アーカイブ

2016年11月

28日(月)後場大引け

カテゴリ:
(大引け)日経平均¥18,356(▲¥24

後場に入り俄然押し目買い優勢となってきた日本市場。小型株にもぼちぼち買いが入ってきた気がする。ようやくこの押し目で個人が買いに回ったかな?という気がしてきた。日経平均にしても5日線タッチから反発しての陽線なんて・・・。
reutersmedia
(流石に若くて良い男だな。レーガン&ナンシー。米国市場は80年代の再来!?)

これで日経平均が反転したら、「押し目待ちに押し目なし」を地で行くような、とんでもない強い相場だってことになっちまう。ひつには今夜のダウが強いだろうという予測だろ。だがそれにしては理由が弱過ぎるし、もしかしたら日銀かもしれん。今日、ETF買ってたら・・・褒めてやるけどな(苦笑)

なかなか、悪戦苦闘した週初のスタートになった。さて、調整!みたいな気分でいろいろ板を見ていたが、まずは後場寄りからの日経平均の動きで「日銀!?」というのがよぎったわけよ。それと小型株がジワジワ買われてきた。実質12月相場入りなんで、そういう動きもあるだろうな、というところだが。
------------------------------------------------------------------
2471 エスプール ¥1,497(▲¥9)
買)¥1,510×500  (含み損¥6,500
買)¥1,505×2000(含み損¥14,000
買)¥1,501×500  (含み損¥2,000
75日線タッチでの反発を期待したいところだが、相当に不人気銘柄らしい。どう考えても「買い」としか見えないんだがなぁ・・・。一応¥1,490で板を厚くして見たんだが・・・。ジワジワでいいから、明日以降反転して欲しいところ。
というか行くだろう。行かなきゃ嘘だぜ!

6272 レオン自動機 ¥901(¥14高)
買)¥888×200(含み益¥2,600
買)¥889×100(含み益¥1,200
買)¥890×300(含み益¥3,300
買)¥891×300(含み益¥3,000
買)¥894×700(含み益¥4,900
押しがあって反発なので、「買い」という単純な発想。だが、この会社、下期は相当な上方修正にならざるを得ないはず。なので、この高値圏でも割高感は皆無!だが、枚数買えないところが苦しい。さりとて上の厚い板を獲る勇気はなし。動いてくればなぁ・・・。(また高いところを買っちまったし・・・苦笑)

2469 ヒビノ ¥3,470(¥20高)
買)¥3,440×300(含み益¥9,000
買)¥3,445×300(含み益¥7,500
買)¥3,450×300(含み益¥6,000
性懲りもなくまた買ってる。好きな会社だから(笑)

7270 富士重 ¥4,659(▲¥36)
空売)¥4,614×1000
空売)¥4,613×600  
空売)¥4,612×400  
空売)¥4,610×1000
買戻)¥4.589×3000(+¥69,600
買)¥4,598×1000(含み益¥61,000
買)¥4,597×1000(含み益¥62,000
買)¥4,596×1000(含み益¥63,000
買)¥4,602×2200(含み益¥125,400
自動車が調整したのは、非常にいいことなんだが、これ以上押さない気がしてきた。取り組みもあるんだが、それよりもドル円の動きが気になって、まぁ分からないけれど、少しは持っていたいという・・・。だが、少しじゃ無くなっちまったけど(苦笑)。
取り組みがこうなると(売り長)、安心感があるというか、どの道揉み合いになるから、一方通行でなくなるんで・・・。いろいろ書いてるけども、本人は結構ドキドキで板見てるんだよな。 

自動車株の調整が1日ってこともないはずなんで、本来今日は買うべきではなかった気がするんだが、そこを買いに行ってしまうというのは、「信用取り組み」があるからなんだよな。その辺は8306三菱UFJも同じだろうし、8750第一生命もだ。本来なら、8306に入りたかった。だが、あんな買われ方をされると入るに入れなくなる。大型株が、値が軽すぎるだろ!

さて、どうも、米国市場をちょっと舐めてる、というか軽んじてる気がするんだよ。あんなに上昇して、調整するだろ!ってみんな思ってる。だが、俺は相当に、いやとんでもなく強いんじゃないかって感じてるんだよ。なので、日本市場もロクに調整なんかしない可能性もある・・・。
そして小型株に関しては、今日が初日になるかなと。今週は意外に強い週になりそうな気がしてる。
-----------------------------------------------------------
口座残高(推定)¥34,710,000 累積出金¥13,800,000
----------------------------------------------------------------------------------  

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
まだまだ相場は急落しない25日記事
株・短期の花道(新作)
【チーム小型好業績割安】今日の結果25日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【2016.11.26】
まだまだこれから
いま、そこにある危機【2016.11.27】
暗黒の時代へ(前編)
暗黒の時代へ(後編)

あなた、有名人ですから

小池東京都知事 結局何もしていない!?6日記事
Anomalies & Fabrications 
政権の根幹に関わる電通の強制捜査7日記事


28日(月)前場引け

カテゴリ:
(前場引け)日経平均¥18,234(▲¥146

GDスタートの日本市場は戻す気配もあったんだが、徐々に利食い優勢の展開となった。ザラ場でこうして傾向が変化してくれる相場は悪くないよ。夜間先物で決められてザラバは小動き、みたいな相場じゃマジで獲れないからな。しかし、こうなってきて、大きなポジを作るのは難しい。こまめに地合いに付いて行くしかない
1200x-1
(国内の個人投資家が激減らしい・・・)

