世界の株式市場は、貿易戦争に対する懸念を織り込んだのか、消化不良なのかは分らんけど、まずは日本市場が中国上海の株高を好感して上昇、日中の株式市場の、まるで貿易戦争など無視するかのような値動きに対して欧州市場が連動し、まずは大幅上昇となっている。それらを受けて、米国ダウCFDは時間外にも関わらず、すでに$190高という上昇っぷり。日経平均CFDは大引け後、さらに¥100以上上昇というエスカレートぶりだ。
JENNNA-
(20歳で資産1120憶円!人気モデルのカイリー・ジェンナー 化粧品ブランドが大爆発だそうで)

今の相場がはたしてどうなるかは、アナリストも評論家も予想できていない。というか予想できるはずもなく・・・ただ市場は貿易戦争による経済への影響が測れない以上、目先の企業業績(決算)に備えたポジションを、という上昇なのだと思うね。

そして今日あたりから1Q決算発表が出始めてる。まずは今日のメインは9983ファストリと大相場を作った6506安川電機。内容は両社ともに良好で、特にファストリの海外収益は絶好調と言う感じ。これで今の為替レートからしても時期決算は大幅に業績拡大が見込まれるだろうし。また安川は2Q(8/E)までの想定レートは¥105/$のままなので、当然業績は大幅に上ぶれるだろうし。やはり、内需よりも円安の恩恵を受ける企業ということになる。

なので、このまま行けば、今期は予想PERで現行株価は12.5くらいなんだろう。けれど、各社とも業績の修正が非常にやり辛い状況ということもあって、目先は投資家が業績の忖度をするような、そんな相場にならざるを得ない雰囲気だ。

この相場、貿易戦争を無視すれば、日経平均は¥25,000くらいあっても不思議じゃないんだよな。目先の話になるけど、原油価格が一段の低下となって、為替も¥113台に乗せて、なんてことになれば当然株価は上を目指すはず・・・。ただし苦しいのは、トランプのツイッターで株価が大きく振られることなんだよな。それに、来週に米中貿易戦争が不可避と言う状況になってくると、水準訂正もままならないことになる可能性もあるんで、買い持ちはビクビクしなきゃならんよな。

問題は明日なんだろう。3連休前の週末で、はたして買いポジを持ち越せるかどうか・・・。けれども、今の相場はザラバの値動きでは儲かることは望み薄なんで、根性決めて持ち越す意外にないわけで。連日のようにキナ臭い記事が溢れ出て、相当に危機感を煽ってるけれど、決算が一応終わって8月後半から、9月、10月と非常に痺れる相場になる予感はする。特に、9月のFOMC利上げの直後の債券の動きはちょっと恐ろしいんだよ。思い出すけど、リーマンショック前のピークが確か7月後半だったような。今年はリーマンショックの年にも似てるけど、強いて言えばその前年のような感じかもしれん。だとすると、原油価格は秋以降再度、上昇を開始するはずで今回は軽く$100越えかも。いずれにしてもそう遠くない将来、ということなんだろうけど。

さて、今日の日本市場は結局、本格的に買われたとは言い難かった。9983ファストリ9984ソフトバンク4523エーザイの3社で日経平均を¥160もカチ上げてる。なので¥255高だったけど実質は¥100足らずの上昇だったし、とにかく主力が良く垂れた。メガバンクなど笑ってしまうほど垂れたもんなぁ・・・。ここにきて、やはり輸出有利、みたいなそんな気分が出そうで・・・。日経平均の上昇ピッチもそれほど速くはないし、まだ危険というレベルじゃないんだろう。なので、今夜は買い勝負とした次第。このまま行けば、正解だったということになるんだが・・・。



チャートに特化するのも有効な投資法だと思う。時間の限られた個人投資家に向いてるぜ!
チャートをマスターする必勝法「株式投資錬金術」


灘株太郎 今は亡き師匠にささげる私的連載小説!
【師匠】

今 薫(灘株太郎)書き下ろし小説!事実は小説より奇なり・・・それを小説にすれば・・・
【不定冠詞】

灘株太郎入魂の株式投資実戦ブログ(表ブログ)「株修羅」でメインストリームに躍り出た!
【株・修羅の道】

灘株太郎 私的ブログ(裏ブログ)本音爆発!愚痴暴発!プライベート満載

【株・愚痴の裏道】