hayti

まぁねぇ・・・ここから年末にかけて株価は上昇すると誰でも思うんだろうし、そう願ってるんだろうけど、今年の場合はそう簡単じゃない気がするよ。中国不動産バブルの崩壊とか、米国インフレとか、いろいろあるだろうけど、いやいや日本市場の場合はもっととんでもない因子を抱え込んでしまったわけよ。

俺は今回の自民党総裁選をみてて、この政党はもう終わりそうだなってつくづく思い知った。放っておけば、ペラ太郎が総裁になったところだよ。安倍氏が高市氏を推してペラ太郎を粉砕したから漁夫の利で岸田がなっちゃった。


でも、本当に4人の総裁候補の中でまともだったのは高市早苗だけだろう?ペラ太郎は中国大好きでハチ岸田は完全に財務省の忠犬だ。野田は論外としても、こんなのを総裁候補にして決選投票とかやってる政党ってもうまともなはずがないじゃんか!

ペラ太郎がなれば日本は中国共産党の味方になっちゃうし、ハチ岸田がなれば財務省の完全コントロール下で増税政権になる。そんな奴がなったら、というかなってしまったけど、日本はどうなるの?完全にアルゼンチン化するに決まってて、そんな国の株なんか外資は買わんぞ!アベノミクスだから株価は上昇したけれど、正反対の緊縮やったら株価はどんどん下げるさ。

物分かりのいい良いひとという仮面をかぶってるけど、結局今の岸田政権はオール財務省になった。所得の再分配政策ってこれから増税しますよ!といってるのと同じ。金融所得課税増税どころの話じゃなくて、もう何でも来るよ。


とにかく、岸田ってのは、民主党の鳩山や菅に匹敵するレベルの首相だよ。で、こんなのを首相にしてしまう自由民主党ってもう本当にどうしようもないよね。今回、高市政調会長だけが孤軍奮闘で頑張ってるけど、まぁ、ハチ岸田には1年未満で辞めてもらってバーン高市に首相になってもらうしかない。

本当に悔しいけれど、日本の生きる道はそれしかないのよ。

もういい人ぶるのはやめてくれ!ってハチ岸田には言いたいよ。財務省の矢野事務次官の文芸春秋寄稿文なんか、ハチ岸田は事前に知っていたろうし・・・。財務省の化けの皮が一気に剥がれて表面化したってのに、何も言わないハチ岸田。

こんなのが総理で株が上がるもんか!戻っても日本株、そこそこが限度だね。