20160718-00000051-jijp-000-view
(ARM買収を発表する孫社長)
孫社長の経営には、ある一定の原則があるよな。それは、「動かなければ、何もしなければジリ貧になって落ちる、または潰れる」という危機的状況だ。動きを止めたらそうとうヤバイ、という状況が常に付きまとってるんだよ。いままで、いつだってそうだった。ボーダフォンを買収したときも、そしてスプリント買収も同じ。そういえば大昔、米国のキングストン(メモリーメーカー)を買収して大失敗したときも規模は違えど同じような状況だったな。

だが、キングストンの時はYahooで奇跡を起こしスプリントはアリババで奇跡を起こしてる。Yahooは結局1億円の出資が1000倍になりアリババは20億円の出資が5000倍になった。まさに奇跡の人だよ。こういう人ってのはほとんどマジシャンのように、というか神のように崇められるけど、実際の投資行動は凄く理にかなってるというか、いつだって20社、30社と出資してじっと大化けするのを待ってるんだよな。ほとんど低位株投資みたいなもんだ。昔、ソフトバンクの投資を調べた事あるけど、大化けする確率は確か3%くらいだったと思うけどな。
ARM-Cambridge
(ARM本社正面)

とにかく今度は財務余力のない中、英ARM3.3兆円で買収すると発表した。年間売上1000億円台の企業に3.3兆円だぜ!
ARMというのはマイクロプロセッサメイカーだ。PC・サーバー系のx86/64はINTELの独壇場で、スマホ・車載・家電系はARMなんだよ。これもね、将来はどうなるか分からない。INTELもこのまま黙って見てないだろうし。ただし現状ではスマホなんかほぼARM系が独占してるんだよな。そして今後はIoTが爆発的に伸びると、ARMの業績も飛躍するという読みが孫社長にはあるんだろう。

けれどIoTって意外に伸び代が少なかったりするんだよな。あとは車載狙いかな?総合制御という観点ではx86/64系が強いんだが、これもなかなか未知数。センサー類の制御ならARMで十分だろうし・・・。
Cambridge_ARM_building_panorama
だがその結果、ソフトバンクはえらいことになるんだよ。つい先日も副社長のアローラ退任問題で揺れたばかりのソフトバンクだが、どうも米国のスプリントの調子も思わしくなく、国内のスマホ事業も値下げ圧力が相当に高まってるし、かなり厳しい状況で、実質負債は約15兆円前後と言われてる。そこに年間売上1000億円台のARMを連結したところで、3.3兆円じゃのれんの償却が増えるだけ。
グループの実質負債額は約18.5兆円と、世界の借金王みたいになっちまった。

ソフトバンクの今期予想は
売上10兆円 営業利益1.2兆円 経常利益1.5兆円 純利益0.88兆円
総資産約20兆円 有利子負債12兆円(実質15兆円)
(うちアリババ株約7兆円保有)



孫社長の狙いはもちろん、「大き過ぎて潰せない会社」にすること。米英の企業を参加にもつグローバル企業だからな。もう潰せないよ(苦笑)

だが・・・「やっちまった」ってことだろうな。裏を返せば何かあったらすっ飛ぶ会社の筆頭ってことだからな。リスクだけは確実に増えてるね。

株太郎 株式投資ブログ3部作 スタート!
株・短期の花道(新作・18日スタート)
個別銘柄研究とか、明日の狙い目みたいなのを
書いて行くつもりだ。結構多更新になるかも。
美味しい売りネタなんじゃないのか!?(18日記事)
株・愚痴の裏道(新作・18日スタート)
ストレス爆発!ってことで、少々過激に
喜怒哀楽を書く・感情論っぽいブログです。

あなた、有名人ですから(18日更新!
厚切りジェイソン ウザイ!
A&F トルコの民主主義は失われた!(18日更新!
独裁政権の誕生!