CFDで$140も高かったから、そこそこ、と期待してたんだが・・・

NYダウ $18,004($292高)2:13am

とは恐れ入ったな。それと見過ごせないのがドル円で久々に¥120.05(2:14am)と¥120を付けた。
CME日経先物(円建て)¥19,600かぁ・・・。このまま行けば前日引け値から約¥190のGU!

こうなってくると、売り方(空売り)は全滅だな。相場ってのは怖いもので、俺だって昨日さんざ売りやってて、たまたま負けたから、買いポジを取ってるだけで・・・、マジで売りポジのままなら、明日の寄り付きで完全に爆死するところだったぜ。

このところ、日経もダウも弱含みだったので、売り銘柄で株価ボードを作った。30銘柄ほどピックして張り付けてある。それで、結果的に「買いポジ」を取る気になったのも、実はその株価ボードを作ったお陰とも言えるんだ。昨日の前場で寄り付きから日経が突っ込んだ時、その株価ボードが異常に強かったわけよ。30銘柄中マイナスは10銘柄もない。それを見ながら、「売りじゃ勝てないかも」って思い始めてたことが、踏まれて自棄になったとき、精神的に作用したのかもな。最後の最後で買いポジを取ったから、ニヤニヤして見ていられるが、売ってたら、マジで気分悪くて、最悪な一夜を過ごすところだったぜ

今、各銘柄には結構な売りが入ってるよな。というか、3月の上昇局面で意外にも「買い残」が増えてない銘柄が多いんだよ。ってことは、つまりは、3月の上昇では個人投資家はほとんどまともに獲れていないってことだろ?小型株ばかり弄ってた俺は、ほとんど惨敗に近いパフォだったが、まぁ、損が出なかっただけでも「良し」とするべきなのかもしれんな
ところが、株価が高値圏になっている銘柄には、かなりの「売り」が入ってるぜ。売り残は結構増えてるんだよ。実は俺も同じなんだが、いままで日経が延々と弱くて、そういう相場で生きてゆくためには、どうしたって空売りできなきゃ話にならんからな。「売り癖」が付いてるんだよな。ちょっと調整になると、「暴落」を想定してショートポジを作っちゃう。それが、結局今の相場にはまったくプラスに作用しないんだな。
それどころか、ナイトセッションでこうやって先物に高値追いされちゃうと、どうにもならなくなる。「買い」に規制は無いから、寄り付き後容赦なく上値を追われちまうんだ。ところが、規制のある「売り」は、GDしても以外に粘るんだよ。その差は思った以上に大きいよな。

「買い」で調整なら「我慢」すれば、戻る可能性が非常に高い。が、「売り」でGUされるとマジで持っていかれる。そういう相場だということを、しっかりと認識しないと、非常にヤバイぜ。ただし、貸借指定外の小型株の場合は例外で、これは噴いたら適当に利益を確定させておかないと、あっと言う間に大きくやられる。ここは生き残りの大きなポイントだよな。

さて、このまま(NYダウが)引けてくれることを祈って寝るとするか

明日以降、たとえ調整局面としても安易な「空売り」を慎まないといかんな。
ポチッとやってやってくだせいやし!