アーカイブ

2017年05月

結局昨夜の米国景気指標は、個人消費支出を除いてあまり芳しいものではなかったな。

21:30(米) 4月 個人消費支出(PCE) [前月比]0.0% 
(0.3%)
0.4%0.4%
21:30(米) 4月 個人所得 [前月比]0.2%0.4%0.4%
21:30(米) 4月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]-0.1%0.1%0.2%
22:00(米) 3月 ケース・シラー米住宅価格指数193.49 
(193.50)
195.39
22:00(米) 3月 ケース・シラー米住宅価格指数 [前年同月比]5.9%5.6%5.9%
23:00(米) 5月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)120.3 
(119.4)
119.8117.9

そして今夜の(米)5月シカゴ購買部・・も弱含み。
 
22:45(米) 5月 シカゴ購買部協会景気指数58.357.055.2
23:00(米) 4月 住宅販売保留指数 [前月比]-0.8% 
(-0.9%)
0.5%-1.3%
27:00(米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)N/AN/AN/A

こうきて、米国景気は流石に斑模様になってきてることがうかがえるぜ。それらを受けての米国ダウ、ってことで今夜は売りが先行してるわけだ。

個人消費支出がコンセンサス通りになったということ、そして他の指数が弱含みであることを考えれば、米国経済はやはりインフレ傾向が止まらない状況と言う感じ。だが、年初来弱含んだ米国経済が、消費以外に回復してこないということは・・・このインフレは「悪性」だろう?少なくともこれで雇用統計が弱かったりしたら、ダウは一斉に崩れる可能性も出てきたよな。

こういう傾向が、景気指標で出始めたということは・・・やはり俺の2015年ピークアウト説ってのは正しいのかも知れんぞ!(売り建てポジがないので、悔し紛れなんだが・・・苦笑)
相場がこういう状況で、今夜あたりもう一つトランプ関連でネガティブな情報が出ると、非常にいやらしい相場つきになる。WTI原油もまたぞろ、下値を追い始めてるしな。

まぁでも、それよりも厳しいのは為替が直近の下値を割ってきてること。先ほど¥110.53まで突っ込んでの¥110.68(23:40pm)ってのはきついな。
今夜は自信を持って下げを予想するし、明朝はGDスタートに違いない!
なぜなら、俺が手仕舞いしたからさ(苦笑)

 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

2017年5月総括

カテゴリ:
気がつくと、俺の身の周りには、介護を必要とする老人が7名にもなっていて、4月に実母が、そして今日伯父が逝って、なお90歳前後の老人が5名存命という状況。高齢化社会とは良く言ったもので、ここまでダイレクトに現実に直面するとは思っていなかった。実際、4月は相場の合間を縫ってかなりの時間ケアに費やしたし、伯父の場合の歩行のできない伯母のケアも含めて、このところ連日のように時間を割いた。こんな状況なのでGWは何処にも出られず、毎日食事してモニターに向かって少し寝ての繰り返しが苦痛になりつつあるとともに、俺自身、心身の疲労はある意味ピークに達していると自覚してる。なので、このままでは、続きそうもないと思い始め、一応2本立った時点で引退しようという目標を決めていたわけだが・・・。

だが、ここに来てさらに気がかりなことも発生して、こういう状況では今後、全員をケアしてゆくのが難しいと判断するとともに、差し迫った問題も含め根本的に解決しないと無理だと悟った。そのためには、まず自分の時間を将来にわたってある程度自由にできる環境を確保しておく必要があって、いまのトレーダーという(不安定な?)仕事は、ある意味では打って付けと思うようになった次第。

ならば、無理に引退する必要もなく、またパートナーにもその旨了解を得られたので、もう少し頑張って見ることにしました。とても参考になるようなブログではないけれど、俺のブログでとにかく「売り」か「買い」か、くらいの目安にはしてもらえるのでは?ということで、無理のない範囲で続けて行きたいと思います。今後ともどうぞ、よろしくお願いします。 株太郎

