カテゴリ:
d0252916_982761
これも株式投資とは直接関係ないが・・・余りにもムカつく記事だったんで。

沈黙を続けるボブ・ディラン氏は「傲慢」ノーベル賞委員が避難

たとえば自分と関係ない組織や人物から、「賞と賞金をあげる」といって指名さらたらどうよ?
それが俗に言う「名誉ある賞」「権威のある賞」ならば、大半の人は歓迎するだろうけど。賞金(約1億円)もでるしな。
でも、喰うに困らないカネを稼げてて、自分を歴史に残そうという野心でもなければ・・・そんなもの俺と関係ないじゃん、といって断っても不思議じゃない。
7281
世間は大騒ぎでノーベル賞受賞なんてことになると、国中が騒ぎたてるこの日本だから、考えられないのだろうし、村上春樹みたいに喉から手が出るほど欲しくても貰えない人からすれば、辞退などとんでもないことなんだろうけど。

だか、勘違いしないでくれ。ボブ・ディランは「無視」してるんだぜ!

なんてカッコいいオヤジなんだよ!

ノーベル賞受賞を自らの意思で辞退した人物はいままで2人しかいない。
LeDucTho1973
1973年 平和賞 レ・ドク・ト(北ベトナム政治局員)
ベトナム戦争の停戦にむけてアメリカのキッシンジャーと交渉を重ね、パリ協定にこぎつけたとして共同受賞となったが、現実には停戦協定が遵守されていない実態もあって拒否。実際停戦になったのは、1975年のサイゴン陥落だった。
UGImLUyCCM
1964年 文学賞 サルトル(フランス哲学者)
「すべての賞を辞退している」という文面の手紙をスウェーデン・アカデミーに送ったが到着したのは授賞式の後だったらしい。

その他4名は政治的な妨害等により受賞が敵わなかった例だ。
1958年 文学賞 パステルナーク(ソ連、ドクトルジバゴの著者)
ソ連共産党の圧力
1939年 化学賞 ブーテナント
    医学生理学賞 ドーマク
1938年 化学賞 クーン
以上3名はナチスの圧力

だが、ノーベル賞の長い歴史の中で「無視」した例は一度もないんだよ(笑)
_91895916_dylan1_afp
7662243224_d1b0af3c96_zボブ・ディランの文学賞受賞に関しては、世界中で様々な意見が出てるよな。もちろん称賛する声も多いが、文学賞に値するのか?という疑問の声も多いらしい。確かに、俺だって文学賞と聞けば、違和感バリバリだからな。グラミー賞じゃなくてノーベル賞だからな。
だが、長い歴史を経て、ノーベル賞の権威は絶対的な地位を獲得してるよな。スウェーデン・アカデミーも、世界中も、その権威を崇めてるしな。
そうしているうちに、スウェーデン・アカデミーは、ますます傲慢な組織に変わった。勝手に候補者を選んで勝手に決めて勝手に授与する。当たり前のようにね。
もちろん、それでいいわけだが・・・

指名された側は自分が知る前に世間が騒いでる、見たいなことになる。自分が何も意思表示をしていないのに、アカデミーも世間も勝手に「受賞するのが当然」という立場で騒ぐ(受賞するかしないかなど、問題にもされない)。つまり、傲慢なんだよ。

たとえばボブ・ディラン。普通に活動も続けてるし、グラミー賞、アカデミー賞、ピューリッツァー賞、大統領自由勲章まで普通に受賞してる。ってことは、多分、この人、ノーベル賞の尊大な、そして傲慢な態度にヘソ曲がったんだろうな。
「俺の音楽を勝手に解釈すんなよ!」って感じかも。
たとえば美空ひばりにノーベル平和賞決定!なんてなったら、美空ひばりは受賞したかな?ってなもんで・・・。本人の違和感も半端じゃないだろうし。

だが連絡が取れないスウェーデン・アカデミーは遂に「傲慢だ!」と非難しちまった。75歳のオヤジのヘソはますます曲がっちまうぜ!
アカデミー賞は傲慢だ。世の中の傲慢な権威に屈するじゃねぇ!
無視してるボブ・ディランをカッコいいと思うのは俺だけじゃないだろう。


【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
私事で恐縮だが・・・22日記事
株・短期の花道(新作)
10バガーの可能性20日記事
株・修羅の道(メインブログ)
ボブ・ディランが傲慢!?どっちがっ!22日記事
任天堂の急落で感じること22日記事
日本株を読め!
【10月22日版】レンジ相場を突破!
いま、そこにある危機【10月16日版】
過剰流動性の限界 前編
過剰流動性の限界 後編