日経平均 ¥16,666(木曜引け値)
CME日経平均先物 ¥16,295(円建)
CME日経平均先物 ¥16.350(ドル建)
日経平均CFD ¥16,289(7:20am)

ダウ $17,830(▲$210)
NASDAQ  4,805p(▲57)
VIX 15.22(+10.53%)

ドル円 ¥108.13(7:20am)
WTI原油 $45.76

日銀政策決定会合で「現状維持」となって急落した日本市場の影響は、米国市場に伝搬したな。欧州は切り返したが、ここも今夜辺りはデカイ陰線となるだろう。だが、昨日の日経平均、そしてダウは急落して当たり前の相場だったよな。スッポンショックじゃないと思うぜ。

たとえば昨日、日銀が追加緩和をしたら恐らく急騰しただろうけど、直ぐに利食いが始まったはずだ。それで結局同じような株価になったような気がするよ。それもこれも全部
「クジラ買いの罪」だって。
あの4月12日¥15,700水準から始まったクジラ買いで、わずか3日間で¥16,900まで引き上げられた日経平均。そして18日は大陰線を引いて¥16,200台まで引き摺り下された。だが、このタイミングで多分、日銀の緩和観測が出回ったんだろうな。海外勢は「買い」に転じたわけだよ。この場面、青くなったのはショート勢でな、まさかクジラはこの局面では買って来ないと思ってたんだろうよ。なぜなら、ドル円が円高方向になるのは既定路線だったからだ。そこを捲くられたんで、熱くなったわけだよ。

nikkei28小

実際為替のポジションからしても、3日で¥3円も捲くられると血の気が引くわな。そこに「日銀追加緩和」なんていう情報が入れば、流石に株だってショートカバーせざるを得ないそんな動きが重なってファンダメンタルズは悪化しているにも関わらず海外勢も買い付いたわけだ。それで¥17,000を確保して日銀の政策決定会合を待ったんだな。けれどもこのタイミングで決定的なダメ男が出現した。そのダメ男とは、GPIFの高橋理事長だ。
世界最大のファンド運用責任者としての自覚が全くナシ!このアホがロイターのインタビューで「ポートフォリオを見直さない」ときっぱり言ってしまったわけだよ。要するに「運用の手の内を明かす」という絶対にやってはいけない禁じ手をペラペラとしゃべる・・・。クビだね、こんなダメ男は!

インタビュー:マイナス金利、
効果発言で金利上昇=GPIF理事長


GPIFと言えば年4回の運用成績報告を年1回にするとか、今回も1-3月期の運用成績発表を然したる理由もなく「参議院選挙後」にずらすとか、ふざけたことをやったわけだが・・・もう、最低最悪の態度以外のなにものでもない。
高橋小

これで海外勢は日経平均¥17,000台が戻り高値で、¥18,000は無いと読んだと思うぜ。変な買いで巻き返されたが、どう考えても今の日本株を買っていいはずがないと思ったに違いない。だが問題はあのブルームバーグの日高レポートが出たことで、個人投資家のマインドが「買い」に傾いたことだって。勿論、アホな評論家もアナリストも一斉に「日本株は買い」を連呼した。そんな煮詰まった状況で昨日のスッポンバズーカを待ったわけだよ。あの時点(発表前)では・・・
海外勢:売り
個人:買い
国内機関・中立

というマインドだったと思うよ。
そこで、「現状維持」と来た!当然大いに盛り上がった個人投資家の期待は失望に変わるし、海外勢はさっさとアルゴ発動だって。

(その2へ続く)
 

<あなた、それちょっとおかしいですよ!>
あなた320×57

<例外・騙し・嘘 現代日本の矛盾を斬る!>
バナー320-57

<懐メロロックのライブ動画なら 毎日配信中!>
youtube-horz