アーカイブ

2019年05月

無料で質の高い投資情報を配信

株式投資の情報は多ければいいと言うものでもないけれど、少なくとも相場を見る目を養うためには、多くの情報に接して、自分なりの判断基準を作ることが大事。

たとえば・・・
有料情報ならば質のいい情報なのか?というと、相場はそんなに簡単じゃないと思います。現実に当たる、当たらないの基準で言えば、半々だと思うからです。

ならば・・・
無料情報はダメなのか?というと、そうとは限らない。なぜなら、無料情報が出鱈目ならば会員が集まらず商売にならないからです。

裏を返すと、無料登録会員に如何に満足していただけるか?がビジネスの勝負処でしょう。

個人投資家は無料会員登録で情報を得て情報リテラシーを鍛える。そうした会員を大事にしていい情報を供与して信頼を勝ち取るのが投資顧問の仕事です。

まずは無料会員になって、質の高い情報をキャッチ!

【常勝株ジャーナル】
JOUSYOU

  無料で使える株式情報サイト◆安定した成績を支える圧倒的な分析力&情報力!



株式投資に重要な情報を的確に提供!スイングトレード向け無料株式情報サイト


藤井英敏氏がアドバイザーのもう一つの情報ソース。こちらも無料なのでダブルで登録!
【勝ち株ナビ】
KATIKABU

投資のプロが選ぶ注目銘柄を無料公開!



国内外の最新マーケット情報から厳選!今週の"注目銘柄"をレポート付きで無料公開!

コンテンツを継続移転いたします

ブログ開設以来4年2ヵ月に渡り約6300記事を投稿してきた当ブログですが、5月6日より当ブログのコンテンツを

株修羅本家|https://kabusyurahonnke.com

へ移転いたします。

移転理由

当初備忘録としてスタートした当ブログですが、記事数が増加するとともにアクセスも増え、次第に関連コンテンツを広げたいと思うようになりました。
しかし、無料ブログの性格上、不都合な点も多く、また拡張性がないために関連コンテンツのブログサイトを立ち上げてきましたが、あまりに作業量が増えすぎてしまい、運用が困難になりました(自滅です 苦笑)

そのために、新たなブログサイトを立ち上げ、総合サイト化する希望を持っていましたが、ようやく様々な助言をいただき、独自ドメインでの新規サイトを立ち上げることができました。

そのために、以下の各ブログコンテンツを集約して、運営することになりました。

株・修羅の道(当ブログ)
メインのトレード日記は、新サイトのマイトレード(トレード日記とトレード雑感)というメニューで継続運営します。
現時点ではコンテンツ掲載はありませんが、5月7日より掲載する予定です。

株・愚痴の裏道
株式投資やプライベートの愚痴を書き連ねてきましたが、新サイトではエッセイ(仮称)というメニューに引き継ぐつもりです。

カントリーリスク
YOUTUBE動画を紹介しながらリスク解説するサイトですが、新サイトではマーケット情勢と言うメニューで引き継いでいきます。

誰も教えない株式投資の勝ち方
メインコンテンツである株式投資のノウハウ記事は新サイト株式投資で集中的に掲載してゆきます。

空売りで成り上がれ
メインコンテンツである株式投資のノウハウ記事は新サイト株式投資で集中的に掲載してゆきます。


御礼

非常に拙いブログでしたが、投資ブログでポジション開示をして、個人投資家目線で相場を書くブログが少なかったためにその方針で、月間10万PVものご来場をいただきました。本当に有難いことで、深くお礼申しあげます。

しかし、ポジションも大きくなり誤記載が増加し、また現実には打診買い等の取引も掲載不能となっている現実が多々あります。現時点ではまだ、記事形式を決めかねているところですが、なるべく同様のスタンスで継続してゆくつもりですので、是非、ブックマークをしていただき、引き続きご愛顧、ご来場いただければ幸いです。

また、当ブログを掲載していただいているサイト様にも感謝しております。出来れば新サイトをご覧いただきまして、継続掲載をいただければ幸いです。

なお、新サイトに「お問い合わせフォーム」を設けておりますので、ご連絡いただければ対応させていただきます。

当ブログの今後の運営について

現時点では、しばらくお休みをいただく格好になると思われますが、ブログそのものは膨大な記事資産がありますので落とさずに保留いたします。

個人的にも備忘録を残したいという思いがあり、いろいろ思案しております。


本当の戦いはこれから

株式市場もいよいよ波乱含みの株価の位置まできました。このまま、令和バブルに突入する可能性も高いですが、楽観はできないと思います。

個人投資家として、26年間の株式投資で得たものを、余すところなく吐きだして引退したいと思っておます。そのために全力で新サイトの運営に注力したいと思いますので、是非、継続してご来場ください。

戦いはこれからです!

