れまたピンポイントで予想通り、為替の巻き戻しが出たな。現在(3:20AM)¥110.43と高値(安値)を更新する動き。この2日間で¥2-の円安というとんでもないボラになってる。だが、ハービーの影響からか、米国ダウメチャメチャ上値が重く、日経平均CFDもなかなか戻り高値を追うのに苦労してる。NASDAQ1.1%も急騰して、S&P5000.53%上昇だってのに、ダウは僅かに0.16%にとどまってるぜ。
reutersmedia

けれどその辺のことは明日の日経平均には織り込んでくるだろうし、¥19,600は超えてくるだろう。けれど、その辺が戻り一杯かもしれんなぁ・・・と、考えながらダウとNASDAQの日足を眺めてる。どうしたって今回ばかりは、大陽線の戻りがイヤラしい。こういうボラの出方は、買い方としてはなかなか安心出来るとは言い難い。むしろ、刻みながら陽線を積み重ねるような、そんな感じでないと需給がほぐれたとは言えない気がするんだよ。短期的に大きく戻すけど、今度は戻り売りに大きく押されるパターンも十分に有り得る。

21:15(米) 8月 ADP雇用統計 [前月比]17.8万人 
(20.1万人)
18.5万人23.7万人

21:30(米) 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比年率]2.6%2.7%3.0%

いずれにしても好調な米国市場を後押ししたのは、この二つの景気指標だよな。まずはADP雇用統計で、こちらはほとんどサプライズに近い良好な数値となった。これでNASDAQ、S&P500が大きく買われたわけだが、さらに言えば米国四半期GDP改定値4-6月は、2.7%→3.0%の上方修正されて、企業決算の後押しとなったよな。少なくとも3Q決算はいまのペースを維持する自信、みたいな、そんな捉え方をされてるよ。

と言う状況で、超大型ハリケーン「ハービー」の被害にもめげず、米国株式市場は堅調な反応をしているし、明日はいよいよ個人消費支出関連の指標が、そして金曜には雇用統計が出て、さらに一段の円安へ、ということも十分に有り得る状況になった。そうなると、積み上がったドル買いポジから一気に円売りポジが捲られる展開もありだ。

こうなると、明日の空売り勝負はまたまた微妙になってきたな。一気に¥111、下手をすると¥112だってありそうな為替を考えると、売るなら内需関連になる。それとも思い切って朝から自動車「買い」勝負に出るか・・・。まぁ、昨日買えなかった俺が偉そうに言えることじゃないけどな(苦笑)
  ---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます!板読み、建て玉のテクニックを身につけることができる信用取引必須の教材。これが一番の早道かも。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄がいつ動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】