カテゴリ:
ギリシャ協議では終始強硬な姿勢を崩さなかったIMFが、突然軟化してきたな。

ギリシャ債務軽減、想定超える処置必要

これはアメリカからの圧力が相当にかかったことを物語ってるし、日本もそれなりに意向を伝えてると思う。またオランドが対ドイツ姿勢を鮮明に打ち出したことで、ドイツ寄りの姿勢を堅持するよりも、フランス追従が得策と風向きを読んだのかもしれん。所詮ラガルドは強力なリーダーシップを発揮できる立場でないのは明らかだから、交渉に苛立ってヒステリックな発言をしたと思えば、すぐさま態度を豹変させる風見鶏っぷりは笑えるが・・・。

現時点でも、行きすぎたドイツの追求に対し、国際的に非難が高まりつつあることを考えれば、ギリシャはEURO残留の確率が相当に高まったと言えるかもな。これで、議会が多少遅れようが何しようが、EURO離脱の芽は消えたと思う。

俺もこれ以上のギリシャ懸念は必要ないとは思うが、さしあたりマイ転してしまった中国上海、そして明日のイエレン議会証言のほうが気になる。特に戻りのあまいダウを見ていると、利上げ路線をやはり市場は歓迎しないのかも、と思ったり。

というか、いくら深読みしたところで俺に当たるはずもなく、後は運を天に任せて買い持ち継続する以外にないと自覚。
こんな時、「ママ蛇」頼りというのも情けないが・・・。

ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン

GMOクリック証券

マネックス証券

開運!?ガッツリ、ポチッて下さいまし!

トレード日記ランキングへ