おはようございます^^

気が付けば6月!といった感じで、本当に月日が過ぎるのは早いねぇ・・・。

昨夜の米国市場に関しては、とりあえずそうなるだろうなぁという感じの下落だった。勿論半ば過ぎからは戻り相場になったけれど、とにかく米国のインフレはちょっとやそっとじゃ収まりそうにないと言うことを株式市場は大いに意識したんだろうと思う。

それに市場全体がFRBに対する不信感に覆われてる、ということかも。ちょっと相場が弱くなるとすぐにハト的な発言をして市場を持ち上げようとするけれど、いまはそんな段階じゃない!ということ。それに金融政策でインフレは退治できるという、根拠のない自信というか・・・FRBの政策手段は結局金利とマネタリーベースの調整しかなくて、今回は通用しないんじゃないか、ということ。


第一金融引き締めでインフレをやっつける、ということは不況にする、という意味のはず。にもかかわらずIMS絶好調、消費堅調じゃ、話にならないよ。

多分、FRBはまたまた去年と同じ過ちを繰り返すだろうと思う。イエレン財務長官はきっちり反省してるけど連銀総裁どもはほんと、懲りないんだよなぁ・・・。

うかうかしてるとドル価値は半分になっちゃうよ!みんな日本にいらっしゃい!ってことだよね(苦笑)

というわけで、ドル円が¥130.150とか急激に円安だけど・・・株は下がっちゃうね。