G20での中国の人民元切下げしないとする発言、そして米国GDP改定値の大幅上方修正を受けて、ダウは高く寄り付いたが、それよりも急激に円安に傾いた!
それだけではなくて、米1月の個人消費支出が予想を上回り、さらに個人所得も上回って、米経済の復調を大いにアピールする結果に。

現時点でドル円は¥113.70(0:06am)だ。

こうなると、株太郎の定理では、


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5638713453368758"
data-ad-slot="4261521023">


日経平均=16000+400×(113.70-112)=¥16,680

の計算だ。
しかし、ダウはその後、3月のFRB利上げ懸念が急速に台頭して、現在EVENの水準まで下落してる。
市場は、恐らく利上げを嫌うだろうが、それでもプラスで引けるんじゃないか、と予想。

いよいよ来週は相場が荒れそうな雰囲気になってきたな。
やはり、大人しかったのはG20までだったな。


風雲急を告げる展開だぜ!


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5638713453368758"
data-ad-slot="4261521023">



GMOクリック証券