アーカイブ

2022年06月

おはようございます^^

パウエル議長はポルトガルでの年次フォーラムで、まったく意味不明の発言を繰り返している。
曰く・・・

「堅調な労働市場を維持しながらインフレを2%に低下させることが出来る」

これはFRBが終始発言していることだけど、金融引き締めで景気を悪化させることでインフレを抑え込むと言うことからして、失業率の上昇を4.1%に抑えるということの、根拠は全く示されていないし、数字的にも合理的な説明が全くできていないんだよ。
だからこそ、市場は疑心暗鬼になってるわけで、多分(パウエル議長の発言を)信じられないんだろうと思うしね。


また金融引き締めに関して

「成長ペースを落とし、供給が追い付けるようにすることが目的」

と言うけれど、供給が需要を大幅に上回らなければ、インフレは低下しないのは明白だけど、そのもK表っていうのは常に遅行的なデータ(経済数値)で判断するしかない。昨年からのインフレ対応が失敗したのは、こうした遅行的経済数値におんぶにだっこしたらかじゃないのか?と思うけどね。
それには、FRB自体、あまりに政策的なロジックが欠けていると感じるけどね。

「消費(家計)は底堅い」と言うけれど、現実の消費実態を分かっていないね。貯蓄はほぼ底をつき、カードは目いっぱい使ってる。マジでこれ以上使ったら個人はオーバーローンで立ち直れなくなる。みんな米国ではカードはリボ払いが標準的だから、利上げでこれからヤバイ状況に陥るのよ。

そんなこと、FRBのお偉いさんたちには関係ないことだろうけど、米国経済にとっては最重要ポイントじゃんか!

まぁ、FRBのインフレ対応はまたまた大失敗すると思うよ(苦笑)


おはようございます^^

はしゃぎ過ぎた米国市場は・・・6月消費者信頼感指数(カンファレンスボード)という小ネタで撃沈した。住宅関連指数が悪くないのは、とにかく金利が大幅上昇の前になんとか手に入れようとする動きかも。自動車関連も売れていないし(中古車だけはいいんだよなぁ)、遂にというか、米国の消費が断末魔の叫びってことだよ。

それもそのはずで、もう貯金もないし、カードは新型コロナ前を超えちゃったし、しかもほとんどリボ払いで、挙句にただでさえド高いリボ金利がこれからバンバン上昇しちゃうわけで。。。


そんなんで、米国経済はリセッションに突入しないはずがないやんか!

一体、連銀総裁どもや、市場関係は(米経済は)マイナスには突入しない、なんていい気なものだけど、ああいう連中は何を根拠に言ってるんだろうね。先日FOMCで発表した(希望的観測)失業率が低いから大丈夫とか思ってるのか?

層じゃなくて、とにかく重要なのは米国は「個人消費」じゃないのかよ!

まぁ、景気指標が出るたびにストンストンを落ちてゆくかも。とにかく血を流してインフレをとめるんだろ!?


おはようございます^^

昨夜の米国市場は、戻りいっぱい的な元気のない動きになったよね。まぁ10年物金利は上昇し始めてたし、ドル高傾向も出た。三指数ともに小ネタ(5月耐久財受注)が良くてプラス圏もあったけれど、良いのは悪い、みたいなのが今の米国市場だから。それよりもなんか金利、金利、金利、みたいなね、そればかりをどうしても意識してしまうわね。

時期的に嫌なのは、またぞろ原油価格が上昇を始めてしまったこと。どうも思うように動かなくて、原油先物から離脱しちゃったけれど、$109.81ってのはキツイ水準だし、コンスタントに$110台ってことになると、インフレは収まらないよ。


バイデンがOPEC+にプレッシャー掛けるかな?なんて思ってたけど、早々と7月、8月の生産量をアナウンスされちゃって、機先を削がれた。流石にOPECも強かだよね。

同時にロシアが生産量は絶対に減らさない!と宣言しちゃったにもかかわらず、WTIには全く影響しなかった。影響しないと言えばシェールリグがかなり増えてるというニュースにも無反応。だいたいこれでポジを諦めたんだけど・・・。

さて、いまFRBは月額約6兆円のQTの真っ最中だけど、世界的に見て各国の金融引き締めは、日銀の金融緩和が相殺しちゃってる、という評論家がいたけどね。日米だけ見ても、米国は6兆円のQTで日銀はすでに30兆円以上指値オペで金融緩和してるわけで、キャリートレードを考えると、米系大口はそれだけでぼろ儲けじゃんね。

今の日銀って打ち出の小槌だな。

とわいえ原油はまだ諦めたわけじゃないから、25日線あたりが勝負どころになる?$114~$115あたりまでこないかなぁ(苦笑)



おはようございます^^

昨日は数年前に1000万ほど出資したベンチャーが、経営に行き詰まってしまい資金繰りがこれ以上出来ないとという連絡で駆け付けたけれど、監査報告は受けていたものの新型コロナで苦戦しているのは知っていた。それでいよいよ行き詰まってしまい、内容も良くなかったので、その場で任意解散を承認してきた。
けれども、社長は責任感が強くて、よくある変な資金手当てをしちゃって事業の延命を図ってたことも分かって、まぁ自分もそういう経験があるので仕方ないとは思いつつ、倒産ではなくて任意解散できるように弁護士に頼んできた。


勿論出資以上の肩代わりも出るけれど、こんなことで人生を棒に振って欲しくないからね。日本社会は本当にダメダメ社会で、こんなことだから日本経済は成長しないんだ、と声を大にして言いたくなるような制度や仕組みばかりで本当に情けなくなる。

でも、そんなに責任を感じることなんてないし、も少し違った角度から事業を見直して、もう一度やり直すつもりがあるならいくらでもチャレンジしたらいいんだよ。そのためには俺は協力するつもり。

大の男がめそめそ泣いてるんじゃねぇ!って言ってきた。辛いのはよく分かるけど、長い人生いろいろあるんだよってね。奥さんも子供もいることだし、次のことを考えた方が良い。それでチャラ。

あの年に出資した5社のうち3社がダメだった。それも仕方ないんだよね。この国は政治家が馬鹿だから。


おはようございます^^

同じ「買う」と言っても投資スタイルによって意味合いが異なってくるからね。今日あたり、米国市場と比較して日経平均が昼夜だと最も良好ってことになる。短期で持ち越したら結構爆益になってるだろうね。
さて、そうなって問題は、今日だよな。米国市場は続伸する可能性が高いとは思うけど、日経平均は売りが先行するのかねぇ・・・。そうなれば短期目線で勝負もありだとは思うけれど。素直に日経平均が▲¥200くらい押してくれたら面白いけど。

なんか原油を追加で売ろうと思ってるけど、恐ろしく$109が鉄板なんだよ。けれど$110も凄い頑強で、狭い範囲でレンジ相場になってる。けれども日足見ると、俺なんか古い人間だから、下にみえるんだよなぁ・・・。例えば昨夜の動くで$2くらい下げてくれたらカンカンに強気で攻めちゃうけど、押すと凄い買い方されるんで萎える。

こういう反発局面って俺のもっとも苦手な相場なのでね。

夜間のうちに浦島太郎になっちゃうんで・・・ギャンブル相場だね。



このページのトップヘ

見出し画像
×