)

というわけで、「買い相場」に転換してしまったので、投資手法を変えないと勝てないと言うことで、現在賢明に(でもないけど)模索中!?です 苦笑

   元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月     ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月   ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月   ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月   ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月   ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月   ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月 ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月 ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月 ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月 ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月 ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月 ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月 ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月 ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月 ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月 ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)
5月 ¥95,560,000  ¥90,000,000 (¥185,560,000)

6月 ¥128,280,000  ¥90,000,000 (¥218,280,000)
7月 ¥171,710,000    ¥90,000,000 (¥261,710,000)
8月 ¥164,950,000  ¥120,000,000 (¥284,590,000)
9月 ¥ 174,110,000 ¥120,000,000 (¥294,110,000)

為替・米国金利、そしてダウと地合いを自分なりに数値化してそこに日足チャートの連続性を加味して一定のレベルを超えると「売る」という単純な手法で1年半、なんとかここまできたものの、取引の主力銘柄が次々に買い転換してしまって、どうにもこうにも、ならなくなってきた。さりとて、この地合いと良好な企業業績では、代替銘柄が見つからない。
具体的にはレーティング引き上げでぶっ飛んだ6098リクルートや格下げで売られた6758ソニー、そして電池の6752パナソニック辺りにシフトすべきだったと後悔。いつもの俺なら、結構強気になって突っ込んだと思うが、9月はプライベートがドタバタで取引に集中出来なかった(言い訳だけど)のが痛い。
小型株も、と少しだけ入ってみたが、これは、という銘柄は探すことが出来ず、またいいと思う銘柄はPER50オーバーでなかなか買い辛い。もう少し落ち着いた銘柄を探せないと駄目だな。

gぐ

はっきり言って、これ以上利益を伸ばす自信を喪失気味。デイトレでは難しいのかもしれないと・・・。一泊二日の売り手法が壁に突き当たってる以上、何らかに方向転換を迫られてるのは十分に分かってるけれど、さりとて薄い板で大きめに勝負するのは、非常に辛いしな。オプションや指数もの、という手もあるが、それこそこれだけ予想を外してる俺が、それをやれば自滅するのは目に見えている。その点、株式投資は「寛容」なんだよな。

というわけで、個人的にはどうしてここまで楽観してリスクを獲れるのか?という疑問が解消されないまま、マーケットは「危ういリスクオン」となってジワジワ高値を追いかける展開に・・・。それというのも、トランプ減税案に対する期待感を米国投資家は捨てきれないからだろうと思うけど、何度も書いてきたのでシツコイと言われそうだが、減税は余りにもリスクが高すぎ!と思うわけで。

減税法案が年末までに通ったとして、年末ラリーになって、年明け相場こそが、俺の勝負処、と思ってますけど。

どの道、今の相場は、あまりにリスクが高すぎて安心してロング出来ないと思うのだが、多くの投資家はそうではないらしい。この相場は、まだまだ騰がる!とかバブルだ!とか、乗らない手はない!みたいな楽観に俺は付いてゆけないのよ。なので、今後も本格的に買い勝負する場面は、恐らくこないだろうなぁと。その結果、火傷しようがなにしようが、俺は本望だ!(と強がって見る 苦笑)
 
---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます!板読み、建て玉のテクニックを身につけることができる信用取引必須の教材。これが一番の早道かも。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄がいつ動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

2017年8月総括

カテゴリ:
8を終わって、なんとかプラスで抜けられたものの、今の米国経済、そして日本経済は景気指標は悪くなかったというかむしろ好調な数字が出たと思うし、企業決算も非常に好調と言っても良い状況で、俺としてはどうも納得がいかない月になった。
reutersmedia
(ムニューシン米財務長官 こいつ大嫌い!いつも市場に水を差す発言ばかり)