しかし、これで日経平均は調整モードになるだろう。ダウも流石に売られるだろうし、ドル円も巻き戻しになるよ。だが、どこまで押すかは未知数。個人的には深押しはないと見てる。¥18,000を割らないかもしれん。

いずれにしても、こうなれば、日経平均は上値を狙える。あのまま、永久に上昇はないからな。どこかで需給を調整しないと上値は追えない。だが、教科書通りというか、約束通りというか、このタイミングで押してきた。売方はほっと一安心だろう。高値に飛びついたアホな俺のような買方は、ちょっと熱いはず!なので、いち早くブンナゲて正解だったとしたい。
------------------------------------------------------------
8750 第一生命 ¥1,839.5(▲¥25)
買)¥1,835.0×2000
買)¥1,834.0×1000
買)¥1,833.0×1000
売)¥1,844.0×4000(+¥39,000
メガバンクが買われたからといって、生保損保が買われるわけじゃないんだが・・・。外債の運用が評価されてるってことだが・・・今日は売られてるな。まぁ、そんなこんなで、薄利手仕舞いはやむなし。

2432 DENA ¥3,545(変わらず)
空売)¥3,575×2000
空売)¥3,570×2000
買戻)¥3,485×3000(+¥265,000) 
買戻)¥3,480×1000(+¥90,000
材料が材料だっただけに、ほとぼりは直ぐに醒めた感じ。こんな時は深入りは禁物ってことで・・・。
しかし、それにしても、改めてこういう会社がPER45ってのは、納得がゆかないし・・・。気が付けば、任天堂やらZMPと協業することしか無くなってる。スマホゲームも展開が変わってきてるしな。現実には厳しいだろうな。

2471 エスプール ¥1,486(▲¥20)
買)¥1,510×500  (含み損¥12,000
買)¥1,505×2000(含み損¥38,000
買)¥1,501×500  (含み損¥7,500
今日もまだ良く売られてる。これで75日線にタッチして、一体どこまで売られるのやら。下値に大きめの指し値があるうちはダメだね。
こういう会社は株価を維持するためにはIRしかないのか?PER11.5となって、さびしい株価になったな。信用買い残も少ないし、弄るにはこれしかない、という条件が揃ってるんだが。シコシコ空売りしてるGSに対抗しようという投資家はいないみたいだな。
だがGSは繋ぎ売りだろ?現物持ってるし。なので、俺はここの需給は思いのほか悪くないと思ってるし。個人投資家のマインドがよく現れてる銘柄のような気がするけどな。まぁ、耐えてみるつもり。

7270 富士重 ¥4,586(▲¥109)
買)¥4.673×1000
買)¥4,672×1000
買)¥4,671×1000
買)¥4,670×1000
買)¥4,669×1000
買)¥4,668×1000
売)¥4,628×1300(-¥717,00
売)¥4,627×700  (-¥31,500
売)¥4,626×2200(-¥97,600
売)¥4,625×1800(-¥78,200
買)¥4,625×1000
買)¥4,624×1000
売)¥4,635×2000(+¥21,000
買)¥4,626×1000
売)¥4,636×1000(+¥10,000
買)¥4,610×2000
売)¥4,625×1000(+¥15,000
売)¥4,626×1000(+¥16,000
空売)¥4,614×1000( 含み益¥28,000
空売)¥4,613×600  (含み益¥16,200
空売)¥4,612×400  (含み益¥10,400
空売)¥4,610×1000(含み益¥24,000
デイトレで少し補填して、最後は6000株のブンナゲで買いを手仕舞いした。もう一度ポジションを作りなおさないとダメだと感じたんだよな。どうも、自動車は売られる日(利食い)みたいだし。そうこうしているうちにメガバンクが買われ始めて、物色の対象が戻ったな、と感じた。日経平均がこれくらい押してくると、やはり利食いのパワーが強くなる。これじゃ売り方もヤスヤスと買い戻そうとは思わないだろう?まぁ、こういうのも、仕方なしだな。
というわけでブンナゲたらドテン売りということで・・・。株数売れなかったんでデイトレか。

ドル円が円高に振れてるのに、どうして商社が買われるのか、この辺りが理解できてない。いくらなんでも円高は商社にとってもデメリットのはず・・・買い決めなのかもしれないが。ここ数日売られてたからその反動かもしれない。
もう一つ、なぜあんなところでメガバンクに買いが入った!?何かニュースでも出たんかな。忙しくて、とてもニュースを調べてる時間が無いよ。
ガチャガチャと弄り倒して、なんとかマイナスしないようにと奮闘。流石に日経平均のこの位置じゃ、利食い千人力ってか!?(苦笑)
前場からどっと疲れたぜ。
-----------------------------------------------------------
口座残高(推定)¥34,660,000 累積出金¥13,800,000
----------------------------------------------------------------------------------  