 元金50万円
     口座残高    累積出金    投資効果
2015年-------------------------------------------------------
2月    ¥525,000     ¥120,000     ( ¥645,000)
3月    ¥513,000     ¥210,000     ( ¥723,000)
4月    ¥607,000     ¥360,000     ( ¥967,000)
5月    ¥611,000     ¥400,000     (¥1,011,000)
6月    ¥855,000     ¥500,000     (¥1,355,000)
7月   ¥1,067,000       ¥700,000     (¥1,767,000)
8月   ¥1,125,000       ¥850,000     (¥1,975,000)
9月   ¥1,170,000      ¥1,000,000     (¥2,170,000)
10月 ¥1,271,000  ¥1,150,000   (¥2,421,000)
11月 ¥1,200,000  ¥1,450,000   (¥2,650,000)
12月 ¥1,562,000  ¥1,600,000   (¥3,162,000)
2016年
-------------------------------------------------------
1月     ¥1,931,000      ¥1,750,000   (¥3,681,000)
2月   ¥2,310,000      ¥1,950,000   (¥4,260,000)
3月   ¥2,451,000  ¥2.600,000   (¥5,051,000)
4月   ¥4,256,000  ¥2,600,000   (¥6,856,000)
5月   ¥5,860,000  ¥3,000,000   (¥8,860,000)
6月   ¥8,070,000  ¥3,000,000 (¥11,070,000)
7月 ¥12,490,000  ¥12,000,000 (¥24,490,000)
8月 ¥24,460,000  ¥12,000,000 (¥36,460,000)
9月 ¥28,110,000  ¥12,000,000 (¥40,110,000) 
10月 ¥20,780,000    ¥23,800,000   (¥44,580,000)
11月 ¥34,780,000    ¥13,800,000 (¥48,580,000)
12月 ¥56,100,000  ¥13,800,000 (¥69,900,000)
2017年-------------------------------------------------------
1月 ¥56,690,000  ¥39,720,000 (¥96,410,000)
2月 ¥73,600,000  ¥39,720,000 (¥113,320,000)
3月 ¥70,140,000  ¥65,420,000 (¥135,560,000)
4月 ¥93,270,000  ¥65,420,000 (¥158,690,000)
5月 ¥95,560,000  ¥90,000,000 (¥185,560,000)

さて相場だけど・・・5月相場は、本当に酷かったと思う。そして、日本のみならず、米国市場もまた、カンカンに買いに傾いた相場ではなくて、高値圏だけに迷いのある相場だったことは確か。

したがって少なくともプレーヤーとして市場に参加していれば、「日経平均は上値追い」という楽観論は容易には出てこないはずなんだが・・・。

それでも少し緩くなってくるとすかさず日経平均¥20,000、¥25,000という掛け声が飛び出すのは、どうしたものか。気持ちは分かるが、地合いを見ていればほとんど精神論だと感じるよ。

俺のブログは「売り目線でしか書かれていない」ので、参考にならない、と言われたが、俺も買うときは買うよ。それは過去の記事を見てもらえれば分かる。ただ、持論として2015年に世界経済はピークアウトしたと思っているので、いまは売り相場だと感じているだけだ。 
GURA

その意味では、今月もまだ、「売り持ちGD狙い」が通用したと思うし、ザラバでは「高値追いを売る」パターンが有効だったと思う。特に、この1年間に見つけ出した(俺にとっての)黄金パターン・・・メガバンク&自動車と7974任天堂、6502東芝の相反な動き、は大きな利益になった。今の状況からして、まだまだこのパターンは通用するような気がするし、多分、このブログを見てくれている個人投資家の中には、このパターンを応用して大きく勝ってる人もいると思う。

5月は、小型株が極めて活況な相場になったし、主力がすっかり膠着しているなかで、(意図的に?)材料をだして株価の引き上げを狙う新興企業も多かった。けれども、なぜか大きな相場になった銘柄は、今年に入って出現していないのがミソだろう。俺も、最初の1年は小型株の「買い」を、それこそ真剣にやったが、これほど難しいものはないと改めて感じた次第。それに小型株の買いをやるなら、日々材料探しに膨大なエネルギーを費やさねばならず、若い投資家ならいざ知らず、俺の年代ではもはや不可能だ。
そもそも、買いを当てるのは至難の業だからな。

