S&P三菱UFJの債券類をワンラック格下げして「Aマイナス」とした。海外融資に不安、と言うわけだが、なかなかいいところを突いてるんだよなぁ。

なかでも御三家(重工・商事・UFJ)の海外事業絡みでの融資に結構不安があるわけよ。タイアップ(協調融資)してしまうからな。特に資源絡みの融資は危険なのよ。

それと、米国での債券運用比率の高さも問題。米国金利上昇で株価が上昇してるけど、本来は債券価格が下落するわけだからネガティブな要素の方が大きいんだって。
ちょっとな、今の状況は¥800天井っぽいんだよな。これ以上は買い進めないわな。

CFDが棒上げしてるんで、こういう記事は(俺にとっては)大歓迎なのよ(苦笑)