そして、幾ら景気指標が良かろうか、企業決算が好調であろうが、基本は遅行指数なんだということを改めて思い出してるよ。株価は今後の経済の有り様を織り込むもので、この何日かの株価の動きは、やはり不自然極まる。なので、もしかしたら8月、29・30・31日のこの動きはフェイクの可能性が「大」だと改めて感じたよ。なので、最後の最後で買い持ちしたことに後悔してる。

やはり、俺程度の力の株助には、「売り・買い」の両方のポジションを使い分ける、なんて器用なことは出来ないな、と改めて実感してるよ。時々「買い」で予想が当たったりすると、調子に乗ってしまう。だが、そんなときはポジションを外して様子を見るだけでいいんだよな。往復獲ろうなんて如何にも虫が良過ぎるんだよなぁ・・・。

というわけで、反省しきりの8月は何とか抜けた。抜けたけど、大いに考えさせられる月になったね。

  元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月     ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月   ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月   ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月   ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月   ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月   ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月 ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月 ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月 ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月 ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月 ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月 ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月 ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月 ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月 ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月 ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)
5月 ¥95,560,000  ¥90,000,000 (¥185,560,000)

6月 ¥128,280,000  ¥90,000,000 (¥218,280,000)
7月 ¥171,710,000    ¥90,000,000 (¥261,710,000)
8月 ¥164,950,000  ¥120,000,000 (¥284,590,000)

総括グラフ

毎日、毎回のように「売りポジ」を獲ってきて何とかプラスを確保できたものの、8月はいろいろ考えさせられたよ。株式の世界は、9月・10月は鬼門なんだよな。なので、そろそろヤバイという情報も連日のように飛び出してくるけど、騰がる時はどうしても騰がっちまうのも株なんだ。それでさ、特に8月の相場は、日本株にしても「為替の連動性」「米国市場との連動性」が薄れたな、と。

そして株式市場は、普通に好景気・好業績を織り込むように推移してるけれど、たとえば急落や暴落ってのは、そういうファクターで起こるわけじゃないんだよな。むしろ投資家が、好景気・好業績についていけなくなった時、ドスンと来るんだよ。だから9月相場は、目先の状況でちょこちょこ動いたところでどうにもならんな、という感じが大いにするわけよ。

最後の最後で、一番やってはいけない取引を、ザラバで意地になってやってしまった。ずっとそういうことのないように感情を抑え込んできた心算だったが、(プライベートで)ちょっとしたことがあって心理的に相当に同様してしまったんだよな。そうじゃなくて、ここまできたらそろそろ手法を変えないといけない。そのことを強く意識して9月相場に臨むつもり。

もうザラバを立ちまわることが窮屈になってきてるんで。金庫株はヘッジ売りをした。9月は目先の手法を考えながらやろうか・・・。
---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます!板読み、建て玉のテクニックを身につけることができる信用取引必須の教材。これが一番の早道かも。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄がいつ動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

2017年7月総括

カテゴリ:
ても暑い7月だったな。そして俺も今月はメチャメチャ多忙な1ヵ月となったよ。もちろん介護問題を複数抱えたこともあって、またプライベートでもいろいろあったし・・・。なので、相場に集中できないこともあったし、恐らくこの2年で初めて、前場のレビューを書けなかったこともあったしな。
いずれにしても、当面は伯母二人と父親の世話で出たり入ったりの日々が続くと思うが、それはそれで仕方のないことだし、いやいややるよ売りも楽しくやろうと割り切った。なので、相場には影響してないと思うし、したと言っても仕方のないこと。

けれど考え過ぎなかったことが良かったのか、悪かったのか・・・。気がつくとついつい大きな勝負をしてしまって、非常にリスクの高い取引をしていたな、と反省してる。結果としてラッキーなことが重なって大きくプラスになったものの、7月の取引は問題だらけだよ。たとえば、銘柄の監視範囲が狭すぎて、7974任天堂8306三菱UFJに偏り過ぎたしね。たまたま8306三菱UFJが短期調整になってくれたんで、ほとんど負けなしで抜けられたからよかったが、こういう取引は何かあれば一気にヤラレルからなぁ・・・。

