カテゴリ:
安倍政権の景気対策は28兆円だそうな。そのうち真水(GDPに換算される政府支出)は、地方も合わせて約7兆円で、今年度執行分は3兆円だそうで・・・。後は財政投融資が6兆円、民間融資も含めた貸付が約15兆円あってもちろん、その中にはJR東海のリニア工事に対する貸付約3兆円も含まれます。
真水が僅かに3兆円では、デフレギャップ約7兆円~8兆円さえ埋められず・・・実質的なGDPの成長率は計算上プラスに転じないよ。

こんな景気対策ってありなのか?だいたい発表前から「赤字国債は発行しない」なんて言ってたし・・・。民間企業になったゆうちょ銀行から強制的に資金を出させたり、だまって年金を使ったり。そうした財政投融資の融資先は、全部特殊法人だったり。もう、景気対策には程遠い内容だぁ。こんなの、景気対策言わないで、補正予算でいいんだよ。景気対策は真水の部分だけ。今年度3兆円、来年度4兆円、って言えばいいのにな。これなら赤字国債なんか、要らないね。

で、内容からすると、財政政策の効果は全くなし。こんなインチキをいくらやっても、日本経済は良くならないぜ。良くならないどころか、落ち込む一方だろ!なぜならこれで、デフレ脱却はほぼ不可能になっちまうっからだよ。

8227しまむら、とかドラッグストア系の業績が好調なのはデフレの証じゃんか。日本経済が好転するという政府の話に騙されて高額シフトした2702マックHDも9983ファストリなんか、政府の騙しにのっかったツケを払わされてるよな。

とどめで最低賃金¥24アップって、国民をバカにしてるとしか思えんな。

まったくやる気あんのかねぇ・・・

そこに日銀はETFの増額を持ちだした。年3.3兆円を6兆円に増額するって、株価対策以外に何か意味があるんか?代替毎月3000億円もETFを買い続けてて、日本株はダラダラ下がってる。今度は毎月5000億円買うのね。月に立ち合いが20日として毎日250億円。中国じゃないんだから、そんなもの買ってどうするの?という感じ。アベノミクス初期の頃、日銀が1発目のバズーカをぶっ放した時、海外勢は1年で17兆円も買い越した。それをいまはバンバン売っていて逆張りしてるのが、GPIFと日銀と個人投資家かぁ・・・。結局日本市場のボラがどんどん無くなってしまうだけって気がするんだよな。

しかも、ETF買いは実体経済にまったく影響しない。つまり、見せかけで騙しの財政政策を安倍政権が繰り出したから、協調という名の日銀の回答がこれって・・・。要するに無視かよ。ほとんど、何もしなかったってことか。

早晩、海外勢も気が付いて・・・いやいやもうレポートかなんかが出てきてる頃だからな。「日本株投資はアンダーウエイト」みたいな内容が出回ると、上がり目も無くなっちまう。
今回の安倍政権の景気対策は、今回だけはもうマジで失望だぜ。

円高になるな。¥90くらいいっちゃってもおかしくないぜ。正直、調べれば調べるほど、失望感に満たされたよ。こりゃ「売り坊」は当分継続だぜ。

【株太郎 株式投資ブログ3部作】

株・愚痴の裏道(新作)
ウキウキの1日が・・・30日記事
株・短期の花道(新作)
8月1日・来週は軟調を予想して30日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!7月23日版
いま、そこにある危機!7月24日版
あなた、有名人ですから(26日記事
石原伸晃 4
A&F 苦し紛れ・日銀(29日記事
政府の圧力にお茶を濁す