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
まだまだ相場は急落しない25日記事
株・短期の花道(新作)
【チーム小型好業績割安】今日の結果25日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【2016.11.26】
まだまだこれから
いま、そこにある危機【2016.11.27】
暗黒の時代へ(前編)
暗黒の時代へ(後編)

あなた、有名人ですから

小池東京都知事 結局何もしていない!?6日記事
Anomalies & Fabrications 
政権の根幹に関わる電通の強制捜査7日記事


カテゴリ:
おはようございます^^

日経平均は結構なGDスタート。
2432DENAはとりあえず買い戻して手仕舞い。良くわからん材料だけに、この辺にしておく。
7270富士重は、グイグイと売られて含み損拡大!
2471エスプールは余りの弱さに買い上がりたい欲求に駆られるぜ(苦笑)
動かない小型株はつまらんね。

日本市場はようやく利食いモードに入ってきた。こんな時、小型が元気にならんとダメ。 けど、こういう押し目で日銀はどうするんかな?
おおおっ!?メガバンクにいきなり買いかよ!
8750第一生命買ったんで波及してくれ!

師匠の思い出 5 カネと思うな!(後編)

カテゴリ:
jessy
(世界大恐慌の前夜、膨大なショートで4000億円(現在の価値)以上を儲けた伝説の投資家:ジェシー・リバモア)

週末金曜の後場になって、いよいよ厳しくなってきた。含み損は500万の手前まで達してた。もう、俺は耐えられなくなっちまった。
「Yさん、ヤバイです・・・・」
「だな・・・」
俺は泣きたい気持ちになった。この4カ月、やっとの思いで稼いだのに、一週間で500万もヤラれて・・・。
「どうしたら・・・」
「切れば!?」
「・・・・」
金曜の後場の2時半ころ、大きめの板にぶつけて全株をロスカットした。資金は、せっかく2500万まで積み上げた資金は、一気に2000万を割り込む始末。だが、それがその日の底値。翌週にはほどなくして反転しだしたんだ・・・。
俺は茫然とした。そしてこれまで何度も負けて、損切りばかりしていた頃を思い出したよ。失う辛さ、というのはホント、尋常でないくらい辛い。辛くて、落ち込んで・・・。マインドコントロールを失って、どうにもならなくなるんだよ。

翌週の水曜に師匠のところに顔を出した時、4%ほど値戻りをしてた。
「少し押して、下値を割らないで戻ってくれば、買えばいい」
師匠はそう言ったんだ。
でも、当時の俺は損切りした銘柄なんか見たくなかったし、買う気も起きなかった。そんな俺に師匠は「買い」と言ったんだよ。
「Yさん、気分悪くて買えないよ」
「どうして?ロスカットしたから?」
「そりゃ、あの金額を切れば落ち込むでしょ」
「なんで?株だよ!」
「500万ですよ、500万。高級車1台分だぁ」
「あのね・・・」

師匠は俺に言ったんだ。
株式投資をしている以上、株価の上下はつきものなんだ。当然、理由なんか関係なく売りたい奴なんていくらでもいるんだよ。資金繰りのために嫌々換金するという投資家もいるだろう。良い銘柄と言っても買って直ぐに上昇するなんてことはないよな。むしろ板みてて、売ってる気配を感じたら、ポジションを閉じて買い直せばいい。
で、ここからが肝心なことなんだが、株式投資の資金を「カネ」と思った瞬間にまけるからな!それだけは、覚えておいてよ。


500万あったら何でも出来る。贅沢もたくさん出来る。車だって買えるし、毎日美食に酔うことも、高級な服をたんまり買うことも出来る。それは500万円というカネだからな。ところが、株やってるとそんなものは下手をすれば一瞬で消えるんだよな。そんなとき、「500万が消えた!大損した!」と思うと、何も出来なくなる。だから、「500点負けた」と思いなさいってことなんだ。「カネ」に置き換えない!
「株の資金はカネじゃなくて点数と思え」
そんなことを師匠に言われた気がする。
そして、「信じて7000万も投資した銘柄を、どうして再度買えないの?」と。
「買えば資金を回収できると、どうして思わない?」

いままで、俺はそんなこと考えたこともなかったんだ。ロスカットした銘柄は未練を持つより株価ボードから消したりしてた。だが、「悪材料で下げたんじゃ無ければそんな必要ないし、チャンスはいくらでもあるし。そういう銘柄こそ、大事に株価を監視しないといけない」って言われたんだよ。

そういう投資行動はすべて、資金を「カネ」と思ってるから起こることなんだって気がついた。そしてやられたらリベンジの可能性を必ず探る、という癖も付いた気がする。師匠は俺が損切りした金曜の大引け後・・・
「取り戻せば問題ないよ」
と言ってショートホープをくゆらせていたよ。その日4箱目の最後の一本だと言ってたな。
  

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
まだまだ相場は急落しない25日記事
株・短期の花道(新作)
【チーム小型好業績割安】今日の結果25日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【2016.11.26】
まだまだこれから
いま、そこにある危機【2016.11.27】
暗黒の時代へ(前編)
暗黒の時代へ(後編)

あなた、有名人ですから

小池東京都知事 結局何もしていない!?6日記事
Anomalies & Fabrications 
政権の根幹に関わる電通の強制捜査7日記事


師匠の思い出 5 カネと思うな!(前編)

