カテゴリ:
日本のメディアは大暴落した上海総合をもう滅茶苦茶書き放題だったけどな。
確かに成り振り構わぬ当局の対応は滑稽に近かったが・・・
俺は一連の当局の政策を最初は、何やってんだか!って感じで観ていたわけよ。
2.4兆円で買い支えるとか、しまいには買った株式は15日間売ってはいけない、といった
とんでもないお達しまで出して、さらには悪徳空売りを摘発する、とまで言い出した。
不動産を担保にしてもいいとか、追証は請求しないとか、もう何でもアリだったじゃないの。
そして最後には、大型銘柄を売買停止にして指数を持ちあげちまうという力技まで繰り出して
一旦は暴落を止めたよな。
この先、需給から売り圧力が減少したとも思えんが、「株価上昇過程では売り物が出ない」ってのも株式市場の特性なんで、この辺りで需給が改善できれば何とかならないでもない。

だがな、そんな中国当局の政策をバカにしたようなメディアの態度もどうかと思うよ。反中世論が沸騰するのはまぁ、有り得ないことじゃないが、それに輪をかけてメディアや新聞が批判記事を載せるってのはどうなの?
けど、日本市場だって、本来明らかに組織的粉飾決算、管理ポスト入り、上場廃止の案件である東芝の粉飾決算問題は、なんと証券取引等監視委員会案件にも関わらず、会社、東証といった当事者間での合意で市場ルールを捻じ曲げてるじゃないの!
もう「ふざけた話」、「投資家をバカにした話」を通り越して、完全に組織的な犯罪であるのは明らかで、この問題を容認するというか追求しないメディア、新聞、報道機関の姿勢には、唖然とさせられるよ。
東芝もマジで悪ふざけが過ぎる会社で、当初500億の過年決算修正なんぞと発表したにも関わらず、証券取引等監視委員会は納得せず、第三者委員会を立ち上げて、精査をしたら出るわ出るわ!2000億だってんだから・・・。
過年度決算の数字を単に「不適切会計」と表現すること自体とんだお笑い草なんだよ!変な造語をつくらんで、「粉飾」としっかりと表現せい!
しかも、会社は信用喪失の恐れがあるので、金融機関に5000億の融資枠をお願いしたりな。キャッシュフローがヤバいことになってきてるんだろうな。この時期、こういう動きが出るようじゃ、何もなくても「増資」だったんだろうがな。

ここからは、俺の個人的な想像に過ぎないが・・・
俺は東芝の一番の癌は、買収した米国原発子会社ウスチングハウスだと思ってるんだよ。今回の一連の粉飾決算は、とどのつまり、この会社が原因とみてるわけ。あまり想像でいろいろ書くと、叱られそうなので止めておくが・・・・。なので、ここの穴埋めに事業部内から拠出させたってのが、真相だという推測だ。

まぁ、こういうのを冷静に見れば、日本市場だって相当のインチキ市場であり、東電の問題も含めてかなりの「モラルハザード市場」だぜ!決して上海を小馬鹿にできないぜ。それどころか、成り振り構わない中国当局の姿勢に、強さ、というか怖さを感じるよ。
残念だが日本にはそれだけの気概を持った政治家もいないし、報道機関もない。
そのことだけは是非書いておきたいと思った次第。

ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン

GMOクリック証券

マネックス証券

開運!?ガッツリ、ポチッて下さいまし!

トレード日記ランキングへ