カテゴリ:
前週日経平均予想 ¥23,100 12月29日(金)引け値 ¥22,764

とうとう12月には日経平均は¥23,000に触れることさえできなかった。上値を抑えたのは直接的には日経平均¥23,000何処ろの先物の売りということになるんだが、現実には国内機関投資家の利食い観測にあると思うぜ。GW前の4月、そして年末年始前の12月と、節目を迎えるごとに利食い売りをしてくるのが国内機関の特徴とも言える。だが、決算月の3月は下落しても耐えるというのもあるんだが・・・。

予想ではいくらなんでも¥23,000はブレイクすると思っていたわけだが・・・そこまでの根性すらなかったことに、個人的には大いに失望ってところ。毎年恒例となりつつある年末年始の下落を考慮すると、日経平均は¥23,000を取るのは恐らく1月末辺りになる。所謂「節分天井」という奴になるんじゃないかな?
今回は年末年始跨ぎで立会日は少ないわけだが・・・日米ともに弱い兆候を感じさせる年末最終日となった。

(米国ダウ日足チャート)
米国ダウ
昨夜「物事には限度・限界がある」と書いて、そろそろ米国市場も・・・と思っていた。運用者が参加していない年度末相場なので、個人のマインドを計るうえでも重要だと思っていたわけだが、案の定、終始弱含みで展開した後、大引け前に売り物がでて▲$118で終了した米国ダウ。先進国では唯一英国を除いて、日米欧三地域ともに売られて終了したと言うことになる。
米国の場合、やはり市場全体としては「材料出尽くし感」が強いと言うことが証明されて、年始相場は恐らく値を下げるだろうし、その展開は恐らく1月の第二週(12日)くらいまでは続くのではないか?その後に、インフラ整備法案に関して期待感が出てくるとか、税制新法に関する材料も出てくるとかして、調整一巡という感じかも知れんね。

ただし、年内に非常に嫌な兆候は出てきている。それは米国長期金利の下落で、10年物国債金利は昨夜▲1.11%の2.405%となったこと。これは決して無視できない決定的な要因になってくる気がするよ。税制改革施行、インフラ整備法案などがあるにも関わらず、米国債長期金利が低下すると言うまたしても迷宮に突入した感じ。これが株式市場に波及する展開になれば、一気に需給が悪化して・・・。米国金利がフラット化すればするほどに株式市場から資金は逃げてゆく、と覚悟すべき。

なので、米国の年末の「引け味はほぼ最悪」と言ってもいいと思う。さらには日足チャートで見ても、いままでの上昇局面でこうした頭打ち感は初めてといってもいい形。$25,000を目前にして¥24,850が取れない。今回のこの形には相当に意味があるような気がするね。

(日経平均日足チャート)
日経平均

さて日経平均の場合は¥23,000にどうしても届かなかった。約2ヵ月近い三角持ち合いの末に、下値を切り上げているフラッグは上放れする、というチャートの格言もいよいよ怪しくなったと言わざるを得なくなったね。恐らく米国ダウは年始2日にGDするだろう。となるとアイランドリバーサルになってしまうはずで、そうなったら日本市場も流石に上値は追い辛い。2日、3日と先行する米国市場次第だとは思うが、この局面はやはり1月第二週までは弱い展開を予想せざるを得ないと思っている。

このまま米国長期金利が低下して、2.400%を割り込むようなことになると、メガバンクは当然売られる。また、現時点では為替は金利に連動していないように見えるが、長期金利の低下は為替に影響するわけで、そうなると年明けには輸出株も弱含みの展開になるだろうね。日経平均は年明け25日線下で寄りつく可能性が高いことも、非常に嫌らしい。

株価上昇の局面では、ネガティブ材料を探す。そして株価が弱くなると今度はポジティブ材料を探す。これまでの株価上昇はいくらネガティブ材料を探しても、それを無視するかのような動きだったわけで、調整局面になれば正反対のことが起きると考えるのは自然だよ。

たとえばある銘柄を「買い」で持ったとき、上昇してほしいわけだから懸命にポジティブな材料を探して自分を納得させようとする。けれども意に反して株価が下落し始めると、失望感が大きくなって一気に投げてしまう・・・。毎度おなじみの、俺の小型株での投資行動だけど(ヘボそのまま!苦笑)。
けれども大なり小なりそういう感覚ってあるんじゃないかな?(俺だけだと寂し過ぎる!)

今の相場は企業や経済のファンダメンタルズよりも、テクニカルよりも、こうなってくると需給だけ!という感じを持ってるんで・・・。年始1月5日(金)の日経平均引け値は・・・
----------------------------------------------------
日経平均:¥22,400(1月5日引け値)
ドル円¥112.00

を予想します。
---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が推奨。主力株短期投資のバイブル。特に2018年前半は板読み、建て玉のテクニックがないと・・・。2017年の利益を溶かす前に・・・(プロとやり合うわけだから)
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド

魑魅魍魎が跋扈する小型株。まずは無料で情報を得て。(小型株に手を焼いている株太郎より 苦笑)
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】