昨夜の欧米市場は爆上げ!ダウはついに$2,000を突破の11.37%上昇。びっくりするのはドイツで11.49%と主要国では最大だった。

世界がギリギリのところで踏みとどまった格好だけど、結局のところFRBとECBのやったことは、リーマンショック時に回帰する金融ジャブジャブ政策だった。

この経済、もうそれしか処方箋はないみたいだな。そして今回破たん寸前に追い込まれた米系ヘッジファンドもまた、同じことを繰り返すだろうし、結局は何も変わらないし、変えることはできないのかも。そういう意味では、この後に来るファンダメンタルズの悪化をいつ頃からどう織り込むのか・・・この調子では悪材料出尽くしのオンパレードになるのか、それともある程度織り込んでファンダメンタルズとのかい離を埋めにかかるのか、難しいところだけどね。


東京五輪は1年延期が決定した。延期というのは、最初からそれしか選択肢がなかったような気がするけれど、最後まで政治的発言を安部首相は繰り返していたけどね。

さて、持ち越した買い玉をどのタイミングで放すか思案中。一応朝寄りで放しておいてあとは戻り売りのタイミングを見計らってみるか・・・。こうなってくるとあまり欲をかいても仕方ないからね。

ちなみにドル円は¥111台まで来てて、原油もそろそろ$24台になってる。けれども、VIXの60台というのはいただけないね。下がらないんだよね。

まぁここは慎重に行けということかもしれんね。