カテゴリ:
来週は20・21・23日の3日立ち合いだ。そして21日にはお昼に日銀政策決定会合の内容が発表になって後場は荒れる。そしてその晩(翌3:00)には、米国市場のザラバ中にFOMCの結果発表だぜ。そして22日は休場、すべては週末の23日に結果を享受しなければならない。
そこに欧州金融機関危機という厄介な問題が絡んできそうな雰囲気になった。これはとんでもないことになったな。
640x-1
(ドイツ銀行本社ビル)

まず週末の日本市場は、終始買い優勢の展開だった。流石に日銀のETF買いはなかったが、海外勢のショートカバーが終始相場を牽引する形で¥114高。その結果、先週の予想とドンピシャの¥16,519(予想は¥16,500)で大引け。たった¥19の誤差というのも凄いと我ながら思ったり。しかも、

日本株を読め!【2016.09.10】岐路に立つ金融政策

の内容はほぼドンピシャで、俺としては会心の予想となった。それだけに今回はプレッシャーを感じてるんだが(笑)

いずれにしても、日銀「マイナス金利深堀+長期国債購入抑制」はやってくるだろうし、FRB「年内利上げ」と改めてアナウンスしてくる程度だろう。この線はかなり確実に固まってると思われるし、この地合いでサプライズな政策は無理なのは当事者が一番よく分かってることだからな。
恐らく日銀は来週の会合での「株価の下落」を相当に意識してる。それがために、ETF買いオペを9月に6度も行って株価を支えてきた。しかし、ドイツ銀行問題が改めて意識されると、それらの政策は水泡と化す可能性が非常に高い。この状況では、日銀が長期国債の買いオペを手控えても、マイナス金利を深堀してしまえば、イールドカーブのフラット化は止まらない可能性が高い。しかも、マイナス金利の導入は金融機関にとってネガティブであるからこそ、欧州のこの状況があるという理解になると、あらためて金融株が売られる可能性が高い。

この辺りの問題は非常にデリケートで、一概にこうなる、とは言えない場面が多い。たとえば今週の俺の経験でいうと、8750第一生命は長期国債金利の上昇場面では「運用環境改善」といって恐ろしい買い物を集めたが、翌日には金融政策の全般的な不安から前日の上昇をあっさりと否定するという荒っぽい動きになった。だが、欧州での金融不安が影響してくると、日本国債はむしろ買われる方向が予想され、ますます運用環境は悪化する事態も予想される。
またメガバンクは金曜に大きくショートカバーされて反発したが、これはあくまでもポジション調整の一環だったと思われる。

さて、米国ダウは、ドイツ銀行不安の影響もあり、また景気指標の悪化を徐々に織り込む形が現れて、$18,123(▲$88安)となった。そしてドル円は9月利上げ見送り観測で一時¥101.76まであっての¥102.33。大きく積み上がった円買いポジの調整が行われているのもうなずける。
(ダウ日足チャート)
dau16
15日に大きく反発したダウも三角持ち合いをブレイクすることなく▲$88の$18,123で引けた。その結果持ち合い継続で、$18,000が意識される展開継続。下落方向の三角持ち合いは下方ブレイクの確率が極めて高いこと、欧州金融不安が足枷になることから来週はもう一度$18,000を覗きに行く可能性がある。もちろん9月の利上げは完全に消えたわけではなく、「利上げ」となれば、持ち合いは確実に下方ブレイクすることになる。

(日経平均日足チャート)
nikki16
日経平均は上値と下値を切り上げながら、上昇する所謂上昇フラッグの形にある。これは日銀の執拗な介入によってつくられた官製相場の影響によることろが大なのだ。そしてこの形もまたブレイクする方向に大きく動くと言われているが、現在の位置は下方ブレイクを暗示している。

日米ともに、株価は微妙な位置にあるが、ここで来週に欧州金融不安がクローズアップされてくるような動きになれば、日米当局の政策如何に関わらず、下方圧力が強いと見る。特に日本の場合、マイナス金利深堀は欧州の状況からして非常にネガティブな政策としてとらえられるだろうな。少なくともメガバンクは牽制の意味で、口座手数料の導入を早々と表明している。こうしたことが、国内の個人消費に与える影響は決して無視できない。

現在の日本経済の有り様からして、マイナス金利導入(深堀は、個人消費を益々抑制してしまうという一点でデフレ政策のように映るがな。一連の金融緩和によって国民の利子所得はどれくらい失われたのか、検討の余地があるだろう。

来週は大荒れの3日間となるのは必至の情勢だが、9月23日引け値
日経平均¥16,200
ドル円¥101.00
を予想する。
 

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
やってらんねぇよ!16日記事
株・短期の花道(新作)
9月20日(火)は手出し無用!?16日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【9月10日版】
岐路に立つ金融政策

いま、そこにある危機【9月11日版】
長期金利上昇と株価

A&F (16日記事
TVに真実はない!
あなた、有名人ですから (15日記事
レンホー参議院議員・民主党党首 唖然!