カテゴリ:
師匠と一緒に相場をやった期間は正味半年くらいだったと思う。そして仕事の関係もあって、またいろいろと師匠に叩き込まれて、なんとか一人でも相場に向かい合えると思って、一応卒業ということになった。其の時には、かき集めたなけなしの500万が3500万程になっていた。
4ヶ月目くらいの相場で俺は、「これは」という銘柄をどうしても欲しくなった。その時は師匠が選んだ4銘柄の買い建て、売り建てを繰り返すことで何とか勝ち進んでいたんだが・・・。
konoe_1757
(麻布の渡辺喜太郎氏も大物相場師だった・・・)

「Yさん、この会社どうです?」
「小型株か。止めておいた方がいいよ」
「どうしてですか?でも業績良いし、割安だし・・・それにこの業界も俺はちょっと詳しいんで」
「う~ん・・・じゃ、買ってみれば?」
「いいんですか?」
「いいもなにも、君の資金だからね」
というわけで、俺は4751サイバーエージェントをほぼ全力買いで向かったんだ。師匠の維持率50%まで、というのも無視して35%まで買った。自信があった。ちょうど今頃の季節だった気がする。これから年末に向かって小型株は上昇ムード。しかもこれで勝てれば、失った3000万は全額回収できてお釣りがくる、と獲らぬ狸の皮算用に夢中になった。100%とは言えないまでも90%は勝てると思ってたんだ。

「買い過ぎだよ。調整して」

そんな師匠の言葉にも耳を貸さなかった。というか、あしらったと言った方が適当かも。心の中では、師匠のいうことをちゃんと聞かないとまずい、と思いつつ、どうしてもこの勝負はやってみたかった。業績もPERもチャートの位置も、形も、全て上昇を示唆してたんだよ。

大勝負だよな。2500万あって7000万近く買い建てたんだから・・・。3割は獲れると思った。下手しても10%は堅いと・・・。その日は仕事も手に付かず、夜は興奮して寝付けなかったよ。何度も何度もチャートをみて、四季報みて、YAHOOの掲示板を隅々まで読んだ。若くしてマザーズ上場を果たした藤田社長って凄い奴だなと。経歴も、交友関係も、繋がりも、全部調べたよ。IT社長ってのは、なにもかもが、派手だったな。

翌週になると、株価は揉み合いの展開になって、ジリジリを値を下げた。そして確か5%ほど買い値を下回って、維持率が30%を割り込んだ。含み損は約350万。週半ばを過ぎて師匠の処に顔を出した時は、平然を装ってはいたものの、内心は「青菜に塩」だったよ。
「売られてるな・・・」
師匠のこの一言が、胸に響いた。いや、鋭いナイフで抉られるような感じだったよ。なぜなら、師匠の口から「売られてる」という言葉が出る時には、必ず確信を持ってのことだったから・・・。

「売られてますか?」
「うん、ポジション変更してるよ。売り物の出方で分かる」
「というと?」
「株価を下げさせないように売ってるだろ?ほら、買い板が埋まってくるとバサッとやる。けれど、下の節目までは売らない」
板には確か5000枚くらいの買いが下値に入ってた。板はその10ティック上辺りで推移してた。

「空売り入ってますか?」
「当然入れてるだろうな。だから、このままなら、タイミングで厳しい売り方してくると思うよ」
あの頃、確か空売り規制がいまみたいに厳しくなかったからな。一旦始まると、成り行きで空売りをしてくるのが、外資の常だった。

「でもどうしてこんなに安い銘柄を投げるの?」
「投げる理由なんかいくらでもあるんだよ。株価の安い、高いじゃないんだよ」
「そうなんですか?」
「株価が、安いの、高いので、買ってるのは個人だよ。大口はもっと別の視点だろうから」
「・・・」

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
まだまだ相場は急落しない25日記事
株・短期の花道(新作)
【チーム小型好業績割安】今日の結果25日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【2016.11.26】
まだまだこれから
いま、そこにある危機【2016.11.27】
暗黒の時代へ(前編)
暗黒の時代へ(後編)

あなた、有名人ですから

小池東京都知事 結局何もしていない!?6日記事
Anomalies & Fabrications 
政権の根幹に関わる電通の強制捜査7日記事


いま、そこにある危機 2016.11.27 暗黒の時代へ(後編)

カテゴリ:
01-thumb-684x467-141

<中国>

xi01現在の不動産バブル、そして商品バブルは中国経済の最後の仇花である。中国経済は・・・人民元安に誘導することによって経済再生を計ろうとしていることが明白になった。しかし、それこそが中国経済再生の唯一の手段かもしれない。世界経済において大きなウエイトを占める輸出国の通貨が底なしとなる影響を世界は予測出来ていない。

<ロシア>
3c330cf4794b983957140ac50af661f9プーチンは世界におけるロシア復権を強硬手段を使って果たそうとしている。核軍縮と言いつつ、核兵器の近代化に対し膨大な予算をつぎ込んでいる。気が付けばNATOは欧州においてロシアの敵では無くなりつつある。おそらくプーチンは、ロシア復権にためには悪魔とも手を組むだろう。地政学的にもロシアと中国は絶対に敵対出来ない位置関係だ。しかるに、欧州を牽制するよりもはるかに簡単にアジア・太平洋地域は制することができると考えているだろう。その時日本は・・・。

