ようやく少し落ち着いてきたねぇ・・・。
これで引けまで考える余裕が出来たかな?

しかし・・・まさかのスッポンバズーカ不発!これが最大のサプライズだったんじゃないか?
でもこれが一番無難な選択だったことは間違いないよ。この程度の下げで済んでるのもまだ、日銀が最後の手段を温存したから。これでもしも「パナマ文書」で火が付くようなことにでもなれば、ここで政策を出しつくしちゃうと、目も当てられない結果になりかねんからな。まだ日銀も死ぬわけにはいかない!

と言うことになって、市場としては完全にサプライズ扱い。梯子を外された格好の外資とか、今頃「ブルームバーグはガセじゃねぇか!」と怒り心頭かも(苦笑)。買い転換といってもポジション調整だった可能性もある。こうなると、先日のGPIFの高橋理事長の発言が仇に!普通ファンドの運用者がインタビューで手の内を明かすような発言はしませんよ。これも大した奴じゃないね。小物でしょうね。
なので、日本株はジワジワと売られますよ。


これをきっかけにまたぞろ、海外勢は売ってきますぜ。今度は本格的に来る。日経平均のドル建てチャートをみると売りでしょ。いまなら、いまのドル円との兼ね合いなら十分に益出しできるからな。
これで流石にドル円もジワジワ円高だろう。
それを見越して売り建てるのが正解かな?

少なくとも俺は買えないけどね。