8月は決算で持ち越さなければ、そこそこチャンスは出てくると思うし・・・なので、あまり大きく獲ろうとせずに、少し資金量減らして地道に、けれど俺としては人生を賭けるつもりでやっていきます。

 元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月     ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月   ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月   ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月   ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月   ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月   ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月 ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月 ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月 ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月 ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月 ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月 ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月 ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月 ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月 ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月 ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)
5月 ¥95,560,000  ¥90,000,000 (¥185,560,000)

6月 ¥128,280,000  ¥90,000,000 (¥218,280,000)
7月 ¥171,710,000    ¥90,000,000 (¥261,710,000)

とにかく日経平均にトレンドが出なくて揉み合いになってくれたこの3カ月、
「売り坊」有利な相場展開になってくれたお陰で着々と利益を積み上げた感じ。一度に5%とかのビッグトレードがなくても、十分に獲れる資金量になったことが最大の勝因かもしれんね。
事業でも何でもそうだが、最初は下積み期間と言うのが必ずあるし、ここまで来たのもあの200万円くらいまでの最初の苦しい期間をなんとか凌げたことに尽きるよ。
小型株を弄れば、あそこを乗り切るのは株式投資の最大の試練と言ってもいいし、しかも定期的に資金(生活費)を引きだしていたので、よほどラッキーに恵まれないと離脱できなかったし。
つくづくこうなれたのは、7974任天堂との出会いというか、それがすべてだと実感してる。
KBUTA
 まぁ、こんなチャートを載せなくてもいいんだよな。だが、俺なりに夢というかロマンもあって、この先一体どうなるんだろう?というのを見てみたいというか体験してみたいという欲はある。けれど、この辺りで少しずつ投資のスタイルを変えないと駄目なんで、8月は少し出金して長期投資に資金を配分しておくことにするよ。

所謂金庫株は現在2銘柄だけだが・・・とにかく高齢化社会・少子化が過度に進んだ未来像を思い描いてみて、その時に世界景気が絶好調にしても、再度の泥沼にしても、どうなっていても成長しているビジネスを見つけて5銘柄くらい金庫株を持ちたいと思ってる。

それと後は、プライベートの建てなおしというか・・・いろいろあり過ぎた過去もキッチリと清算しないといけないと思うし、ここから冬に賭けて、俺自身本当の勝負処になると、かなり気合いを入れて臨むので、今後もよろしくお願いします。
 
---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます!板読み、建て玉のテクニックを身につけることができる信用取引必須の教材。これが一番の早道かも。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄がいつ動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

2017年6月総括

カテゴリ:
今月は月半ばまであれこれと悩んで、結局身の回りの親族の介護問題もあって夏までで株式投資から身を引こうと思っていたことを1年間先延ばしをして、その間に対応を考えようと言うことになった。とにかく、あと10年のうちに少子・高齢化問題は致命的な破綻を迎えるのはまず間違いない。それまでになんとか、周囲の老人たちの問題に決着しないと大変なことになると考えた。

おそらくこのままでは、10年の後には、老人介護そのものが破たんする可能性が濃厚であると同時に、医療問題も大きな転機を迎えるのは確実で、いまの米国でのオバマケア代替案問題は決して対岸の火事ではないんだよ。けれども、日本政府は・・・抜本的対策を講じないままに、憲法改正やらオリンピックやらと、寝ぼけたことを繰り返すのみ。もしも、周囲に70歳前後の老人がいたとしたら、一度考えてみたらいかがだろう?

