カテゴリ:
日経平均予想¥19,500 木曜引値¥19,729

米国市場の下落や円高の進行は、「偶然、北朝鮮リスクが出現したから」という見方もあるが、俺はそうは思えないね。要するに10日連続で史上最高値を更新して見せた米国の株式市場(ダウ)に対する大方の投資家の見方が、「限界」を感じていたということだ。だからこそ、今回のこの「悪材料」は、北朝鮮が新たにミサイルを発射したわけでもなく、核実験をしたわけでもなく、ワシントンポストのスクープ記事に端を発したメディア主導の材料なのだ。急激に高まった「北朝鮮リスク」は、悪材料をこれ以上無視できなくなった、マーケットそのもののリスクだろうな。
reutersmedia
(岐路に立つFRB。だが9月テーパリングはGOするしか道はない!)

米国市場は企業業績だけで、調子にのり過ぎたと思うぜ。その企業業績もまた為替(ドル安)の影響が大きいことをマーケットは忘れていただけに過ぎない。

(米国ダウ日足チャート)
だう
前回、トランプが大統領令を連発して反感を買い、さらに米中会談やらシリア・アフガン攻撃でデモンストレーションをやらかし、北朝鮮に対する軍事介入のブラフを打ったとき、ダウは約2ヵ月間調整したわけだが・・・今回、9月のFOMCまで約40日間あることを考えると、それまでは調整する可能性がかなり高いのではないか?と思う。

今の米国経済は、企業業績は良好だったものの、個人消費が伸び悩んでいることで微妙な位置にある。FRBは12月の利上げに慎重にならざるを得ないだろうし、さりとてテーパリングは、債券市場の過熱感を考えると9月に導入する公算が高い。マーケットが動くとすれば、8月の雇用統計なのだろうが・・・。
その意味ではここから上値を奪回するよりも、調整した方がリスクは軽減出来るというもので、今回の「北朝鮮リスク」と言われるものは、容易には収まらないだろうね。いまのところ、それだけがマーケットの調整要因なので。

(日経平均日足チャート)
にっけ

さて、そうは言っても、FRBの動向を考慮すれば、現在の円高傾向はなかなか収束する気配はない。すでに¥110割れは下期の企業想定平均¥107~¥110の領域に突入したことを意味し、ここからさらに円高が進むとなると、当然大きな「売り要因」になってくる。
少なくとも木曜の米国市場下落で日経平均CFDは、¥19,400前後まで持っていかれているわけで、月曜の寄り付きで、特大のアイランドリバーサルが確定してしまう可能性が非常に高い。従って、北朝鮮情勢をこのまま問題視され続ければ、前回の下値¥18,200前後を意識されるようにもなりかねない。
少なくとも上値の膨大なシコリはおいそれと解消できるものではないわけで、後は為替が反転してくれることだけが、日本市場の命綱となった。

(ドル円日足チャート・シカゴドル円先物)
どる円
doruenn
ボックスの下限に到達しつつある円ドル。だが、今回ばかりは抱えている材料が良くない。7月米消費者物価が低調に終わったこと、実需で円買いが多い8月ということ、そして積み上がった円ショートの建て玉の状況からしても、相当な円高圧力がかかっていると見るべき。これは非常に厳しい状況で、野村が指摘するように9月までにドル円¥100割れも現実的な予想なのかもしれないね。

となれば、日本株は調整局面に入ると考えざるを得なくなった。もちろん、隣国である北朝鮮がこのまま吠え続けるならば、拉致問題の落とし所もあり、また日本はミサイル防衛に関して全くの裸同然であるという事実を露呈してしまった以上、海外投資家が日本株を買う理由は今回の騒動ですっ飛んでしまったのかも。

株式は、割安だからといっておいそれと買えるものではない!証券関係者、アナリスト、等々。ついこの間まで日経平均は¥21,000、¥22,000を目指すとして煽りに煽っていた論調は一発で影を潜めて、今は盛んに「北朝鮮リスク」に言及している。 この節操のない変わりっぷりは一体なんなんだ?と思うだろう。それほど、株価の将来予測など不可能であるし、また意味のない行為であると、素直に受け取っておいた方がよさそうだ。

個人的なことで恐縮だが、「毎日下がると言ってればいつかは当たる」と揶揄されたが・・・。俺自身株価を予測してそれが当たったから凄いとも思わないし、当たらなくても何も感じないわけで、重要なのは目先の状況を如何に分析して自分なりのポジションを作るか、と言うことだろうと考えている次第。
さて、こんな状況になって、来週8月18日(金)の日経平均株価は・・・
--------------------------------------------------------------
日経平均株価:¥19,200(8月18日引値)
ドル円」¥108.50

--------------------------------------------------------------
と予想する。
  ---------------------------------------------------------------------------------
株太郎が選んだ日本株短期投資のバイブル。お陰さまで続々ご入会いただいてます!板読み、建て玉のテクニックを身につけることができる信用取引必須の教材。これが一番の早道かも。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
----------------------------------------------------------------------------------

小型株は銘柄選択がすべて。買いオンリーの信用銘柄は動けば大きく獲れる可能性大。けれどどの銘柄がいつ動くの?それが唯一最大の問題だから・・・
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】