おはようございます^^

昨日、そろそろ上なんじゃ!?と書いたけど。そういう不確かだけど予感みたいなものを感じた時って大きなポジションは建てられないけどね。でも、なんというか、さまざまな状況が煮詰まるというか、

「いろいろネガティブなことはあっても、買ってみるつもり」

という雰囲気じゃなくて

「もうそろそろ買い戻さないとヤバイ、我慢できん!」

という感じに近いかもしれないし、

とにかくジワっと雰囲気出てくる、みたいなことだけどね。


昨夜3度目の緊急FOMCが開催されて、「量的緩和を当面無制限で行う!」と発表した!今のところ無期限・無制限ってどこかのパチンコ店みたいな看板よ!(苦笑)

具体的には国債を買いまくる、ほかにヘッジファンドが投げ売ってやばい状況に陥っている住宅ローン担保債権(MBS)や、もっと危ない状況の商業用不動産担保債権(CBMS)を買いまくるぞ!みたいな内容。

これでひとまず、債券市場の懸念はHYGとCLOだけということになったね。

やったねぇ・・・。というかもうFRBも日銀と同じで、市場から金融資産を買いまくることに方向転換したということ。



昨夜の米国市場は、なんというかこれで安心して換金できる、ということで、大型ヘッジファンドはとにかく追証を確保する売りがでてた。けれど、これで目途が立つんじゃないかな。

ドル円が円安に振れたのは、そういうドル換金が活発化したからだろうけど、これでドル円の戻りは¥111.59までということになるね(多分)。

昨日、トランプ政権の緊急財政出動230兆円が議会を通過すれば、多分米国市場は△$2000はあった気がする。 

なので、今日は日本市場も戻るだろう。

けれど迂闊に輸出ならどれでも、とやると、今度は円高にやられる可能性もあるんでほどほどだよね。



しかし、毎日がすごい展開になってる。本当に歴史的な相場になったねぇ・・・。