IBM増配を発表・・・メルク(ヘルスケア)が上方修正・・・
こんな下らない材料で急落から一転して$200も急騰するとは・・・
ダウも相当に薄商いなんだなと感じるぜ。
だから、今のダウなんぞ、全く信じられないぜ。
それよりも気になるのは、ツイッターが売上が予想に届かなかった(下方修正)ことで18%の下落だぜ!
恐ろしいな!
これでフェイスブックもグーグルも含めて決算がコンセンサスに届かずにIT系が非常に怪しくなったってことだ。
そんな中、アップルが売られ始めた。これ、所謂「材料出尽くし」だろ?
アップルウオッチが発売になって好調なのはいいが、iPhoneの頭打ち傾向が鮮明になって来てるみたいだしな。
かなり雰囲気は悪いだろうな。

NYダウ:$18,110.47($72.17
NASDAQ:5,055.42p(4.82p
ドル円:¥118.82(11:03am)
WTI原油先物:$56.83(11:04am)


欧州市場は「ギリシャが交渉団を再編」などという下らない材料で大幅上昇するから、早速逆襲を喰らうわけだよな。今度は国民投票をやるかも、と言いだした。チプラス首相を含めた現政権は、完全に保身に走ってるよな。条件を飲んでもいいんだが、公約違反なんで自分の立場はない。ならば、国民投票で信任を得ちゃえば続投できる、という浅墓な考え。とっとと合意して辞めりゃいいんだよ。仕舞いには、「富裕層の観光客に増税する」とまで言いだしたが、そんなもん、観光客が減れば意味なし!
というわけで、改めて各国市場は懸念が台頭というか、前日の上昇をそっくり返納だな。

ドイツDAX:11,811.66p(227.5-1.89%)
フランスCAC40:5173.38p(95.53p-1.81%)
イギリスFTSE:7,030.53p(73.45p-1.03%)
イタリアMIB:23,532.09p(274.18p-1.15%)
スイスSMI:9,259.81p(89.37p-0.96%)


現在市場が開いている中国上海も今日は軟調、と言うかいつ暴落が始まるか?の一点に興味は集中だぜ。不動産がダメ、資源がダメ、となって今の中国では株式市場が唯一の命綱みたいなもんだが・・・所詮個人の資金をどこまでブン捕れるか、だからな。自滅するのは時間の問題だろ。

上海総合:4,419p(56p-1.27%)11:26am
香港ハンセン:28,235p(207p-0.69%)


さてさて、この時期株式市場はこんなもんだと思うが、日本市場・・・
仕掛けが始まってるんじゃねぇか!?

日経平均CFD:¥19,895(現物比¥163)11:29am

タイミング的にはここしかないというポイントだよな。日銀の現状維持が濃厚で、決算もパッとしない。もっとも決算なんか良くても「材料出尽くし」だからな。昨日の日本市場は薄商いかと思いきや、結構出来高が出来たんだよな。東証1部の売買は2兆8千億超だったようだ。やはり相当に手仕舞い売りが出たっぽいな。こりゃ、30日の日本市場は・・・完全にヤラレそうだわな。日経平均は、

¥400超(2%)・・・俺の妄想!

の下落と見るぜ!個人が買わない小型株も明日は悲惨な銘柄ボードになりそうだな。
こりゃ、はやり空売り銘柄を決め打ちしたほうがよさそうだぜ。


買い持ちしてたらこのGW、憂鬱になりそうだぜ!

ポチッとお願いしますだ!(お陰さまでじわじわと順位上昇開始!)