おはようございます^^

とりあえず目先の話として米国三市場は天井っぽいサインが出てる。そういう意味では日経平均CFDが妙に弱かったわけだが、昨日の無理筋的なショートカバーを考えるとさもあらん、という感じがしないでもない。問題は今日、明日でどれくらい売ってくるかだよね。


昨日の空売り比率は40.3%とどう考えても上昇するしかないという数字。ただしこれが昨日の今日で大幅な売りに戻るか否かは疑問がある。今朝の米国ダウCFDなんか、変な動きになってるし、NASDAQ CFDもS&P CFDもそれなりに高めに推移。昨夜の三市場の引け味からして、意味不明だけどね。

そこで日本市場だけど、個人的にはこの水準で揉み合うんじゃないかって思うのが5割。総選挙やテーパーのリスクを取って買い上がるというのが1割、そして再度底値確認方向というのが4割くらいかも、と思ってる。まぁ、そういうのは人それぞれだろうけど。

理想としては、自民党が惨敗を喫して岸田政権が超短命で終わって早い時期に高市政権となることを望んでるけど。経済音痴じゃ今の時代首相は務まらない。自民党は岸田を選んで亡国の選択をしたってことだよ。もうウンザリだね。