so

米国ダウCFDが動かない!?と思ったら上限いっぱいでサーキットブレイカ発動だって。毎日強烈な相場になってるよね。

でも、この上限動って意外に分かりやすいという気がする。要はどこにポイントを置いて考えるか次第だと思う。みんなドル円が円安、円高という動きによって日経平均が揺すぶられてると見てる人が多いと思うんだ。

でもね、FXやる人は、株なんかあまり見ないで、為替が動く要因を必死に探してる。それで、重要なのは、ドル円が円安になった場合、それが日本売り(円売り)なのか、米国買い(ドル買い)なのかを必ず見極めるだろう。

そして今回のようにどうやらドル買いらしい、と分かれば、なぜドル買い?見たいなことを突き止めようとする。


俺の場合は、今回は、債券と為替の関係、株と為替の関係というように関連付けて考えようとしたんだよ。それで迷ってるときに、いろいろ情報が入ってきた。

ひとつはどうやら米国の複数の大型ヘッジファンドがかなりやばい状況にあるという情報。そしてそのカギを握るのがどうやらプーチンと石油戦争してるサウジだっていう情報。

もちろん市場ではヘッジファンドに対するマージン・コール(追証)が問題だ、見たいな話になってるけど、決してそれだけじゃないんだね。 

それで、サウジが出てくれば、やばいのはSBGだよ。だって原油が$21とか$20とかになっちゃって、サウジも相当に追い込まれてるから、公的ファンドに出資している分を引き上げたいと打診してる。ということは、SVFも当然そういうことになるだろうからね。


それであの暴落が、海外投資家が一気に資金を引き揚げてあの暴落になった。

でもね、いまものすごい勢いで戻ってるけど、2.5兆円も自社株買いをするとか、4.5兆円資産売却するとか、いろいろ発表しててそれを好感してるみたいだけど、俺は相当に臭いと睨んでる。

自社株買いはもしかしたら担保割れの補てんかもしれんし、アリババ株を1.5兆円しか売らないのは、売らないということじゃなくて売れないのかも。

あとは2.5兆円、どうやって自社株を買うのか?見たいなことも疑問だね。

今回のSBGの自社株買いとか一連の発表は決して計画的じゃないと思うし・・・。これは絶対に裏があるよ。俺の勘だけどね。


というわけで、 今夜の米国ダウだけど・・・値幅制限いっぱいから離れたね。原油が下がってるのも気になるし・・・。さてどうなるんかねぇ(苦笑)