<サウジアラビア>
gj米国がイスラム圏支配に完全に失敗し、中東はサウジを盟主とする新たな枠組みを確立しつつあり、ひいてはこれがサウジをイスラム圏でのリーダーに押し上げた。アルカイダもISも裏を返せばすべてサウジの資金供与がある。混乱を演出しそれを制することでイスラム圏での覇権を握ろうとするのがサウジの戦略だ。しかるに、サウジにとって原油価格は$30~$40でいいのではないか?それが他の産油国の台頭を抑制し、覇権を握れる価格であると見る。世界情勢を50年、100年の単位で見れば・・・イスラム圏を制する者が世界を制するのは、明らかなのだ。

<日本>
6今年は遂にアベノミクスの効力が失われた年となった。財務省の増税攻勢によって財政政策効果はことごとく削がれ、気が付けば内需はデフレ状態に逆戻りしている。日銀の金融緩和も気が付けば米国経済を支えるためのもの?というくらい内需にとっては貢献していない。日銀が金融緩和をすればするほど米国株が上昇する。もちろん、円キャリー効果である。


長期政権になった安倍内閣は、アベノミクスという象徴的な言葉に頼っているが、2016年は実質的にはほぼ無策の状況にあった。そして日銀は、マネタリーベースを増加させるとインフレになるという極めて古典的な経済観念に基づく金融政策で失敗した。
そして、韓国は崩壊し、中国は覇権主義を強め、遂にはロシアに領土交渉で極めて過大な要求を突きつけられるだろう。経済政策に決めてを欠いて、さらにプーチンに翻弄され、日韓スワップで痛手を負う安倍政権は、よく見れば八方ふさがりの状況にある。その上、日米関係においてTPPを失った痛手は大きい。

世界の主要国、主要地域が、国益最優先の姿勢を競い合う状況となり、新時代の覇権を狙っている。いずれかの地域で大きな戦争も起こりえる状況下にある。株式のリスクオンである裏側は債券のリスクオフだ。膨大に膨れ上がったマネーは、現在の中国と同様にバブルを生み出すだろう。株式市場もこのまま天井知らずの上昇に突入するかもしれない。しかし、それは世界中に蔓延するリスクの裏返しだろう。
きっと、リスクが無ければ相場は上昇しないのだと思う。格差のない平和な世界では相場が急上昇することはないのではないか?現在、一触即発の危機が蔓延しているからこそ、世界中に溢れた金融緩和マネーがその行き場を探している。キャッシュ、国債、そして株式や資源・・・。恐らく、最後に集中するのは株式と資源だろう。しかし、どの道、大暴落を誘発させる誘発させるリスクの裏返しだと、常に考えておくべきだと思う。 

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
まだまだ相場は急落しない25日記事
株・短期の花道(新作)
【チーム小型好業績割安】今日の結果25日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【2016.11.26】
まだまだこれから
いま、そこにある危機【2016.11.27】
暗黒の時代へ(前編)
暗黒の時代へ(後編)

あなた、有名人ですから

小池東京都知事 結局何もしていない!?6日記事
Anomalies & Fabrications 
政権の根幹に関わる電通の強制捜査7日記事


いま、そこにある危機 2016.11.27 暗黒の時代へ(前編)

カテゴリ:
上昇する株式相場とは裏腹に、世界の政治情勢は暗黒の時代へ突き進んでいるように見える。そして年明けの株式市場は・・・一進一退の展開になり、やがては未曽有の危機に見舞われる可能性もまた非常に高いと俺は考えている。
slide_4
(メンバーが変わってしまう!伊勢志摩サミットにて)

恐らく、トランプ相場になってFRB利上げも吸収してなお堅調な相場動向のなかで、投資家はリスクを忘れる。日本市場で言えば、ここから個人投資家が、焦れて「買い」で参入してきて、年内相場は堅調に推移するだろう。米国市場は・・・史上初の$20,000でさえ通過点とばかりに、上値を追ってくる可能性が高い。だが、いまなお全く未知数のトランプ新大統領の外交手腕、ロシア復権を狙うプーチンの強硬姿勢、サウジアラビアのイスラム圏における覇権、影響力が衰えるEU・・・有頂天になる株式市場を襲うのは、世界政治の極めて危険な政治情勢になると思う。

政治が経済を無視する時代、必要とあらば通貨をジャブジャブにすれば解決するという危険な認識を持った政治家たちが、新たな覇権主義に向かうことがすなわち、世界経済の危機を象徴する。現状は決して楽観できない厳しい状況であることを、忘れないようにしたいものだ。

<米国>
reuters20161109150634-thumb-720xautoトランプ新大統領は、財政政策によって米国経済を活性化させると公約した。公共投資と減税、軍備拡大によって大幅な財政拡大を目指す。FRBが金融緩和の出口を模索しているにも関わらず、真逆の政策を行うわけだ。この矛盾を株式市場が消化するのは難しいのではないか?
すでにその兆候は出ていて、米国長期金利は急上昇した。しかるに本格的な財政拡大は大幅な国債発行を伴う。その局面では米国金利はさらなる上昇となり、債券市場を襲う。米国債の有力な担い手であるサウジ、中国は米国債を売却中だ。そして今後も米国債を引き受ける投資国、投資家が名乗りを上げる可能性は極めて少ない。