                                    株太郎

頑張りますので是非ブックマークを!^^)

株修羅本家|https://kabusyurahonnke.com
 

今夜は雇用統計ナイト

wor1811070024-p1
(MMTの広告塔!オカシオ・コルテス)

日中は順調に戻ってるけど<日経平均CFD

今日は暖かいというか暑かったねぇ。好天にも恵まれてドライブ日和だった。別れがたかった株千代(ダックスフント)を一応(義妹家族に)預けて戻りました。

雇用統計で上値が重い展開を予想

日中の米国ダウCFDの動きも順調で、欧州が上昇気配なんで、このまま$70高位で推移するのかな?それにしても元気がいいのが日経平均CFD!昨夜はどうなるか、と思ったけど、¥133高はホッとしてるんじゃない?今日を凌げばあと1日だからね。

今夜の米国市場は、4月非農業部門雇用者数変化(雇用統計)& ISM非製造業景況指数。

ADPが非常に堅調な数字だったこと、そしてコンセンサスが18.5万人とそれほど高くないことから、まぁ、悪い数字は出ないだろうし、18.5万人はクリアだろうけどね。

またISM非製造業のほうは、小売りが少々陰ってる、こともあって57.0はちょっと厳しそう。俺は54.0-55.0くらいじゃないかと思ってる。なので、市場の反応が楽しみなんだけどな。

結局トランプvsパウエルが尾を引く相場?

俺は今夜は景気指標ではあまり動かないと予想してるのよ。それよりもやはりパウエル発言な。これを市場がどの程度嫌っているのかが測れるだろうね。ダウは既に2連敗してて25日線を割り込んでる。

見方によっては揉み合いを下放れたという感じもするしね。なので今夜の動きは結構重要なんだろうしね。


個人的には利食いになっても良さそうな地合いと思ってるけど。

米国のキツイ制裁にも関わらず、中国ファーウェイは着々と5G包囲網を構築しつつあって、5G競争では結局米国が負けそうになってる。特許出願件数もダントツだ。何気にサムソンも業績不振とは言われるものの、しっかり5Gやってるしな。そして、

ファーウェイ、スマホ市場でアップル再び抜いて2位に

なんて記事も。

その辺で米国ハイテクの業績はどうなる?みたいな不安感も多少あるだろうし、トランプ vs パウエルの戦い?も尾を引いてる感じも残る。

原油はトランプの言う通り素直に下げてるけど(苦笑)


結局パウエル議長が利下げを否定した影響が今夜も残ってるように、俺は感じるけどね。金融政策が独立してる、みたいに言えば格好はいいけれど、嫌気を誘う内容だったことは確か。なので、今夜は意外に苦戦するんじゃないかと思ってるんだよ。


それから気になるのはMMT(現代貨幣理論)の台頭。あのレイ・ダリオもこんなこと言ってる。

ダリオ氏、中央銀行はMMT的新たな仕組みにとって代わられる

昨今のFRBの迷走も、経済理論が現状と乖離いてる証でもある。MMTの解釈に関しては早くから「カントリーリスク」の動画で「現代貨幣理論」を紹介してきたけど、実際はもろ手を挙げて賛同、というほどでもないんだよ(理解できない部分もあるし)。

ただ、最近は従来の経済学の脆弱さばかりやたらと目につくのも確か・・・。

アインシュタインのE=MC2じゃないけれど、現状経済の解釈としては、見事なくらいシンプルな理論なんだよね。本物はシンプルって言うしなアぁ・・・。

というわけで、今夜は今後の展開に関して意外に重要な夜になりそうです。





さっきブログ書いたときには、そんな兆候はなかったんだが・・・何があったのか良くわからんけど、米国ダウは一気に下値を追って▲$150だって。

持ちこたえてほしいと思ってた日経平均CFDも上昇幅を消してる。

やはり基本的にはパウエルショックなのかも。市場はまたしてもFRBが後手に回るんじゃないか?って懸念してるんだろうと思う。 

WTI原油も一気に▲$3.5だ。しかし・・・米国債10年物金利が急騰!?

何かを嫌ってるんだろうね。それとも何かがあったか・・・。トランプがちょっとイライラしてて1時間に60回もバイデン批判のツイートしてるし(苦笑)

俺としては一番腹が立ったのは・・・

日中韓、あらゆる保護主義に対抗で一致ー財務省発表

財務省はマジ狂ってる!
まともじゃないね!

 




令和2日目・・・

im-40119

一時は¥200ほど高かった日経平均CFDも、ご祝儀が剥げてきたか、いつものペースに戻りつつあるよね。けれど、そうは言っても、非常に底堅いというか、今夜も押してから余裕でリバウンドしてる。やはり、本家に長たらしい「令和バブル」なんていうレポート書いたんだが・・・俺の予想が当たったりして(苦笑)

安倍首相もこれで終わりなら、ただの凡人というか、何もレガシーがない長期政権だけの首相になりかねんしね。ここらで一発ぶち上げないと、時間がないぜ。

安倍首相の課題ってのは・・・

●憲法改正

●拉致問題解決

●景気浮揚

なんだろ?だいたいアベノミクスが完全の腰折れになっちまってるから、このままではレガシーナシ。そのうえここで消費税を5%から10%に引き上げただけのA級戦犯となると、後々何を言われるか分からんしな。

