結局昨夜の米国景気指標は、個人消費支出を除いてあまり芳しいものではなかったな。

21:30(米) 4月 個人消費支出(PCE) [前月比]0.0% 
(0.3%)
0.4%0.4%
21:30(米) 4月 個人所得 [前月比]0.2%0.4%0.4%
21:30(米) 4月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]-0.1%0.1%0.2%
22:00(米) 3月 ケース・シラー米住宅価格指数193.49 
(193.50)
195.39
22:00(米) 3月 ケース・シラー米住宅価格指数 [前年同月比]5.9%5.6%5.9%
23:00(米) 5月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)120.3 
(119.4)
119.8117.9

そして今夜の(米)5月シカゴ購買部・・も弱含み。
 
22:45(米) 5月 シカゴ購買部協会景気指数58.357.055.2
23:00(米) 4月 住宅販売保留指数 [前月比]-0.8% 
(-0.9%)
0.5%-1.3%
27:00(米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)N/AN/AN/A

こうきて、米国景気は流石に斑模様になってきてることがうかがえるぜ。それらを受けての米国ダウ、ってことで今夜は売りが先行してるわけだ。

個人消費支出がコンセンサス通りになったということ、そして他の指数が弱含みであることを考えれば、米国経済はやはりインフレ傾向が止まらない状況と言う感じ。だが、年初来弱含んだ米国経済が、消費以外に回復してこないということは・・・このインフレは「悪性」だろう?少なくともこれで雇用統計が弱かったりしたら、ダウは一斉に崩れる可能性も出てきたよな。

こういう傾向が、景気指標で出始めたということは・・・やはり俺の2015年ピークアウト説ってのは正しいのかも知れんぞ!(売り建てポジがないので、悔し紛れなんだが・・・苦笑)
相場がこういう状況で、今夜あたりもう一つトランプ関連でネガティブな情報が出ると、非常にいやらしい相場つきになる。WTI原油もまたぞろ、下値を追い始めてるしな。

まぁでも、それよりも厳しいのは為替が直近の下値を割ってきてること。先ほど¥110.53まで突っ込んでの¥110.68(23:40pm)ってのはきついな。
今夜は自信を持って下げを予想するし、明朝はGDスタートに違いない!
なぜなら、俺が手仕舞いしたからさ(苦笑)

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】