その意味で、今後もマーケットの地合いや方向感と言ったマクロな分析と、主力銘柄の取引を中心に行きたいと思っている。だが時々は小型も行くかもしれんけど(苦笑)
-------------------------------------------------------
最後に、今月も「7step株式投資メソッド」にご入会いただけました。本当は師匠の手法で俺が新しいのを作りたいところだが・・・俺ごときでは不可能なので、いまのことろ最も近いノウハウということで、引き続きご案内を継続しておきます。御一考ください。
  【相場師朗】 7step株式投資メソッド
-------------------------------------------------------
さて、いよいよ利上げの6月相場だね。

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

(大引け)日経平均¥19,650(▲¥27)

今日はザラバを見ていないので、コメントは差し控えます。ただ、結局大引けは¥27安なので、本格的に動くのは程遠い感じも。今夜のダウもひと眠りしてからウォッチですかね(苦笑)
早朝から叩き起こされて病院へ。いろいろ用事を済ませて戻ったのが17時過ぎ。何も食していなくて、余りもののチャーハンとパンとコーヒーを軽く。やっと珈琲が飲めた。
月末の総括は今夜ですかね。
---------------------------------------------------------------------

7270 SUBARU ¥3,745(▲¥37) 
空売)¥3,782×10000
買戻)¥3,765×10000(+¥170,000


8306 三菱UFJ ¥690.9(▲¥5.6)
空売)¥700.0×20000
空売)¥699.5×30000
空売)¥699.4×20000
空売)¥699.0×10000
空売)¥698.7×10000
空売)¥698.5×10000 
買戻)¥689.0×100000(+¥1,035,000

8750 第一生命 ¥1,844.5(¥9.5)
空売)¥1,848.5×2000
空売)¥1,847.5×1000
空売)¥1,847.0×2000
空売)¥1,845.0×6000
空売)¥1,844.5×4500
空売)¥1,844.0×5000
空売)¥1,843.5×3500
空売)¥1,841.0×2000
空売)¥1,840.0×2000

空売)¥1,838.0×6000 
買戻)¥1,831.5×34000(+¥339,250
----------------------------------------------------------------------------------
口座残高(推定)¥95,560,000 累積出金¥90,000,000 
----------------------------------------------------------------------------------  

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

本日、早朝より身うちに不幸があったため前場を飛ばしました。
ポジションはそのままでしたが、後場寄りで解消します。
ブログ書けなくてすまん!
また後で書けたら書きます^^ 株太郎

着感が強まったこの相場の行方を大きく左右するのは・・・今夜の(米)4月個人消費支出と個人所得かと思ってたんだが・・・。コンセンサスに届かなくても相場はあまり下がらんかな。それよりも(米)5月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)に注目かも。これは民間調査会社(コンファレンス・ボード)が5000人を調査対象にマインドを数値化したもの。なので、日本でいえば内閣府の街角景気みたいなもんか?
今回、難しいのは、1月ー3月で悪化した個人消費が4月ー6月で戻るのか否かということだからな。5月の消費者の意識は結構重要かもしれんしな。

21:30(米) 4月 個人消費支出(PCE) [前月比]0.0%0.4%
21:30(米) 4月 個人所得 [前月比]0.2%0.4%
21:30(米) 4月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]-0.1%0.1%
22:00(米) 3月 ケース・シラー米住宅価格指数193.49
22:00(米) 3月 ケース・シラー米住宅価格指数 [前年同月比]5.9%5.6%
23:00(米) 5月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)120.3119.8

左が前月実績で右がコンセンサスだね。0.4%ってのはガソリン価格を反映したもの。なので除いた0.1%増というのは、利上げにはちと厳しい数字かも。コンファレンスボードも弱めのコンセンサスなんで、米国景気はそれほど強くない?

その辺は、どうなるか分からんが、俺は強くないと読んでるけどな(もちろんポジション・トークだけど。苦笑)。

でも、数字が甘いと、期待感が剥落するだけでなく、結果として今週後半はロシア疑惑やら欧州経済やらにスポットライトが当たることになるから、相場は調整含みになるはず。なので、米国投資家が「利食い」を意識するような展開になれば、「意外安」も有り得ると踏んでるんだけどね。

まぁ、いずれにしても、低金利下の利上げは難しいよな。ましてQE終了も視野に入ってきてる時期でもあるし。その証拠が米国債の金利だろう?