そして相場だが・・・今月のような分からない、値動きの理由がはっきりしない相場というのは非常に怖い。今月は日米ともに天井を打つと予想したが、少なくともしに答えは7月にははっきりするだろう。いよいよ「ウリボウ」の本領発揮だな。

 元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月     ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月   ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月   ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月   ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月   ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月   ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月 ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月 ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月 ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月 ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月 ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月 ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月 ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月 ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月 ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月 ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)
5月 ¥95,560,000  ¥90,000,000 (¥185,560,000)

6月 ¥128,280,000  ¥90,000,000 (¥218,280,000)

今月に入って1日(木)、2日(金)と大陽線スタートになり、俺としては1日に買い転換して2日目の窓空けての上昇をモノにできたのが幸運だったと思う。もしも、1日に買いに転じていなければ、今月の展開は全く違ったものになった気がして、改めて相場の怖さを実感した次第。

だが正直言って6月の月初の上昇は、全く理由が分からなかったし、単純にチャートで買い転換しただけのラッキーで、特に今月は「需給相場」になって、我武者羅に買ってるような、米国市場はそんな雰囲気になって史上最高値を追ったわけだが・・・。

日本市場は5日から15日まで半月間、調整になってくれて、16日、18日、19日と上昇して年初来高値を獲ったあとは月末まで揉み合いとなり、そうした値動きのお陰で、良好な結果を残すことができ。売りで持ち越して、こういう値動きになってくれたら流石に負けるわけには行かない。

ちゃーと

7月は恐らくメインは8306三菱UFJ7974任天堂9984ソフトバンクの3本柱になると思う。今の日本市場で、ディーラー、機関投資家、海外短期筋、そして個人投資家とすべてのカテゴリの投資家が集合している銘柄は、他に見当たらないと思う。そしてサブで自動車、金融、電気辺りを弄って、なお人気のネット系銘柄をツツクというやり方が、夜間の海外市場をベースにして相場を張ってゆくいまの俺にはピタリと嵌っていると思う。

個人投資家は6月は資産を何倍にもした猛者がうようよいるね。ある個人投資家なんて資産3000万を6月だけで小型株中心の取引で3億円にもしたらしいし・・・。この小型株相場で乗れて勝負した根性、というか勇気は凄いよな。そういうブログは読んでても楽しいだろうが、俺にはそういう芸当は絶対にできないね。

そういうのを見るにつけ、俺はこの相場はそろそろ終焉も近いと感じざるを得ないんだよ。相場の成熟期には、伝説があれこれ生まれるもんだ。実際、この頃の小型株の値動きを見てれば、納得するだろうし。俺も、少しボリュームのある小型株で大きく勝負しようか?と考えることもないとは言えないが、それをやったらもうこの世界から足を洗うことなどできなくなるな、と思うぜ。

9984ソフトバンク孫社長は事業家であることを諦め、投資家に転身したよな。それをファストリ柳井社長「事業家で成功してほしい」と苦言を呈した。実際、俺だって夢はまた事業をやることで、それがカネ儲けじゃなくて社会に貢献できるような、立場になりたいと真剣に思うよ。

周囲の老人たちをみて、「他人のために生きた人」は本当に「いい顔」してるもんな。自分のためだけなら、それこそ適当でいいのよ。けれど、人のため、だから頑張れる、みたいなそんな人生を改めて模索したい・・・それが俺の夢なんだよな^^)

7月、その足掛かりになるような、月にしたいと思ってます。とにかく死に物狂いで頑張ってみます。
----------------------------------------------------------------------------------  
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます。小型株で痛い目にあったら・・・スタイルを変えましょう。俺も昨年からスタイル変更してるしな。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------  

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

2017年5月総括

カテゴリ:
気がつくと、俺の身の周りには、介護を必要とする老人が7名にもなっていて、4月に実母が、そして今日伯父が逝って、なお90歳前後の老人が5名存命という状況。高齢化社会とは良く言ったもので、ここまでダイレクトに現実に直面するとは思っていなかった。実際、4月は相場の合間を縫ってかなりの時間ケアに費やしたし、伯父の場合の歩行のできない伯母のケアも含めて、このところ連日のように時間を割いた。こんな状況なのでGWは何処にも出られず、毎日食事してモニターに向かって少し寝ての繰り返しが苦痛になりつつあるとともに、俺自身、心身の疲労はある意味ピークに達していると自覚してる。なので、このままでは、続きそうもないと思い始め、一応2本立った時点で引退しようという目標を決めていたわけだが・・・。

