さて、明日から遅まきながら、売り坊で気合を入れるしかなさそう。新型コロナはどうやら日本上陸見たいだし、もう水際対策も意味なさそうな雰囲気。

でも米国だって、普通に考えて何ともないというのはないだろっ!インフルが流行して死者数が12000人以上になっちゃって、もしかしたら?みたいな、そんなことも感じ始めてる。

中には新型コロナにやられてる人だっているんじゃないか?と思い始めて当然だよ。少なくとも米国だって、中国人の封鎖をしたのは1月末で、発見から2ヵ月近く経過してるわけだからね。それまでは、中国人もドンドン入国してたし、米国人だって中国に行ってたわけだから。

ちなみに米国では15日までに僅か400人しか感染検査をしていないらしい・・・。

というわけで、今回のウイルスは遺伝子検査もキャパがまったく足りていないから、各国も水際で止めてるといっても、実際のところは分からない。ウイルスの性質からして、入っていないと考える方が無理があると思うし、だったらどうする?みたいなことは、どの国も分からないんじゃないかな。

しかし、今回ばかりは、中国は本当に迷惑な国になったよな。いろいろやってくれるよ。



ということで、あくまでも可能性の話の域は出ないとしても、来週は新しい展開になるんじゃないかと思う。具体的には、遺伝子検査の能力とキャパがある国から、感染者が結構でてきて騒ぎになる可能性だよね。

いままで米国は僅か15名の感染者だった。中国当局の発表もまったく信じられないけど、じゃ米国の15名って?と言われるとそれも信じられないね。

いろいろやってみて、やっぱりヤバイという雰囲気が株式市場に出てきそうな気がするよ。とくかく、中国が約2ヶ月間、情報を握りつぶしたことが致命的だったね。

とにかく米国で幾人かでたら、市場のセンチメントは一気に悪化するかも。疑心暗鬼になっちゃうからね。