もっとも安倍首相の後世の評価なんかどうでもよくて、目先の日本をどういう方向に持っていくか、だからね。そういう方向感を今一つ打ち出せてないところが痛いよな。

だから、【日本市場】消費増税延期と衆参同日選挙で令和バブルへ

みたいなことが起こる確率は結構高いとみてるんだ。もっともそうなれば、俺も「売り坊廃業」の危機だけどな(苦笑)



さて、令和2日目。米国ではちょっとしたショックが起こったね。FRBパウエル議長がトランプ大統領の利下げ圧力を拒否して見せて、ストンとダウが$100以上下落ってことだけど。

その前に、目立たなかったけど(米)4月ISM製造業景況指数が、結構ショックなほど悪化したんだよ。コンセンサスが55.0に対して52.8だった。それを打ち消すように4月ADP雇用統計が良好な数字を出したりして、特別数字の低下を気にしなかったと言うのもある。

けれど、米国経済はちょっとおかしな減少になってるのよ。日経が結構いい記事書いてるんで掲載しておく。

早期利下げ観測、FRBがけん制
トランプ氏・市場の圧力強く


まぁ、この記事は、相変わらず中途半端な意見さえ書いていないんだが、指摘はまぁまぁ。で、俺が気にしてるのは、
jjjj

なんだよね。ちょっと違和感がないか?だいたいこのところの米国のCPIは2%のインフレ率に全然届かなくなった。けれど、この期間ってのは、中国からの輸入品にたっぷりと関税がかかってるんだぜ!ということは、かなり物価上昇圧力が強いはずなのよ。ところが、こうやって下げてる・・・。

これはさ、ちょっとにわかには理解しがたい現象だと思うね。


ちょっと、米国経済の足腰に疲れが出てきてるんじゃないか?って感じるよ。雇用統計も結構乱高下したし、確かに異常な寒波にも見舞われたけど、だとすれば物価はもっと上昇してもいいんじゃ?みたいに思うけどね。

今回もトランプの圧力に対してパウエル議長は強がって見せてる。でも昨年もずっとそんなことやってたよなぁ。10月まで利上げしててさ、12月になっていよいよトランプが怒り狂ってると、あっさり白旗上げちゃって。

ってことは、現在のFRBってのは、政策根拠が一体どこにあるんだ?みたいな、そんなことになっちまう。遅行指数だけを見て、現在の景気の状況を判断するってのは、どうかと思うね。実際、今のFRBってそういうことしかできないんだろう、と想像するしかないけどな。

それで利下げ拒否ということで、だったら米国市場はここから上があるのか?って考えざるを得ないね。そりゃ、米中妥結しまっせ!と連日ムニューシンあたりが煽ってるんで、妥結するんだろうけど。でも事前の予想よりも反応は鈍かったりしてなぁ・・・。

なんとなく令和2日目にして、米国経済の先高観に水を差された格好になった感じ。まぁ、このまま、6日まで相場が持ってくれることを願うけどね。





令和になりました

1000x-1

令和相場入りして、日経平均CFDは新天皇即位ご祝儀相場、みたいにスルスルと¥230程上昇。今のところ休み前に懸念された10連休中の下落の心配は感じられないよな。さて、どうなるかまだまだ分からんけど、ポジションを持ってるなら「まな板の上の鯉」ってことで、ただただ米国市場を見守るしかないね。

ただし懸念がないわけじゃなくて、米中交渉に関して、いよいよ米国が強烈なプレッシャーをかけ始めた。

ホワイトハウスは中国との貿易協議打ち切りもー早期妥結なければ

これは大統領首席補佐官代行であるマルバニーの発言だけど、例によってムニューシンも意味不明のことを言いだしてる
閣僚級交渉終了後にムニューシンは「大統領に米中合意を進言するか、合意しないように進言」とある。多分翻訳がアホなんだろうけど(苦笑)


どちらにせよあと2週間だぞ!と懸命にプレッシャーをかけてるんだろうけど、合意したらしたで今度はECRAが待ってる(苦笑)まったく米国の交渉もエグイよなぁ・・・。


トランプはトランプで、またしてもツイッターで

トランプ大統領、1ポイントの利下げ求めるーFOMCは1日に声明

と言うことらしいけど、腰が抜けてるパウエル議長のFRBがどんな声明を刺すのかが焦点。たぶん経済のためにはトランプ大統領の意見のほうに歩がある。インフレの状況からしてFRBは利上げし過ぎてるらしいからな。


だから今夜FOMC後に「利下げ方向で」という意味合いの発言をしたら、為替「ドル円」は一気に円高になるかもしれないねぇ・・・。

そういう意味では、スッキリご祝儀相場みたいな雰囲気じゃないんだよ。


というわけで、手も足も出ない観てるだけの連休相場。いろいろ雑用が残ってて、介護もあって、ブログがはかどらないんだが・・・。

本家には

知らなきゃ損する 3つの空売りポイント


師匠の教訓 3:株価は理屈じゃなくて需給で決まります

を追加できた。師匠の教訓は何故かアクセスが多いのでびっくり。まぁ、休み中の読み物としてはいいかもしれないね。
 



このページのトップヘ

見出し画像
×