カテゴリ:
共同通信のスクープ記事
東芝、さらに数百億円の損失か
  原発子会社の事業価値見直しで


ウエスチングハウスに関しては前期決算で特損を計上しているはずだが、なぜかまた事業価値、資産の見直しをやると・・・。だいたい東芝は、買収した企業全部に関してやったほうがいいんだよ。というか、やらないとダメ。みんな同じようなことになってるのは、確実と思われるからな。
toshiba080220

で、今回のこのスクープは、S&Wののれんを大幅に損失計上する、ということから始まってる。あれだって、もしもスクープされなければ、発表したかどうかは微妙だと思うぜ。たぶんお化粧して差し障りにないレベルでの計上になっただろうな。でも、バレタからな。
そして、だいたい今回の買収劇を仕組んだのはWHなんだろ?そこに非常に暗い部分があるとみてまず間違いない。俺はWHの損失の飛ばしをS&Wにやったとみてる。このWHは、そもそも買収時の査定がとんでもないもので、これに関しては粉飾決算が露呈した後に追求されたわけだが、本当の損失はそんな部分じゃないってことだよ。

2年前、WHに関して「今後2年間で1兆円以上の損失が出る可能性がある」と証言していた社員もいたんだ。それを情報サイトで見かけて、日本語訳したりして読んだことを覚えてる。それで、今回数千億円という数字が出てピンと来た。これは飛ばしだってな。
だが、肝心のWHもさらに損失があることは間違いないところだ。それを精査してくれと、おそらくそういうことは銀行の支援条件なんだろ。当たり前だけどな。

これで、東芝がやろうとしてることは、まず3600億の自己資本は割れる。なので、増資をするしかないんだが、何度も言うように劣後の転換社債を銀行に引きうけてもらうしか方法がないだろうな。事業売却とかもいろいろ考えていると思うが、もうそれほど売れる事業はないだろうし。いまの東芝は総合電機企業でも重電企業でもなくて、フラッシュメモリ1本の半導体屋だからな。
あとは利益の出ない事業ばかりだ。

そこで俺の考えでは、まず、今回WHの特損を追加計上するとして、それでもまだ足りないんだろうと思う。今回謀らずもWHがS&Wを買収するのに、現在進行形で決着のついていない交渉・訴訟問題等、将来の損失の可能性のある問題等々については、考慮せずに買収契約をしている。つまり買収後に生じた(表面化した)損失はすべて東芝が負担するという異常な契約(瑕疵担保契約)なんだよ。これ、たぶんWHの買収も同じだったんだろうな。そして、その他の企業買収も同じ条件付きなのかもしれない。

となると、これはいつ爆発するか分からない爆弾を抱えているようなもんだぜ。しかも、まだ東芝には思い切りのれん償却もあるし・・・。銀行は安易に支援を了承したんじゃないというのは、シャープの事例を見ても明らかだしな。地方の営業所の僅かな土地・建物まで担保取ったくらいだから。
今回、東芝は全部出すわけないし、出さなければ相当にヤバイことになりそうだし・・・。東芝株を買いで勝負するのも結構だが、そういう企業だって頭の片隅に入れてやったほうがいいね。はっきり言って投資じゃないよ。東芝株は博打だぜ。
(この記事は個人的な推測記事であって、風説の流布、誹謗中傷を目的としたものではありません。)
 

200本超え!調子でてきました!YOUTUBEドン引き動画集
【 WET BLANKET 】 
相場のストレスはこれで発散!
毎日複数本更新! 
動画厳選50本超え!YOUTUBE元気が出る動画集
【Feel So Good】
こちらのほうがストレス発散出来るかな!?^^)
絶好調!株式投資ブログby株太郎
【株・愚痴の裏道】
禁断の本音が覗きまくり!?アクセス急増中。