だが、そうなってもトランプは自身の政策を曲げることはないだろう。対外的には強硬姿勢で臨むだろうし、国内的には今回の大統領選挙で分断された勢力を、とくに黒人を中心としたマイノリティに対する政策が国内治安を極めて厳しい状況に追い込むだろう。2017年の米国は、白人中心の覇権主義とマイノリティ(もはやマイノリティではない!)との軋轢で非常に不安定になるだろう。そして、結局のところ、トランプはプーチンの横暴を封じ込めることは出来ないだろう。

<欧州>
ruドイツではメルケルの求心力が喪失した。再選の意向らしいが、もはやドイツの手法ではEUを維持できないのは明白だ。ドイツの最大の輸出国は中国だが、人民元安によって膨大な打撃を受けている。EU圏内の輸出に関しても南欧の経済危機によって減少しつつある。もはや2017年のドイツにはEU経済を牽引する余力はない。そしてフランス、イタリアは政治情勢が極めて不安な状況だ。さらにイタリア、スペイン、ポリトガル、ギリシャ、東欧加盟国は、ほぼ経済的に破綻に近い状況にあるのが実態で、欧州におけるロシアの存在が極めて危険である。

2017年、EUは崩壊の危機に見舞われる。EUの金融機関は、EUの枠組みでは救済できないし、根本的な不良債権処理は不可能なのだ。まずは、イタリアから。遂に公的資金による救済を決めたが、いくら投入したところで金融機関の収益がプラスに転じなければ意味がない。もはや、国際間の金融機関統合以外に道はない。

 

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
まだまだ相場は急落しない25日記事
株・短期の花道(新作)
【チーム小型好業績割安】今日の結果25日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【2016.11.26】
まだまだこれから
いま、そこにある危機【2016.11.27】
暗黒の時代へ(前編)
暗黒の時代へ(後編)

あなた、有名人ですから

小池東京都知事 結局何もしていない!?6日記事
Anomalies & Fabrications 
政権の根幹に関わる電通の強制捜査7日記事


日本市場上昇の根拠を書いちゃうぜ!

カテゴリ:
何としても日経平均は昨年8月のアベノミクス高値¥20,946を越えなきゃ仕方ないぜ!

いま始まったこの相場、上昇は1年間だと思うんだ。その後、数ヶ月の調整期間を経ていよいよオリンピック前の上昇に転じる。俺は個人的にはそんなシナリオを描いてる。なので、もしも仮に深い押し目があれば、現物に転じてサラバから離れてもいいかな、と考えているんだ。
このまま、ザラバをやっててもいいんだが、最近マトモな投資が出来ていないし、短期で一喜一憂するのも相当にエネルギーが必要なんだよな。
img_ef56da568bd083ca52cefc5784135f92237418
(もうこんな季節なんだよな)

先月、そう考えて3686DLEから仕込み始めたんだが・・・その時は相場に自信が持てなかったし、大統領選挙前で乱高下の可能性もあった。なので、ビビって現物の全ポジを手仕舞いしちまったんだよな。実際にはこの会社、野村証券を相手にMSCBなんか発行してしまって、株価は急落しちまったんで嫌な思いをしなくて済んだんだが・・・。
このところ、ずっと現物長期投資を考えたポジションの作り方を研究してんだが、これはという答えになかなかたどり着かないのよ。こんな時、師匠が存命ならなぁ・・・なんて甘えたことを直ぐに考えるんだがな(苦笑)

ある投資家は、ダメ株をコレクションするんだとか・・・。ダメ株、ボロ株を20銘柄とかポジって放置しておく。すると10社に1社くらいは急激に業績が回復して株価は5倍、10倍と膨らむ。そこで利食いするんだとか・・・。もちろん、20社もあれば2つや3つは株式市場から退場するんだとか。株は便所の紙にもならなくなるんだが、そのくらいは覚悟でやるんだって。そうすると化ける銘柄が出るんで十分に利益が出せるそうな。そして「名投資家」っていわれるんだろうな。
祖父から受け継いだ卵ボーロの製造を機械化してひと財産を作った竹田和平氏(故人)なんかその種の投資家だよ。余談だが、この人の膨大な遺産はどうなったんかな?(笑)

まぁ、俺は株式投資は本業としたくないんで、いつかは抜けるつもりなんだよな。まだ、没落する前の財産というか、そう言うのには程遠いし、老後を過ごすには心もとない数字しか残せてないんで、そういうことを考える身分じゃないと思うが、反対に夢を追う時間も刻々と失われてゆくんだよ。歳は取りたくねぇよな。
だが、少なくとも今の投資スタンスだと、大きく勝つのは無理だろうな。このトランプ相場になっても腰が据わらんというか、目先の1%、2%で勝負してるんじゃ、話にならないし・・・。
せめて1億、2億の現物投資ができればなぁ。なんとか、夢を追えそうな気がするんだが・・・。