「債券の常識」がひっくり返る、利上げで米国債値上がり
これは、要するにFRBが利上げしやすい環境を作るために、某国が買ってるのかも。10年債で2%台なら買えなくはない水準だからな。もちろん短期筋じゃなくて償還運用だろうけど。
こうなればFRBは遠慮なく利上げできる!?(苦笑)

ハイイールド債とかプライム債券は、秋に大型償還だ。それにサブプライムも利上げで相当に動揺するだろうし。米国の自動車対応年数(平均11.4年)からして、本来バカ売れしていてもおかしくない自動車市場が陰ってることは、結構な問題ではあるし、俺は「利上げは米国経済にとって命取り」と思ってるが・・・。

なので、6月の利上げの可否は、米国経済の試金石になるかも。それまでの2週間は、ダウも新値追いできんと踏んでいる。

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

30日(火)後場大引け

(大引け)日経平均¥19,677(▲¥4

後場に入り、急激に買い戻しが進んだ日本市場だが・・・前場の売りを意識した展開が、何故に後場こうして強気に転じたのかは不明のまま。月末要因とも思えんし、為替も動いたわけではなかったし。考えられることといったら一つで、今夜の米国5月個人消費支出がサプライズな数値になるという情報のリークしかない。最近の米国はとにかく情報のリークばかり。政府機関も信用できんからな。
-1x-1
株式相場の値動きを疑い出したらキリがないが、あまりに不自然な動きをされると、嫌~な気分になるよな。特に今日なんか、後場買われたのは為替敏感やら輸出やら。金融株はさほど買われてないところを見れば、気持ちいいはずもなく・・・。こういう大引けが一番ヤラしいんだよなぁ・・・。

欧州も買い辛い状況で、米国ではトランプが外遊を終えていよいよ次の段階へ。そして日本では隅に追いやられた北朝鮮リスクは、米国では4月よりもむしろ今の方が盛り上がってるらしいしな。それらを市場がどう織り込んでくるのか楽しみな相場なんだが。
--------------------------------------------------------------------
7270 SUBARU ¥3,782(¥15高) 
空売)¥3,782×10000(変わらず)
今夜の個人消費支出が低調とみて、自動車を売るつもりでいたが、最後まで7203トヨタと天秤にかけて迷った末に、SUBARUを選択した。だが、両銘柄ともに後場の買われ方は、どうもインサイダーっぽいんだよなぁ。インサイダーといっても個別情報ではなく・・・。
なので、大引けの引け方を見ても気持ち悪かったので、いまは勝てる気が失せてる。もしかしたらヤラレタかもしれんなぁ・・・。
 

8306 三菱UFJ ¥696.5(▲¥1.4)
空売)¥700.0×20000(含み益¥70,000
空売)¥699.5×30000(含み益¥90,000
空売)¥699.4×20000(含み益¥58,000
空売)¥699.0×10000(含み益¥25,000
空売)¥698.7×10000(含み益¥22,000
空売)¥698.5×10000(含み益¥20,000

8750 第一生命 ¥1,835.0(▲¥2.0)
空売)¥1,848.5×2000(含み益¥27,000
空売)¥1,847.5×1000(含み益¥12,500
空売)¥1,847.0×2000(含み益¥24,000
空売)¥1,845.0×6000(含み益¥60,000
空売)¥1,844.5×4500(含み益¥42,750
空売)¥1,844.0×5000(含み益¥45,000
空売)¥1,843.5×3500(含み益¥29,750
空売)¥1,841.0×2000(含み益¥12,000
空売)¥1,840.0×2000
(含み益¥10,000
空売)¥1,838.0×6000(含み益¥18,000
8306三菱UFJ
8750第一生命も放置のまま建て玉持ち越し。米長期金利の上昇の気配はまずないところを見ると、マーケットがリスクオンではないだろうし。ただ、欧州が今夜どんな反応を示すのかによってダウも意外に影響を受けるんじゃないか、と。
G7が終わってみれば、米国が孤立状態で、メルケルは再度米国を批判した。英国はBREXITでEUと喧々諤々。日本が賢明に北朝鮮問題を主張したところで、各国にとっては馬耳東風。パリ宣言でさえまとまらず、はっきり言って世界中バラバラだもんな。
こんな状況をみてニタニタしてるのは、プーチンだろうしなぁ・・・。
中国は以前にもまして北朝鮮を焚きつけてるとしか思えんし・・・。金融の安定とは程遠い状況だということが分かったしな。
ならば、金融株のポジションを解くわけにはいかんぜよ!(苦笑)