だが、ここに来てさらに気がかりなことも発生して、こういう状況では今後、全員をケアしてゆくのが難しいと判断するとともに、差し迫った問題も含め根本的に解決しないと無理だと悟った。そのためには、まず自分の時間を将来にわたってある程度自由にできる環境を確保しておく必要があって、いまのトレーダーという(不安定な?)仕事は、ある意味では打って付けと思うようになった次第。

ならば、無理に引退する必要もなく、またパートナーにもその旨了解を得られたので、もう少し頑張って見ることにしました。とても参考になるようなブログではないけれど、俺のブログでとにかく「売り」か「買い」か、くらいの目安にはしてもらえるのでは?ということで、無理のない範囲で続けて行きたいと思います。今後ともどうぞ、よろしくお願いします。 株太郎

 元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月     ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月   ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月   ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月   ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月   ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月   ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月 ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月 ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月 ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月 ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月 ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月 ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月 ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月 ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月 ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月 ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)
5月 ¥95,560,000  ¥90,000,000 (¥185,560,000)

さて相場だけど・・・5月相場は、本当に酷かったと思う。そして、日本のみならず、米国市場もまた、カンカンに買いに傾いた相場ではなくて、高値圏だけに迷いのある相場だったことは確か。

したがって少なくともプレーヤーとして市場に参加していれば、「日経平均は上値追い」という楽観論は容易には出てこないはずなんだが・・・。

それでも少し緩くなってくるとすかさず日経平均¥20,000、¥25,000という掛け声が飛び出すのは、どうしたものか。気持ちは分かるが、地合いを見ていればほとんど精神論だと感じるよ。

俺のブログは「売り目線でしか書かれていない」ので、参考にならない、と言われたが、俺も買うときは買うよ。それは過去の記事を見てもらえれば分かる。ただ、持論として2015年に世界経済はピークアウトしたと思っているので、いまは売り相場だと感じているだけだ。 
GURA

その意味では、今月もまだ、「売り持ちGD狙い」が通用したと思うし、ザラバでは「高値追いを売る」パターンが有効だったと思う。特に、この1年間に見つけ出した(俺にとっての)黄金パターン・・・メガバンク&自動車と7974任天堂、6502東芝の相反な動き、は大きな利益になった。今の状況からして、まだまだこのパターンは通用するような気がするし、多分、このブログを見てくれている個人投資家の中には、このパターンを応用して大きく勝ってる人もいると思う。

5月は、小型株が極めて活況な相場になったし、主力がすっかり膠着しているなかで、(意図的に?)材料をだして株価の引き上げを狙う新興企業も多かった。けれども、なぜか大きな相場になった銘柄は、今年に入って出現していないのがミソだろう。俺も、最初の1年は小型株の「買い」を、それこそ真剣にやったが、これほど難しいものはないと改めて感じた次第。それに小型株の買いをやるなら、日々材料探しに膨大なエネルギーを費やさねばならず、若い投資家ならいざ知らず、俺の年代ではもはや不可能だ。
そもそも、買いを当てるのは至難の業だからな。

その意味で、今後もマーケットの地合いや方向感と言ったマクロな分析と、主力銘柄の取引を中心に行きたいと思っている。だが時々は小型も行くかもしれんけど(苦笑)
-------------------------------------------------------
最後に、今月も「7step株式投資メソッド」にご入会いただけました。本当は師匠の手法で俺が新しいのを作りたいところだが・・・俺ごときでは不可能なので、いまのことろ最も近いノウハウということで、引き続きご案内を継続しておきます。御一考ください。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
-------------------------------------------------------
さて、いよいよ利上げの6月相場だね。

