結局ダウ$16,639(▲$57、プラスでは終われなかったな。
WTI原油は$34.66まであって結局値を崩して$32.88になり、これがダウを押し下げた。
ナスダックはプラス圏維持、S&P500は小幅なマイナスなんで、地合いがそれほど悪化したとは思わないけどな。
だが問題なのは日本株だよ。
現在為替が¥113.99と大幅に円安が進んだにも関わらず、CME日経平均先物は僅かに¥16,320だ。
これ、株太郎の定理で計算すると
日経平均=16000+400×(113.99-112)となって、¥16,796の水準のはずなんだが・・・。
こりゃいくらなんでも弱い。弱過ぎる。
って、それだけ円買いポジが強烈なんだろう(ボロボロに踏まれてるけどな)。

しかし、ドル円の動きは大荒れだよな。FXはストップロスの嵐じゃないか!?
¥120台から¥110台へ急落、そこには介入らしき動きもあって¥112へ。そして円買いポジが積もったところで、いきなり¥113.99って・・・。株式以上に凄い動きしてるよ。大荒れの主役は一時為替相場に移ってる感じだね。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5638713453368758"
data-ad-slot="4261521023">


というわけで、これ以上地合いが荒れなければ、¥113.99と¥16,320が歩み寄るような動きになるんじゃないか?少なくとも、昨日後場の下げは完全に否定した形にはなった。だがG20後の相場を見なきゃ、何とも言えないよな。

だがダウはちょっと違うぞ!昨年の10月と同じような動きのチャートだが、その時は利上げは9月、10月ではなくて年末という事情だった。今回は、3月かもしれないという言ってみれば去年の8月頃の状況になってる。ということはつまり、明確に3月利上げに関する決定がなされなければ、このまま弱い地合いを引き摺る可能性が高いと言うことなんじゃ?なので、ここらで一旦日足チャートは腰折れると俺は見るね。
シェール企業のデフォルト懸念記事も出始めた。
G20がこのまま中国言批判に終始するようなら失望売りってこともある。
なのでFOMC日程の15日~16日あたりまでは、軟調なような気がするんだが・・・。
GMOクリック証券