ある意味G7終了は「材料出尽くし」「イベント通過」なんだよな。そのイベントはあまり芳しいとは言えなかったしな。マクロンあたりはプーチンに接近しようとして、はしゃいでるが、あまり跳ねてるとメルケルにお灸をすえられるぜ!(もっともババアの扱いは慣れてるってか!?苦笑)

なので、個別に相場ができるような地合いは継続なんだろうな。主力はつまらんだろうし、個別株がこれだけ弄られたら、個人投資家は楽しくて仕方ないって感じ。年に何度もあるわけじゃないから、このチャンスにガッチリと稼いで欲しいよ。

だが、地合いは思った以上に不安定だからな。何がきっかけでリスクオフになるかわからんし、ファンドはいよいよ中間決算対策をしてくるだろうし。
虎視眈眈、タイミングを狙ってるだろうから。
----------------------------------------------------------------------------------
口座残高(推定)¥94,450,000 累積出金¥90,000,000 
---------------------------------------------------------------------------------- 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

30日(火)前場引け

(前場引け)日経平均¥19,576(▲¥106

前場は新説登場!?産経の記事によれば「ギリシャ支援での欧州不安」が日経平均が売られた原因と・・・。これも酷い!取って付けたような理由だな。どうしてこう適当な報道するんかなぁ・・・。もう少しちゃんと書けよ、と言いたいぜ。
-1x-1
(有効求人倍率はバブル期超え、43年ぶり。あのなぁ・・・労働人口とGDP成長率を加味して比較しろってな 苦笑)

ともあれ日本市場は、利食いが先行して下値を追ったまま、この出来高ではおいそれとリバウンドもできずに前場を終了。昨日から時々でる為替の不可解な動きが気になるんだが・・・。いずれにしても円高方向へジワジワと進んできた影響だろうな。

今夜の米国市場のことを考えれば、今日も売り持ちするしかないからな。あまりに懸念が多すぎて・・・。
------------------------------------------------------------------

8306 三菱UFJ ¥693.5(▲¥4.4)
空売)¥700.0×20000(含み益¥130,000
空売)¥699.5×30000(含み益¥180,000
空売)¥699.4×20000(含み益¥118,000
空売)¥699.0×10000(含み益¥55,000
空売)¥698.7×10000(含み益¥52,000
空売)¥698.5×10000(含み益¥50,000
この薄商いでは取引しても仕方なし、ということで放置のまま。たぶん、後場も触らないと思うぜ。幸いにして7974任天堂が動いてくれたんで・・・放置でちょうど良かったぜ。
ニュースとしては
MUFG:外貨預金29兆円、1年前倒し達成ー世界に担当者50人
だそうだが、日本企業が海外利益を預金して、それを海外で運用するという・・・あまり意味がないような。国内では運用ができず日銀当座でマイナス金利を食らってるというのにな。もっとも為替リスクを取って国内資金を使い事はできんか(苦笑)

8750 第一生命 ¥1,828.0(▲¥9.0)
空売)¥1,848.5×2000(含み益¥41,000
空売)¥1,847.5×1000(含み益¥19,500
空売)¥1,847.0×2000(含み益¥38,000
空売)¥1,845.0×6000(含み益¥102,000
空売)¥1,844.5×4500(含み益¥74,250
空売)¥1,844.0×5000(含み益¥80,000
空売)¥1,843.5×3500(含み益¥54,250
空売)¥1,841.0×2000(含み益¥26,000
空売)¥1,840.0×2000
(含み益¥24,000
空売)¥1,838.0×6000(含み益¥60,000
8306三菱UFJ同様に放置のまま。昨日も書いたとおり、買い戻す気はサラサラなし。欲を言えばもう少し値幅が欲しいところ。ここは動きだすととんでもないスピード出るんで・・・。

