パウエル議長が下院議会証言に臨んだ。
「12月から景気や雇用情勢が強まり、物価目標の達成への確信もやや強まった」と発言した。
だから利上げは予定通り行う、ということだろう・・・。
pau

FRBの保有資産に関して
「最終的に米国債だけで構成するのが望ましい」
と発言。加えて
「住宅ローン担保証券の購入は非常に厳しい環境でのみ正当化される」
と先日の市場介入について言い訳(肯定)をした格好。

正直、パウエル議長もまた、イエレン前議長とは比較にならないと俺は感じるね。もしもイエレンだったら、先日の直接介入はなかったろう。何故なら、債券市場があの程度でクラッシュはしないだろうし、過熱感のある債券市場に関し、ある程度リスキーではあるけれど、冷却効果が十分に期待できたと思うから。以前から債券市場の過熱感にイエレンは言及していたし、フィッシャー前副議長も同意見だったからね。残念だかパウエル議長は、潜在一隅のチャンスを揉みつぶしたことになる。

パウエル議会証言に先だって、クオール副議長は「米国経済の上ぶれリスク」に関して発言している。つまり、好景気が続けば金利上昇となり、その結果FRBの利上げにも影響するという意味か。
けれども、パウエル議長にしてもクオール副議長にしても、「物価上昇が緩慢な中で利上げをする理由」をまったく説明できていない。これはイエレンも同様の立場だったが、むしろイエレンは、「物価上昇が緩慢な理由がわからないから、利上げは慎重にやらないといけない」と言っていた。そのことが、急激な金利上昇を抑え込んで、FRBの利上げを悪影響なくやってこれたわけだ。ところが、今回はリスク資産に対する言及もなく、危機的状況ならば介入するという態度をみせたわけだ。

逆説的かもしれんけど、こうした対応は「債券市場は利上げによってさらなる危機を迎える」と公言しているようなものだ。僅かな金利上昇を債券市場は危機と捉えた背景がある。そして「住宅ローン担保証券の購入は非常に厳しい環境でのみ正当化される」と発言したことで、債券市場が先日、「危機的状況であった」と認めたわけだ。

結局、市場は、暴落前とまったく状況が変わっていないと改めて認識したと思う。パウエル証言を経て、米国債10年物金利は急上昇し、いよいよ3.000%はカウントダウンとなった気がする。その状況を受けて株式市場は下落しているけれど、おそらく今後株価は下値を見に行くと思われる。

結局俺が思うに、今の好景気というのは金融ジャブジャブの極めて人為的な経済環境下でのみ成立しているのじゃないか?すべての条件が、ゼロまたは超低金利を前提に成立しているように思うわけ。だから、自動車ローンが1%なら少々高額でも売れる、とかファイナンスしても低金利だから借りないと損、みたいな意識もあるだろう。がしかし、それが金利上昇となった時、消費者はどういう行動を取るか、ということだろう。そして企業のファイナンスでも、低金利での融資はもちろん、低金利で社債を発行できる、とかそうした環境だからこそ、投資等企業行動が活発化していたのだろう。そうした金融の前提条件が変化しつつあるのであれば、企業は身構えるのは当然だ。

そうなれば、物価上昇は逆に期待できなくなってくるという、言いかえれば日本型のモデルと同じなのかもと思う。アベノミクスが失敗と評価される理由は企業業績が伸びても、CPIは上昇しないし、消費は増えないから。今回の一連の金利上昇は米国経済とってネガティブと考えて当然のような気がする。

だが、俺の意見などは、この際どうでもいいんだよな。米国ダウ$26,600から金利上昇を嫌気して$23,360まで暴落した。そしてFRBの介入によって反転し、$25,700まで戻したんだよ。けれど、以前のこの水準では米国債10年物金利は2.500%前後だったんだよ。戻ってみたら金利が下がってた、というのであれば新値も追うだろうけど、戻ってみたけど長期金利は2.900%台だった、となれば当然居心地は悪いわな(苦笑)

こうして見ると、短期的に株価がどう動くとか、本当に分らない地合いになったよな。米国債10年物金利は上昇中だけど、それでも株価は前回のような動きはしていない。けれども、どう考えても金利上昇を株式市場は嫌ってるだろう。この局面で米国債ショートに勝負をかけてるヘッジファンドもあるし、米株、日本株、欧州株を大量ショートで勝負をかけているブリッジウォーターのような超大型ヘッジファンドもある。彼らはこの局面でどう動くんだろうな。こうなってくるとFOMCまで待たないような気がするけどな。

こんな相場なんでとても俺の手には負えんなぁ・・・
株太郎、失業の危機やな(苦笑)

---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が推奨。主力株短期投資のバイブル。特に2018年前半は板読み、建て玉のテクニックがないと・・・。2017年の利益を溶かす前に・・・(プロとやり合うわけだから)
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド

魑魅魍魎が跋扈する小型株。まずは無料で情報を得て。(小型株に手を焼いている株太郎より 苦笑)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】