とうとうダウも引けピンだよ。意地を見せたな!
ダウ:
$16,466$396高、引けピン
NASDAQ:4,613p107p高、引けピン

一体世界中でどのくらい引けピンだったんだろうな。凄いことになったもんだ。
その煽りで日本株も大幅続伸だよ。
CME日経平均先物 
¥17,855(現物比較¥337高
日経平均CFD ¥17.863(現物比較¥345高)
月曜の朝は大幅なGUからスタート決定だ。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5638713453368758"
data-ad-slot="4261521023">


昨日引けピン出来なかったのは主要国市場では、日本、上海、インド、ロシア、サウジくらい。
あとは全市場引けピン!これは世界金融の歴史に残るとんでもない出来事だぜ!

いやいや、今回、
スッポンバズーカ1発で世界中でいくら叩きだしたのか想像すらできないよ。
評論家はいろいろ言ってるが・・・世界中の投資家は
「黒田神様!」だぜ。

これでようやく株式市場に「企業をファンダで判断する」という通常機能が回復するような気がするぜ。こういう状況になってくると、海外の資金は今度は「待たざる怖さ」が出る。世界のこんな状況を見せられたらそりゃ買うしか道はない。選択の余地が無いんだよ。だからこそ、引けピン祭りになったわけだよ。

海外勢は日本株から、今年度3兆円近く資金を引き揚げたんじゃないか?新年になってからも多分1.3兆近く売り越したはず・・・。それを必死で引き受けたのが、クジラなんだよ。ほぼ同額国内資金が買い向かった計算。となれば、ここで株式市場が暴落したら、恐らくGPIFはアウトだったろうよ。全部シコリ玉になって、とんでもないことになった。関連付けはあまりされないが、この段階でリーマンショック並みの株価暴落になったら、GPIFは破綻したと思うよ。そんな瀬戸際だからこそ、スッポンバズーカ炸裂だったんだよな。

甘利問題どころの騒ぎじゃ無く、年明けの株価急落は、日本の年金制度そのものが崩壊しかねない、とんでもない事態だったわけだよ。そしてそうなれば、安倍政権と言えど、スットビなのは言うまでもないからな。

さて、問題なのは今後の展開だが・・・
当面は、買い場継続になるはず。ただし、戻り売りは金融機関持ち分って言うことになる。特に、アホな地銀あたりの持ち株は戻れば売られるよ。多分¥18,000を超えると、売り圧力は強まりそう。それで、嫌らしいのは金融機関っていうのは小型株を結構保有してるんだ。これらはもう容赦なくブンナゲになるのは2月の特徴だ。それと、ここにきて日経225を中心にした1部銘柄が上昇機運になると、2月は乗り換え売りが途切れないんじゃないか?なので、小型株は、あまり旨味はないよ。ないどころか、大型株が動くのに全く動かずに、換金売りがチョロチョロという非常に滅入る動きになる可能性が高いんで・・・。
金融緩和のテーマ株、仕手系以外の小型株以外は、多分ダメ。小型好きの俺は俺は過去に何度も冷や飯食わされたからな。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5638713453368758"
data-ad-slot="4261521023">


手堅く行くならデイトレのほうが良いかも。ボラが大きい相場なんで、一晩でGD/GUされる幅が半端ないから。読みを間違えると相当にイカレル。資源系は戻りを売る。原油はまた直ぐに$30割れるだろうと思うし。そこが2月の厄介なところで、「減産合意」が出来そうにないとなると、今度は$25まで行くよ。

来週は企業決算地雷要注意だな。今回好決算は素直に買われると思うけど、悪決算はかなり売られるだろうから。スッポンバズーカよりも、個人投資家は企業決算のほうが効くからなぁ・・・。

GMOクリック証券