7974 任天堂 33,980(¥30高)
空売)¥33,950×1000
買戻)¥34,100×1000(-¥150,000
空売)¥34,350×800
空売)¥34,330×400
買戻)¥34,200×1200(+¥172,000
空売)¥34,400×1200
買戻)¥34,150×1200(+¥300,000
空売)¥34,400×600
空売)¥34,410×200
空売)¥34,430×600
買戻)¥33,800×800(+¥482,000) 
買戻)¥33,750×600(+¥408,000

6502東芝も迷ったが、昨日からの値動きが分かってるこちらを勝負した。まずはGUされたんでロスカット。これで新たなポジションを模索。やはりチャートから買い意欲は相当に強く、地合いが徐々に弱くなるに従って買いものが入るという習性も健在だ。ディーラーにしても外資の短期筋にしても、今日は任天堂を弄るしかやりようがない。その辺も十分に分かった上での勝負なんで、負ける気はあまりしないんだよ。あとは、どのタイミングで利食いしてくるかだけ。上値で揉み合えば必ず利食いが出るさ。読み通りの展開になってくれたんで大きめに獲れた。

米国共和党上院が、トランプ政権の足かせであることはほぼ間違いないし、いまのところトランプにまとめ上げるだけの手腕は期待できない。
プーチン露大統領はイスラム国以上の脅威=米共和党マケイン氏

これは、つまりは昨年の大統領選挙に関するロシア疑惑に関して、トランプ陣営がトラップにはまり込んでいたことに対する懸念が前提になっている発言だ。少なくとも、トランプ大統領では、プーチンに証拠を握られてるが故に、どうにもならないという懸念だろうな。

またBREXITに関してEU側の厳しい要求に対し、メイ首相は総選挙を前にして自信の立場を明確にする意味で、強硬な姿勢を見せている。
メイ英首相、合意なしにEU離脱する用意 労働党首は対照的見解
これでメイ首相が総選挙で勝ち、再度首班指名を受ければ、BREXITは加速するだろうな。

市場は楽観しているけどな、急変動のトリガーは徐々に醸造されてんだよ。
----------------------------------------------------------------------------------
口座残高(推定)¥94,450,000 累積出金¥90,000,000 
----------------------------------------------------------------------------------     

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

よっしゃーーーっ!7974任天堂 今日こそ、きっちり利食い入れてもらいたいぜ!

おはようございます^^

何もない日。個別の需給だけかも。
昨日は超薄商いの1日だったが、今日もそんな感じかも。
7974任天堂の売り持ち越しはどうも失敗。ポジ獲り直しだな。

それにしてももう5月も終わりかぁ・・・。早いな。早すぎる。
今日はまた仮想通貨祭り?コンビニ導入を目指す、なんて記事あったしな。
7974任天堂か、6502東芝か・・・いっちょ行ってみるかぁ! 

トランプは株式市場の最大の懸念

が今の相場で、最も懸念していることは・・・
相場と言うよりも、米国経済の枠組みに関してのことだが・・・
-1x-1
トランプは従来の方針を180度転換する保護主義を強硬に唱えているが、言うまでもなくこれは米国の経済構造を根本から覆すものなんだよ。だいたい、サブプライムショック以降未曾有の金融緩和(FRBによるQE)で、とにかくジャブジャブと資金供給して不良債権の金利負担を止めた。同時に金利引き下げで5%~10%もの金利差を生じさせて、その差額を不良債権処理にあてたわけだ。この政策の元祖は実は日本なんだよ。

日本は金融機関の不良債権処理のために膨大な国債を強制的に金融機関に引き取らせ、日銀がそれを買い上げることで金利低下(国債価格上昇)を誘導して、その金利差で不良債権処理を行ってきた。つまり、大量に資金供給して金利差を生じさせれば、不良債権処理が可能というモデル。これをバーナンキは全部真似たわけだよな。

もちろんこのモデルは資本主義至上初めてのもので、従来はインフレが怖くてとても導入できるものではなかったんだ。ところが、気がつくとグローバリズムの普及で国際分業が普及していた。これがある限り、輸入は常に国内生産よりも極めて安価で、常にデフレ圧力が働くわけで、金融緩和をやってもインフレにならないことに、バーナンキは気がついたわけだよ。実際日本では、いくら金融緩和をしてもインフレにはなっていないどころか、着々とデフレが進行しただけだった。その意味では、あのトンデモ経済学者の竹中平蔵の唯一の、しかもほとんど金字塔のような政策だったわけだよ。

