トヨタ自動車が新人事制度導入へ

入社10年目以降の社員が対象だって。一見、合理的で社員のための制度のように見れるけどな、これ、全く逆だろうな。
残業手当を一律17万円支給して、45時間分の保証をする。確かに10時間しか残業しなければ大幅に徳になるけど、こういう制度は絶対に組織の中では、成立しえないわけよ。組織では、片や50時間残業している社員をしり目に10時間で済ましたら、当然許される訳もないから、相当の圧力がかかってくる。特に日本人の労働気質からは、そんなものは、当たり前のことだろ。

そして17万円の支給を希望すればそれはある意味、17万円分の残業を会社に対して保証しているようなものだぜ。仮にそうした人事管理をすれば、労務管理が楽になるんだよ。残業できる社員と出来ない社員が見分けられるからな。

この制度は一見して「非常に良い制度」と感じさせるトリックがある。社員も当然のことながら17万円支給が魅力的に感じられて選択する社員も多いだろう。けれど、実際は「前もって45時間分の残業をします」と誓わされるようないわゆる「踏み絵」だよな。

こういうことを日本を代表する大企業、大トヨタが導入するとは、本当に情けないぜ。人手不足で高齢化が止められない日本社会にあって、先日は国内販売車種を半減すると発表した。当然のことで、車種を増やし過ぎて労働配分が出来なくなった。だから半減させますよ、と。その裏には、この人事制度の導入があったわけだよ。

こんな手を使わないと、維持できないような経営でもないだろうと思うけど、たとえトヨタと言えど、いつもこうしたヤネコイ戦略を練ってる役員や幹部もいるんだよな。そして社長は御曹司でレース好きで実際にはかなり評判が悪いくらいの能力しかないわけで、それを象徴的に祭り上げて、実際の経営は役員達で行っていることがミエミエだよな。

こんなことをするくらいなら・・・非正規雇用を半減するとか、給与を大幅に引き上げるとか、たとえ利益を削ってでもそうした社会への貢献をしてゆくことが、本来のトヨタの存在意義のはず・・・。数々の特典を国家から享受していることは棚に上げて、「一般企業なので・・・」とひたすら利益の追求に走る姿を、安倍首相は快く思わんだろうねぇ・・・。

こういうのを見ると、本当に情けなくなるよなぁ・・・。
 
---------------------------------------------------------------------------------- 
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます!板読み、建て玉のテクニックを身につけることができる信用取引必須の教材。これが一番の早道かも。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄がいつ動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】