カテゴリ:
ここで今回のギリシャ問題を俺なりに整理してみた。

どうしてギリシャとEUがこれほど揉めることになったか?と言えば、それはギリシャの債務問題であることは分かり切ってる。だが、実はその債務問題が今回の原因じゃ無いと思うぞ。
そもそもここまで拗れた原因は、EU(ドイツ)&IMFが付きつけた融資条件にあるわけよ。つまり、向こう1年以内に財政のPB(プライマリーバランス)を+1%にしろっていうとんでもない条件なんだよな。そんなの、1000%無理に決まってるわけだが、ギリシャ前政権は無責任にもそれを承諾して融資を受けたんだ。もちろん、そのためには年金の減額とか、公務員給与の削減とかいろいろあって、相当に無理して実行してきたわけ。けれども、経済は衰退するばかりで借り入れがどんどん増えてきたし、国民の不満は頂点へ。そこで総選挙でチプラス現政権が誕生したわけだ。

EU(ドイツ)にしてもIMFにしても、本当に無茶苦茶な条件を平気で出すよな。金融緩和、インフレ誘導しなきゃ絶対に景気回復は出来るはずもないのに、平気で真逆のことをやれという。完全にイカレテルというか、ギリシャを属国、植民地と同類の扱いをしてるわけだ。ほとんど要求していることが闇金並みだからな。これじゃ、国が滅びるって考えるチプラス政権は、実は極めて真っ当だと俺は思うよ。

そこでだ、現在の攻防戦が春先から本格化してきたわけだ。とにかくギリシャを何とかするには、金融緩和しかないし、インフレ誘導しかないし、ギリシャ国債をバンバン買い取ってインフレしかないわけで、それを少なくともドラギECB総裁はやろうとしたんだが・・・ドイツがどうしても首を縦に振らんのよ。ギリシャ国債の買い取りは返済条件をのまない限りやらんとな。それで茶番劇の果てに尽き付けた条件は、さらに年金減額ってのがあった。そもそも昨年までギリシャは100%の支給率だったんだよ。それは如何にも多すぎるっていうんで70%にした。それを今回は50%以下にしろと。僅か1年で半額にして、借金を返済しろっていうのがドイツの主張なのよ。そんなこと、出来るわけねぇだろ!ってチプラス政権が言うのも無理はないぜ。仮にそれをやると、さらに消費が落ち込んで、経済再建、財政健全化どころの話ではなくなっちまうってのはもう明々白々なんだよな。メディアはチプラス政権を悪者にして、EU寄り、ドイツ寄りの偏向報道ばかりなんだが、中身はまるで違うと思うぜ。 

それで4月、5月、6月と化かし合い、ブラフの投げ合い、みたいな駆け引きが延々と続いて、今日に至ってるわけよ。それで現状はどうか?と言えば、これも一見ギリシャが大変なことになっていて(事実銀行の支払い停止とかやってるからな)、今にも国家破綻しそうな勢いだ、くらいの報道がされてるが、俺は現状でもギリシャが圧倒的に優位な立場にあると思うわけよ。まず、IMFに対する返済不履行は完全に無視できるもの。なぜなら、IMFの母体はアメリカと日本で、日米は基本的にギリシャに対して寛大な処置を望んでいるから。あのラガルドっていう・・・あの人は強そうだよなぁ・・・専務理事が強硬って感じだが、あれは完全にブラフでダミーだよ。で、問題はEUが貸し込んでる分の返済なんだよな。その中心はドイツ10兆円、フランス5兆円、その他2兆円位になるんだが・・・基金に対する拠出分と金融機関の所有する国債償還なんだよな。だから、国債がデフォルトになると債券市場が混乱して取り返しのつかないことになる可能性が怖いわけ。それでも、ドイツが強硬なのは、ドイツの場合EUROさえ守れば、いくらでも稼げるから、強気。しかもEUROは絶対に止められない!ところが、アホなのはフランスで、フランスの場合5兆円とか跳ねるとこりゃ大変な騒ぎになる

それだけじゃ無くて、EUROはターゲット2という決済システムを導入してるわけ。それで貿易決済を各国がまず肩代わりして支払い、債権債務の関係を作るわけよ。それで、売掛金と買掛金決済と同様に金融機関で決済するわけ。つまり輸出国であるドイツは慢性的に多額の債権を抱える国で、踏み倒されるとかなり痛いわけよ。さらにドイツ経済が好調なのは、EUROという通貨を使えるからで、片やユーロ安にして貿易収支の強大化をはかってるわけ。つまり、ギリシャとか、イタリアとか、ポルトガルとかの重債務国がEUROメンバーだから美味しい思いが出来てるわけよ。なので、ギリシャを虐めるのは理不尽極まりないことなんだ。

というわけで、その辺の事情をチプラス政権は熟知した上で、丁々発止、渡りあってるわけだが・・・。ギリシャは恐らく30日の返済なんかなんとも思ってないし、これで終わりなんてことも考えていないだろ。破綻しようがしまいが、デフォルトしようがしまいが、債務は残るんだからな。結局は期限なんか無いに等しいわけさ。けれど破綻やデフォルト宣言されたら、困るのは債権団で、財政や金融機関にまともに穴が空くそれに耐えられるのはドイツだけという状況を考えれば、けっしてギリシャは不利じゃないわけよ。

まぁ、それでもドイツが強硬なままなら・・・EUは、EUROは実質的にドイツ連合なんだな、と理解するしかない。ドイツ以外はドイツの属国になりはてる・・・。
そんなこと、国民や世論が許すんか?
少なくともイギリスは
NOっぽいけどな。
ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン

GMOクリック証券

マネックス証券

開運!?ガッツリ、ポチッて下さいまし!

トレード日記ランキングへ