おはようございます^^

昨夜のダウは、$16,726の高値をとったあと利食いされたという感じ。原油高にもかかわらず、引け値は$16,516(▲$123と下落した。ここにきて、相場にも変化が出始めたような雰囲気。原油はもう材料にならなくなってきてる? サウジが産油国と協議するという報道もあるが、シェアの不可侵みたいなそんな談合でも企ててるんだろう。産油国の財政状況からして減産は見込めない。

そう言えば、中国が銀行預金準備率を引き下げたが、この状況では金融緩和は焼け石に水。ますます負債が増加するだけでさしたる効果は期待できないね。バブル崩壊局面での金融緩和は、債務維持(利払い)のためだけに効果があるんだよ。

さて、「相場の変化」という意味では、日本市場も為替との相関がかなり変化してきた。財務相が発表した2月の為替介入状況では、あの急激なドル円の変化は、少なくとも財務相の介入ではなかったらしいね(となると日銀のレートチェックの可能性が非常に高い)。この発表を受けて、円買いポジは元気出ちゃうんじゃないか?
昨日¥113.85まであったドル円は、現在¥112.25(7:57am)近辺で推移。相変わらず為替のボラは大きい。
がしかし、CME日経平均先物は¥15,985。
つい先日まで¥112=¥16,000という水準できて、このレートを参考に株太郎の定理としたんだが・・・。
もはやその相関は通用しないな。

ダウの引け後(日本市場寄り前)に、一段と円高傾向が進んでるということで、輸出株を中心に苦戦しそう。ドル円だけでなく、そろそろ欧州もECBの金融緩和ムードが出てきてるんでユーロ円も円高へ。
自動車関連株は売られるのかも。マツダ、ダイキン、辺りね。

世界の株式市場は、揉み合い突入。ダウも先高観が出てこないとなかなか上値を獲り行きづらい展開。日本市場はもっと混沌としはじめたよな。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5638713453368758"
data-ad-slot="4261521023">


さて、「相場の変化」という意味では、日本市場も為替との相関がかなり変化してきた。財務相が発表した2月の為替介入状況では、あの急激なドル円の変化は、少なくとも財務相の介入ではなかったらしいね(となると日銀のレートチェックの可能性が非常に高い)。この発表を受けて、円買いポジは元気出ちゃうんじゃないか?
昨日¥113.85まであったドル円は、現在¥112.25(7:57am)近辺で推移。相変わらず為替のボラは大きい。
がしかし、CME日経平均先物は¥15,985。
つい先日まで¥112=¥16,000という水準できて、このレートを参考に株太郎の定理としたんだが・・・。
もはやその相関は通用しないな。

ダウの引け後(日本市場寄り前)に、一段と円高傾向が進んでるということで、輸出株を中心に苦戦しそう。ドル円だけでなく、そろそろ欧州もECBの金融緩和ムードが出てきてるんでユーロ円も円高へ。
自動車関連株は売られるのかも。マツダ、ダイキン、辺りね。

世界の株式市場は、揉み合い突入。ダウも先高観が出てこないとなかなか上値を獲り行きづらい展開。日本市場はもっと混沌としはじめたよな。
GMOクリック証券