カテゴリ:
前週日経平均予想 ¥20,600 日経平均引け値 ¥21,450

先週はドンピシャ行ったのによぉ・・・今週は真逆!またやっちまったよ。

最大の誤算はブレグジット。俺は「合意なき離脱」を可決すると思ったんだが・・・甘かったな。そこまで英国議会もアホじゃなかったってことだよな(苦笑)

800x-1
(意味不明の政策連発で結局、李克強もただの人)

というわけで、まったく材料のない週で唯一株価変動要因だったブレグジットの議会採決を無難に、というか大方の予想通り通過して、後は温い相場になって上昇。金曜の米国市場も上昇して日経平均CFDは金曜引け値からさらに¥80ほど高く引けた。

先週同様に、ファンダメンタルズは悪化の一途をたどってる。世界の景気判断は減速模様。日銀の金融政策決定会合でも景気判断を下方修正したからな。

中国経済はますます混迷の極みよ。正直、打つ手がないんだろうね。金融緩和したり、やめたり、右往左往してるし、こういうときに習近平はすぐに身を隠して出てこなくなる。きっと、あいつは強気の政策とは裏腹にかなりビビってるんだろうと俺は思う。

というわけで唯一元気なのはトランプで、ロシアゲートがいよいよ捜査打ち切りになりそうで期限がいいのか、ツイッターで株式市場を煽りまくってる!米中交渉は3週間程度でいい結果が出る、だって。こういうのは、真冬のお化けだけどな(苦笑)


(米国ダウ日足チャート)
3-15ダウ
英国のブレグジットは関係ない!とばかりにほぼ無視してた米国市場の興味は、相変わらず米中交渉の一点のみ。たまたまボーイングの墜落事故もあって遂にトランプは737MAXの運航を差し止めたりして、弱含む局面もあったけど、ボーイングが買われたらあっという間にセンチメントが良化する。


要するに、米国市場は米中交渉が妥結というシナリオのまま、上値追いしてると言うことだろう。まぁ、裏を返すと、不調に終われば相場は真っ逆さまに737MAXよ(苦笑)

けれども、それが本筋なんだと思うね。どう考えても、世界経済は悪化の方向。にもかかわらず株価もアメリカ・ファーストなんて所詮幻想よ。

だがそれを信じて疑わない米国市場ってのは、ある意味偉大ではある(苦笑)


(日経平均日足チャート)
3-15にっけ
一方日本市場だが・・・日経平均も米国ダウ同様に5日線・25日線・75日線の黄金オーダーに復帰しそうな雰囲気。ということは、上値追い継続、みたいな動きに週初はなるんだろう。


けれども基本的には米国ダウも日経平均も「揉み合い」からは脱出できないんじゃないか?と言う気がしてる。米国ダウは史上最高値更新の手前、または面合わせの水準からダブルトップ形成とみてるし、日経平均も同じ動きになるだろうと予想。

すなわち、カントリーリスクでアナリストの荒野浩氏が言ってるように俺も¥22,000は無理だろうと思ってる。為替の問題も出るだろうし、戻りのダブルトップ形成と見るけどね。



まぁまぁ、米中交渉に関しては貿易問題以外の妥結はないだろ。なのでトランプの言う朗報というのも貿易問題に限定なんだと思う。全人代で知的財産権に関するザル法を通したらしいが、あんなものは何の意味も価値もなし。

というわけだから、株価は戻り天井を模索す展開になると思うし、そもそもさほど米中交渉妥結に関して株式市場は期待してるわけじゃないだろう。

そうなると揉み合いになるだろうし、条件は日本市場のほうが悪いんだよな。日銀は遂に景気判断を下方修正したけど、具体的な政策はなのもなし。黒田すっぽんは財務官僚なんで、結局増税なのよ。なのにCPI2%目標断念ってどういうことだよ!

いろいろ考えても、大きなイベントもなし、じゃ株価は動かん。けれども来週の木曜、金曜は要注意ということで、来週3月22日の日経平均株価は・・・

----------------------------------------------
日経平均株価」3月22日(金)引け値¥21,000
ドル円:111.00

を予想する

-----------------------------------------------
 

¥0なら試す価値あり!
【無料登録で株式情報、推奨銘柄を試してみる】
¥0で情報を見る目を養う!
無料登録で推奨銘柄&藤井英敏氏の株コラムをゲットしてみる
リニューアル完了!
株は空売りで成り上がれ
株式投資で這い上がるための極意!
誰も教えない株式投資のコツ
(タイトル変更リニューアル!)
【カントリーリスク】