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

2017年4月総括

カテゴリ:
2017年4月も3月に引き続いて、売り建て玉を中心に持ち越しが20日前までは非常に上手くいった。その影響で投資金額の大きさもあいまって、結果的には非常に好調に資金を増やせた気がする。だが、今年の場合は例外中の例外で、いままでこれほど売りで成功したことはもちろんないし、そういう地合いがこれほど長期間にわたって続くということは、まずあり得ないことだろうな。

4月にこういう地合いになったのは、◆トランプ大統領の期待が剥落したこと ◆北朝鮮危機がクライマックスを迎えたこと という2つの大きなネガティブファクターがあったからだ。そしてこれらによって、ザラバの値動きが圧倒的に「売り」に傾くことが多かったせいで、ミスしても十分に取り返せた地合いだったことが大きいな。

元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月     ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月   ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月   ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月   ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月   ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月   ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月 ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月 ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月 ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月 ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月 ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月 ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月 ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月 ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月 ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月 ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)

加えて例年のことながら、20日前後までは国内金融機関の利食い売り(リポジション)があるのだが、今年は特に北朝鮮情勢に乗っかった形になったので、そこを海外短期筋が思い切り弄ってきた。北朝鮮に関しては、後でじっくりと書こうと思ってはいるが、あらかじめ「前提」があったのだろう。それはダウの値動きを見ていれば、本来もっと早期に気づくべきだったのだが・・・。結果として、俺自身、その流れに乗っかった形になったので、結果オーライだったと思う。

だが、本来であればもっとも危機的状況であるはずの、月末に向かっての相場の流れが、一変したよな。これで、だいたいのシナリオを読まないといけないはずが、全く読めなかったことを大いに反省しなければならんしな。その意味では20日過ぎは全く獲れていない。そのあたりのことを反省して、夏場まで、なんとか頑張るつもりです。

gura

ある意味、
7974任天堂6502東芝を常時監視していることで、ペアトレードのような格好が確立できていたことが大きいよね。もしも、このブログで気づいてくれた人がいるなら、きっと大きなパフォを発揮できたんじゃないかと思うけど。それほどに、この2銘柄の存在は俺にとっては大きかった。
なので、すでにあのポケモンGO騒動から10ヵ月くらい経つわけだが・・・あれ以来パフォは爆発した感じ。もう、俺にとって任天堂は一生の思い出銘柄になったよ。(東芝は獲れて当然!みたいに思ってるけど 苦笑)

こうしてみると、最初の1年は本当に苦しかった。毎日が針の筵の上に座っているような生活で、生きた心地がしなかったしな。だが、資金が拡大すればようやく、師匠と取引していた頃の手法が使えるようになって、落ち着いてきたように思う。


だいたい、上昇する小型銘柄を狙うというのは、株式投資の中でも最も難易度が高いと思うんだ。今度は、この銘柄が化ける、みたいな観測で短期トレードをしてゆくのは特に難しい。第一、その銘柄選別なんか、至難の業だしね。薄い板で上下大きく振られるなかでの、ギャンブル取引を最初はどうしてもやらないといけなかった1年間は本当に苦しいもの。その泥沼から救ってくれたのが7974任天堂だったわけだよな。

昔、ガンホーに乗りそこなったことがあるが・・・結果的には乗ったのと同じようなパフォが出て、よかったよ。後は、一応の目標の夏まで頑張ります。その後は、パートナーとの話し合い次第で。とにかく5月も全開で飛ばすんで、よろしくお願いします。

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

2017年3月総括

カテゴリ:
2017年3月も、お陰さまで好調を維持できた。というか、個人的にはいままでで最も調子が良かったと思ったよ。その原因は言うまでもなく、機関投資家と海外勢が年明けからずっと売りスタンスを継続しているから。ザラバでの売りが、本当にイージーに獲れる相場が多かった気がするし、俺だけではなく売ってる個人投資家は軒並み好成績だったみたいだ。

