カテゴリ:
やはり一筋縄では行かないこの問題、ドイツはかなり強硬姿勢だよな。
もはや、この人達(ユーロ圏19ヶ国財務相会合のメンバー)にとっては、経済問題というより政治問題化してるぜ。
しかも、この調子だと、12日(今夜)も決着はつきそうにないぜ!

ギリシャ支援、判断持ち越し・・・

根底にはドイツ国内の覇権争いがあるのは明らか。ドイツ国民の9割がギリシャ支援に反対で、なおかつメルケルとショイブレの対立、すなわちメルケルがギリシャ離脱を食い止めようとすればするほど、ショイブレは反発する、という背景があり、今度こそショイブレは世論をバックに首相に登りつめたいと思ってるわけだ。コール首相の正当な継承者は俺だぜ!それをもう何年、冷飯喰わされてるんだ!ってところだろうな。
が、他の加盟国は「いい加減にしようぜ。これ以上株価が下がったらやばいよ」ってことで、ギリシャ案を容認したくてたまらない。特に国債金利という爆弾を抱えた南欧、財政赤字の拡大が止まらないフランスあたりは、躍起になってる。そういう構図だろうな。

ただ・・・、ギリシャは改革案を承認されて「良かった」ってわけにはいかないぜ。これ、完全に自殺案だろっ!今回改革案には当然債務減免が含まれてる。他の条件は全部飲むから、債務を削ってくれよ!ってのが「本題」だからな。これが実現しないとチプラスの首も危ない。当然だよな。国民投票と正反対のことをやってるんだから。議会も同様で、ギリシャの主旨はあくまでも「債務減免」なんだよ。これが通らなければ、この国の民主主義&経済は崩壊するよ。

というわけで、世界の株式市場が総楽観になった金曜だが・・・
「ちょと待って、ちょと待って、おにいさ~ん!」
だよ。
今夜決着付かずに持ち越し、ってことになったら、月曜の日本市場はどう反応するんだ!?
しかも上海総合はテクニカルでは戻り一杯だぞ。

う~ん、なかなか、手強いぜ!

ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン

GMOクリック証券

マネックス証券

開運!?ガッツリ、ポチッて下さいまし!

トレード日記ランキングへ