カテゴリ:
reutersmedia
今日の日本市場も半値戻しを達成したところで利食いがセオリー。そして欧州にしても米国にしてもどう考えても利食いが出ないとおかしいと思える(まぁ、ポジショントークなんだが・・・)。

ドイツ、フランスは幾分売られもしてるんだが、当事者のイギリスは高値を付けて、一旦緩んでから再度高値へ向かい始めた。流石にDAXが離脱の影響が大きいのと、金融不安もささやかれはじめてるので、上昇はうち場だが、それでも1.44%と日本市場並みには上昇している。
これ、日本の場合はPKOの結果ようやく上昇なんだよ。それに比べれば市場は健全と言えるかも。
そのPKOなんだが・・・

GPIFは市場のことを気にしてるというよりも、6月末のドレッシングの意味合いが非常に強いのよ。たとえば日経平均¥15,000と¥15,600では、運用成績はまるで違ってくる。要するに、3月末の日経平均株価は¥16,758だった。そこから¥15,000では11%以上保有株式が棄損することになる。そりゃ膨大な金額だろ?そして、わざわざ選挙後に発表する3月末での運用成績も芳しくないわけだから、なんとか日経平均を上げたいというのは、分かる気がする。

だが、そうやって出来高を伴わずにかなり人為的に上げるというのは、裏を返せば(何か理由があれば)簡単に元の価格に戻るという意味だぜ。だからこそ、下値で買ったなら今日の売りは懸命じゃないかな。持ってれば明日のGUが取れたのに・・・というのは結果論だな。

あと15分ほどでダウが寄りつく。とりあえず上値追いはするだろう。けれども、今日発表になった個人消費支出個人所得も、ほぼコンセンサス通りの数字で、あまり強いものはでなかった。ということで、上値を買い上がる理由は希薄なんだよな。ならば、利食いが出て、「十字線」くらいの展開なんじゃないか?

まぁ、この際欧州はどうでもいいかと。あそこは時々訳のわからない動きになるし・・。勝手にやってくれと。その代わり欧州危機なんてなっても知らんぜ!自業自得だからな(苦笑)

 



あなた、有名人ですから(25日更新!
百田尚樹
あなた、有名人ですから(26日更新!
鳩山由紀夫
A&F イギリス(24日更新!

EU離脱の背景
新登場!ロンリーワン(19日更新!)
デスクトップ2
極道猫<隼人>(第42話)(27日更新!
転生