(ヘッジファンド)えげつない仕掛けで¥538安に見舞われたが、この一年、連戦連敗のヘッジファンドにはそうそう勝ち目はないと思うぜ。ボルカールール適用前の最後の仕掛けっぽいな。夏以降はますます資金が細るだろうし、まぁ、やれるものならやってみろ!ってか。
これまでの経緯から日経平均¥19,500ってのは、クジラも象も買える水準なんだよ。もちろん、ここから下にいけば休み明けはバシバシ買ってくるだろうし、郵貯も生保も参戦可能な価格帯だ。そんな領域に真っ向勝負を挑む気概など、今のヘッジファンドにはないぜ!
上昇してるときにクジラを当てにしても仕方ない話だが、急落すれば話は別だぜ。4月売り越していたのは何のため?ってな。

さて、それはそうと今夜もダウはヘナヘナしてるぜ。ダウCFDは$17,976($59安)22:18pm。もうすぐに寄りつくが、安く寄ってどちらに向かうか、見物だな。そんな最中に、日経先物では大いに駆け引きが行われているな。そういうのを見ていると、ヘッジファンドが迷ってるのが分かるぜ。GWにも関わらず今日の日本市場は大きな出来高を作ったぜ。東証1部の売買代金は久々に3兆越えの3兆4700億だぜ。この数字で恐らくかなりビビッてるだろうな。

それと、今夜は欧州市場も山場を迎えてるよな。一応ギリシャ問題に何らかの結論が出されるだろうと俺は思ってるぜ。EUとギリシャの間で暫定的な合意みたいなものが、伝わるんじゃないかという予感がするわ。そろそろ目途が立ってもいい頃だろうし、何か出る感じはあるな。

まぁ、ほぼ全員が明日も続落すると見てる日本市場。
俺はここは勝負処とみて買い持ちした。
無謀かもしれないが、自分の判断で負けるなら納得が行くしな。

いよいよ「修羅の道」本番だな!
 ポチッとお願いしますだ!(お陰さまでじわじわと順位上昇開始!)