そこで、俺がこの相場は日経平均¥21,000を獲ってくると思ってる根拠を公開することにするよ。是非、そういう考え方もあるんだ、というくらいでいいので参考にしてくれ。
(ダウ、日経平均株価比較10年チャート)
dainikke
ごちゃごちゃしてて見辛いチャートで恐縮だが、これがここ10年間の日米株価比較なんだよ。これはリーマンショック直前の水準を「同レベル」とした水準比較なんで実際の株価を比較したものじゃない。けれど理屈は一緒だからな。

imgresさて、リーマンショック後米国は異次元の金融緩和でいち早く立ち直った。だが、日本は白川(貧乏神)総裁の不見識でモタモタして一向に株価は立ち直れなかったんだが、政権交代を機にドカドカと海外勢の買い物が入ったんだよ。ここが肝心な点だよ。要するに外人ってのは、政変にメチャメチャ敏感に反応するってことだ。だから今回のトランプ当選でこういう相場になるのは、言ってみれば「必然」だったんだよな。

遅ればせながら黒田スッポンが政策転換して「異次元の金融緩和」をやりだしたら、もう一段海外勢の買いが入ってこの2度の上昇では海外勢は12兆円もの買い物をやらかした!いまダウは史上最高値、日経平均はヨタヨタなのは、アホ財務省の消費税増税のせいなのは明明白白!なんだよな。

さて、日本株は日本の政治家や日銀総裁がマトモであれば、必ず米国株に追従するんだよ。そしてそのきっかけは、日米株価水準の乖離なんだよな。アベノミクス相場の起点も上記チャートのように、乖離が大きくなったところで政権交代(というサプライズ)があったからさ!そう、この日本株ってのは、政変好きの外人が、日米乖離を「日本株出遅れ」と見て買いついたってこと。

つまり、その状況は全部いまと同じだろ!?
消費増税やらなければ今頃日本株はどうなってた?
これが、俺の根拠なんだよ。よほど馬鹿をやらない限り日本株は日経平均¥21,000なんて楽勝なんだって!

どうだい?少しは参考になるかな?(笑)

 

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
まだまだ相場は急落しない25日記事
株・短期の花道(新作)
小型好業績割安銘柄をフォロー21日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【2016.11.19】
強気が継続
いま、そこにある危機【2016.11.13】
トランプ危機はこれから
あなた、有名人ですから

小池東京都知事 結局何もしていない!?6日記事
Anomalies & Fabrications 
政権の根幹に関わる電通の強制捜査7日記事

日本株を読め!【2016.11.26】まだまだこれから

カテゴリ:
先週の(25日大引けの)日経平均予想は¥18,000、ドル円¥110.50だったが、現実には¥18,381、¥113.22と上ブレした。一言で「(予想外に)強かった」と言えると思う。先週はどこかで短期調整があると思っていたが、4日間あげっぱなし!米大統領選挙が11月9日で▲¥919、そしてその翌日¥1,095高を演じて以来、10勝1敗の7連騰!。9日引け値の¥16,251から半月で日経平均は¥2,130のカチ騰げを喰らった格好だ。
reutersmedia
この時期、ここまで日経平均が上昇した背景は2つ。1つは言うまでもないが米国株高、長期金利上昇で大きく円安に振れたこと、そしてもう1つは日本市場の圧倒的な需給改善だ。
(ダウ日足チャート)
 dau25
感謝祭を挟んで4日連続で史上最高値を更新したダウ。今回の上昇も形としてはBREXIT後の上昇相場と同じような形になっている。昨夜のダウは$19,152であり、今回の上昇では$20,000が視野に入ってきた。大きな節目でもありここまでは到達する可能性が極めて濃厚だと思う。
鍵を握るのは12月13・14日のFOMCで利上げを決定した後の値動き。いずれにしてもそこまでは大きな値崩れは考えなくてもいいのではないか?

となれば、日本市場の鍵を握る為替は、一旦は調整する可能性もあるが、基本的には短期調整であってまだ円安方向の流れは継続すると見る。
(ドル円日足チャート)
doruenn25

怒涛の円安で「円買いポジ」を粉砕中のドル円は、戻り節目の¥107.50、¥111.30を次々に突破した。下値¥100.00と考えれば最初の節目(青線)までは¥7.50の戻りであり上値は¥115.00となる。そして次の節目(赤線)を突破したことで、円安の目途は¥122.60まで拡大した。この水準は2015年の1年間の平均水準であり、戻りとしては十分に有り得る水準だ。
個人的には、ここまで戻るのは意外にイージーだと思っている。
(ドル円5年週足チャート)
doruenn5nenn
(日経平均日足チャート)
nikke25

今回の日本市場上昇相場のポイントは、まず11月9日の暴落と翌日の大暴騰によって一気に揉み合いのシコリがほぐれてしまったことだ。これは後になって考えると日本市場にとってはこの上ないラッキーな値動きだったと言うことになる。勿論暴落の怖さというのはあるが、BREXIT後の値動きを見ても分かる通り、シコリ玉が取れてくると相場は必ず上昇に転じる。8月以降の揉み合い相場は、日銀のETF買い倍増によって支えられた官製相場だった。トレンドは上向きとなったが、上値の重い展開が続いていた。

