おはよう^^

さっきまで米国市場観ていて、どうして史上最高値更新?みたいなねぇ・・・。一つ気付いたことは、トランプが大人しいとダウは上昇するんだ、ということ。

米国市場はちょっと変な感じになってる。とにかく、トランプやパウエルの政策を織り込むことだけにご執心という感じの相場。

それと、世界で懸念が高まれば高まるほどに、米国市場に資金が集中してくるという、要するに完全に金融相場なんだろうね。去年の状況と比較して今、史上最高値をとってくるのは、違和感があり過ぎなんだけど、一応米中対立も休戦中で、7月末にかけていよいよバカンスシーズン突入ということだから、早くもサマーラリーになってるんだろうけど。

ダウが$227上げて、ドル円が¥108.500まで戻って、米国債10年物金利も2.142ともどったにもかかわらず、日経平均CFDが上昇できないのは、やはり、中国、韓国を懸念しているのかも。

安川電機の決算は厳しかったしね。ファストリは好調だったみたいだけど。

ダウと日経平均の差は縮まるどころか、開く一方だな。


それにしても、韓国市場には資金が入ったみたい。ずっと揉み合ってる相場だけど、下値にはチャンスとみた資金が入る・・・。株式投資やなぁ・・・なんて感じるけど(苦笑)


世界中、実体経済と株式市場が乖離し始めてて、こういうときの投資は短期だけ。間違ってもNISAはないね。短期で中小型がいいかも。当分遊べそう。

いま、もっとも強烈、かつ思い切った集客をやってるのがこれ。正直ここまでできないよ。使わなくても情報だけでも面白いしね。デフレ時代になる!無料は魅力!

本家に詳しい記事書いておいたのでよかったら。
無料投資情報の活用法:14日間完全無料の株ドカン

ダイレクトリンクはこちらから
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信 


PS. あははは、中国は米国の農産物を買ってないじゃん!(苦笑)

トランプ大統領、中国に不満表明

笑える!