サブプライムショック後は、まずは不良債権の金額を封印すること、そして金利上昇の最中、中銀が市場介入することで金利を大幅に引き下げる、という日本式を大胆に導入した。そして一時的に不良債権を債券化しこれを無差別に中銀が引きとり続けたわけで(CP買いオペ)、金利は反転し短期金利は5%→0.25%まで低下。思惑通りだよな。

それを見ても、日銀の白川総裁は全く何も感じなかったから、日本はデフレであり続けた。過去の政策がある程度成功していたにも関わらず、前任の福井総裁が数々の利益相反を行っていたことで非難がでて、白川総裁は政策踏襲をしなかったわけよ。だが、実際のこのモデルは極めて有効でそれを黒田総裁になって改めて大胆に再導入したということなんだぜ。もちろん、日本以前に欧州(特にドイツ)がQEを大胆に導入していたから、これで日欧米は揃って金融緩和の足並みが揃ったわけ。

けれども、その前提というのは、【輸入によるデフレ圧力】なんだって。これが大きなキーポイントで、これがインフレを抑制し、CPI上昇を食い止めるからこそ、金融をジャブジャブにできるわけ。そうでなければ日欧米はとっくに極めて危険なインフレに見舞われていたさ!

けれども、トランプは(というよりトランプの経済ブレーンは)、このことを全く無視しているか、軽視しているか、または気づいてもいない、主義主張の全く違う面々らしいな。だから、【保護主義】をぶち上げてこの【奇跡のような金融政策モデル】をぶち壊そうとしてるわけよ。
だからトランプが内需拡大やら減税やら、輸入品に対する大幅課税なんかをぶち上げれば、米経済に有効に作用していたデフレ圧力がすっ飛んで、米国経済は【超インフレ】に突入しちまう・・・。

なので、トランプの経済政策は、正直ほとんどアホの政策なんだっての!G7を見ていて分かるように、トランプが孤立するのは、さしたる意味もなくそうした経済政策を否定するからなんだぜ。各国首脳はもちろん経済政策なんかよくわからん面々だから、自国のブレーンで検討して方針を決めるわけだが、トランプの方向性は大きなミステイクだと、はっきりと断言されているわけだ。

いまでも部分的には米国は極めて深刻なインフレに見舞われてるわけだよ。すでに大都市部での不動産価格、家賃価格はとんでもなくバブルで、住宅価格もまたウナギ登りだ。その他さまざまな分野での物価上昇が始まっているが、輸入品価格がそれを抑え込んでいることでなんとかインフレの加速を抑えているのが現実だ。それでも奨学金の返済はもはや米国でも不可能になっている。

だから仮にFRB利上げを続けるなら、部分的なインフレが爆発する可能性があるのよ。もちろん債券金利は急騰するだろうし、そうなると個人のファイナンスにも大きな影響が及ぶわけだよ。そして最終的には個人消費が落ち込んでしまう。そんなの年初からの自動車販売の状況を見ればすぐにわかるさ。
しかし、金利を引き上げてここでインフレを食い止めないとヤバイ!

そのFRBとトランプの政策は真っ向から対立するわけだよ。はっきり言ってトランプ政権の面々は経済を知らなさすぎるし、関心もない。軍人ばかりじゃ話にならんし、石油屋と不動産屋じゃてめえの分野だけ価格が上昇すりゃいいわけで・・・。

だから、【トランプ潰し】【米国の良心】なんだよ。早いとこ、なんとかしないと米国経済は混乱するばかりだ。
今の市場は、経済政策に関してトランプは政策実行力がなく現状維持というコンセンサス。その中でFRBが利上げをするという方向を織り込み始めてる。なので、トランプを無視している業績相場になっている。だが大きな動きがあれば・・・この微妙なバランスは大きく崩れる可能性が高いわけよ。良くも悪しくも【トランプ相場】継続中だってことさ。
 

YOUTUBE動画集のプライマリ・コレクションを目指す!(1ヵ月ぶり再開です!)
【WET BLANKET】
面白・癒し動画の決定版!5月より毎日継続アップ開始!
【Feel So Good】
お陰さまでアクセス急増。本音爆発!プライベートも
【株・愚痴の裏道】

このページのトップヘ

見出し画像
×