モルガン・スタンレー、半導体株に警告ーハイテク株弱気論高める

次々に出て来るハイテク(半導体関連)株の弱気論。特にモルガンは年初来、ハイテクだけでなくFANNGに対しても「そろそろやばい」みたいなコメントを出してるよな。恐らくその見方ってのは、俺は当たるんじゃないか?って感触を持ってる。
半導体
こういうレポートというかコメントが背景にあって、今回の日本株の半導体関連銘柄は売られてるんじゃないか、と思うわけよ。 これは主力企業の半導体産業における守備範囲ってことだけど、決算後にまともに買われたのは6857アドバンテストくらいなもんだろ?みんな(東芝は抜かしてソニー入れたらいいのよ)好決算なのにな。

けれども、特にNANDフラッシュとか、CMOS(CCD)とかは、そんなに簡単じゃないよ。今は、スマホ全盛だったりデータセンター急増とか、EV化(コネクテッドカー)とか自動運転とか、いろいろ囃されるからイケイケに感じるけど、機能・性能のアップサイクルがあって、更新時には莫大な投資が必要になるし、関連装置メーカーも同様に対応機器を開発してゆかねばならんから、膨大な設備投資が先行して業績の谷間ができる。で、新製品の歩留まりが上がったとき、従来品はガラガラと値崩れを起こしバッタ売りしなければいけない状況に必ずなる。

サムソンがNANDに対する投資を減少させると言ったのは、完全にオペレーションに入ったということだろう?現状品の値崩れを極力抑えないといけない。それにはとにかく供給量をオペレーションして「需要>供給」のバランスを維持してゆきたい、みたな思惑。けれども、他メーカーがバンバン浸食してくるからあまり効果はなさそうだけど(苦笑)

そんな中、6758ソニーは(半導体投資を)イケイケやるらしい・・・。大丈夫かいな?という海外投資家の売りが必ず出るだろうなぁ。なので、今日はポジ建てなかったけど、基本的にソニーは売り目線で見なきゃどうしようもないと思ってる。

少なくとも今回の1Qでは、好調とはいえ半導体関連がちょっと弱くなってきたかな?という兆候があると思うぜ。それが、コンセンサスと会社予想の乖離となって売られてる側面は否定できないし。米国でも4ポイントほど2019年は(拡大率が)少なくなるという業界団体の予想も出てるしな。
やはり株式市場は調整含みと考えるべき。明日で決算一巡になるんでいよいよ、来週あたりから厳しい売りが来るな。
 

これを出してくると思ったぜ!というか今の不確定要素の塊のような相場でははっきり言ってこれしかない。俺のワンナイト・ギャンブルもこの範疇だからね。 これは大推奨だな。
【相場師朗】のショットガン投資法

灘株太郎 今は亡き師匠にささげる私的連載小説!
【師匠】

今 薫(灘株太郎)書き下ろし小説!事実は小説より奇なり・・・それを小説にすれば・・・
【不定冠詞】

灘株太郎入魂の株式投資実戦ブログ(表ブログ)「株修羅」でメインストリームに躍り出た!
【株・修羅の道】

灘株太郎 私的ブログ(裏ブログ)本音爆発!愚痴暴発!プライベート満載

【株・愚痴の裏道】