反対に買いではほとんど獲れていないと思う。トランプ相場になって日経平均は上昇していたが、とにかくザラバの値動きが悪すぎる。夜間取引で日経先物が上げて返ってきても、ザラバでは売られるんだよ。そこで、俺もパターンを作ってやった結果がこうなったようだ。

元金50万円
     口座残高   累積出金   投資効果
3月 ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
2月 ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
1月 ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
12月 ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
11月 ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000) 
10月 ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
9月 ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
8月 ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)  
7月 ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
6月   ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
5月   ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
4月   ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
3月   ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
2月   ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
1月     ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
考えてみればこの摩訶不思議な相場は、実際にザラバで戦っていないとニュアンスは分かってもらえないと思うしな。日経平均が上昇して、儲からない相場なんてあるの?と言うことだが、特に短期派の買いは全然抜けなかったというのが事実だろ。さりとて、個人投資家でこの株価の位置でロングというのもなぁ・・・。こんなところで平然とロングなんていうのは、懐の痛まない日銀くらいなものだっての!

それに、どうしてこんな変てこな相場になったかと言えば、俺は100%日銀のETF買いのせいと思ってる。今の日本市場は、ある意味では歪み切った市場なんだよな。企業のファンダに反応するとか、また将来期待に反応するとかじゃなくて、日銀PKOに反応したり、為替に反応したり。目先、為替が変動したところで、そんなすぐにすぐ企業の業績に反映されるわけじゃないのに、株価は動く。考えてみると、ちょっと滑稽だろ?

そういう下らない相場にしてしまったのは日銀だって。だから、日銀がETF買いを継続する限り、この相場の歪みは解消されないと俺は思ってるわけ。下げる時に下げないで、オーバーナイトでGUして返ってくれば、そんなもんザラバで売られるに決まってるんだよ。そこをうまく突くことができた今月は、非常に満足だったなぁ・・・。
gura

資金も大分増えてきた半面、いろいろあって出金もかさんでるわけで・・・そのあたり、言うに言えない辛さが俺にもあるんで・・・。まぁ、愚痴っても仕方ないですけど(苦笑)
でもまぁ、なんとか、このパターンがもう少し使えそうなので、恐らく大きな負けは夏まではしないと思うし、負けてもそれはそれで仕方ないしな。いつだって負ける覚悟はできてるよ。そうでないと、連日、こんな「裸売り」ばかりできないし。
けれども今月だって、いや特に今月は、パターンにことごとく嵌った気がする。これは仮定の話だが、前日売り持ち越しでも多分、良かったんじゃないか?と思える。それほどにザラバでは売り方有利の展開が続いたね。

昨年からこの投資パターンを支えてくれたのは7974任天堂で、年末からはそれに6502東芝が加わった。そのほかに2432DENAもちょくちょく獲れた。メインは8306三菱UFJ7270富士重で、サブは8604野村7203トヨタ9984ソフトバンク。そのほかはつまみ食い程度。
何と言っても、好調な地合いになると、資金が逃げる銘柄を確保してる点が大きいんだよな。あまり大声で言いたくないんだが・・・(苦笑) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ps.当月はご入会いただきまして、お礼申し上げますね。
とにかく、俺としては現時点で最も信頼に足る株式投資教材だと思ってる
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
なんですが、ここから夏までの相場の展開を考えると、習ってみて損はないと思ってるよ。
なんかね、「売り相場」の意味がわかってもらえるんじゃないかなって思う次第。ぜひ、検討してみてください(っていうか、宣伝の仕方が嘘くさいんだよねぇ・・・そう言ってるんだけど 苦笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!
【WET BLANKET】
いよいよ本格始動!面白・癒し動画の決定版!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増!
【株・愚痴の裏道】
主力銘柄取引のバイブル!(株太郎お勧め!)
【相場師朗】 7step株式投資メソッド
一発逆転小型株(14日間無料で稼ぐ!)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
 

このページのトップヘ

見出し画像
×