それがトランプ大統領というサプライズで「大暴落ー大暴騰」となったことで出来高が急増し、それにともなって一気に需給が改善したと思われる。具体的には、信用売りの買い戻しが一斉にでたことで、買い圧力が強まったこと、上昇とともに信用の買い玉の利食いが進んでいるということだ。そしてさらなる株価の上昇によって信用売りが急増した銘柄が多い。つまり、金曜に出現した「十字線」の意味は、「利食い、空売り」と「買い、買い戻し」のせめぎ合いの結果だ。

だが、ここでの「売方」に勝ち目はないだろう。なぜなら¥17,500~¥18,000の空売り急増地帯の「売方」が踏み上げられているからだ。この「売方」は¥18,500以上で確実に買い戻しにかかり¥19,000では確実に死ぬ。そしてそうなる可能性が極めて高いことを、ドル円の推移が示している。

したがって来週は、¥18,000を割る込むような押し目となるのは確率は低いはずで、だが押せば一斉に個人や海外勢が買いに回るだろう。なので、望むような調整相場は来ないと思う。そして12月2日の日経平均の引け値予想は・・・
日経平均:¥18,600
ドル円:¥114.50

とする。

 

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
まだまだ相場は急落しない25日記事
株・短期の花道(新作)
小型好業績割安銘柄をフォロー21日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【2016.11.19】
強気が継続
いま、そこにある危機【2016.11.13】
トランプ危機はこれから
あなた、有名人ですから

小池東京都知事 結局何もしていない!?6日記事
Anomalies & Fabrications 
政権の根幹に関わる電通の強制捜査7日記事

25日(金)後場大引け

カテゴリ:
(大引け)日経平均¥18,381(¥47高

後場、ガッツリと利食いされた日本市場。マイナス圏に轟沈した日経平均も、終わってみればハンパない買い戻しも入って、結局はプラス引けとなった。そりゃ、この危ない相場で、もしかしたら売り方が助かった唯一の場面になったりしてな。分からんけど、どうも俺はそんな匂いがするんだよな。
1200x-1
(7-9月が黒字!最近忘れられたクジラの存在。だが日銀のアシストでなんとか・・・苦笑)

一応利食いが出たことで、変な安心感が広がった気がする。この相場も結局は売られるときは売られるんだって、売り方も思ったに違いない。だが、余りにも空売りが多すぎる!しかも、いまだに¥18,300台なんだよな。ダウは連日史上最高値更新中というのに、日本株がこんなこと、ちょっと有り得ないんだよ。確かに、日本株の場合、内需がダメでその分株価は不利だとは思うが、それでも、日経平均全体としてみると、まだまだ買われ方が足りないと、海外勢が判断してもおかしくはないよな。

こういう相場になったんで、俺はますます日経平均は暴走すると感じたぜ。いい感じの利食いだったな。
-----------------------------------------------------------------

7270 富士重 ¥4,695(¥80高)
買)¥4,630×2000
買)¥4,628×2000
売)¥4,680×4000(+¥204,000
買)¥4.673×1000(含み益¥22,000
買)¥4,672×1000(含み益¥23,000
買)¥4,671×1000(含み益¥24,000
買)¥4,670×1000(含み益¥25,000
買)¥4,669×1000(含み益¥26,000
買)¥4,668×1000(含み益¥27,000

日経平均が、利食いに押され陥没!最初の急落でトコトン投げられた時、とっさに売り長であることを思い出して、買いついた。8306の貯金があったんで、怖くはなかったし、予想通り買い戻しが入ってきて戻り歩調、¥4,680まで戻れば十分だよな。俺の株価ボードで粘ってるのは、ここと、7203トヨタ6752パナ。後は総じて売らるパターンに突入だが・・・。
こんな時、買いで獲れるというのも、天の邪鬼の俺らしいや!
さらに日経平均が売られても強い動きに、再度指し値でIN。結局6000株買い持ちで週末に突入だぜ。なかなかスリルあるけど、恐らく今日も売りは減ってないと見るね。これくらいの銘柄なら、海外勢が見逃すはずもなく・・・もしかしたら、踏み上げ相場に発展する可能性もあるぜ。

2432 DENA ¥3,545(▲¥95)
空売)¥3,575×2000(含み益¥60,000
空売)¥3,570×2000(含み益¥50,000
子会社のとんでもない営業実態をジャーナリストに暴露されたDENA。醜聞で売られるのはどうかな?とは思ったが、この騒ぎちょっと発展するかもしれないということで、売ってみることに。こういう時にこそ、株価は水準訂正するんじゃないか?というのがあるし、海外勢はこういうトピックスを酷く嫌うからな。だいたい投信とか、顧客に説明出来ないような運用をやると、ファンドマネの首が飛ぶ。なので、大騒ぎになるにつれて売ってくるような気がしたんだ。まぁ、どうなるか分からんけど。PER45なんて勘弁して欲しいぜ。

2471 エスプール ¥1,506(▲¥58)
買)¥1,510×500(含み損¥2,000
買)¥1,505×2000(含み益¥2,000
買)¥1,501×500(含み益¥2,500

月末の、というよりこの時期特有の銘柄チェンジによる売りかもな。こういう売りはメチャメチャしつこいんだよな。ということは、11月一杯売りが切れないってことかぁ・・・。まったくいつもながら、始末に悪いな。PER11台になって、でも売り決めだろうからそんなことはお構いなしだけどな。
いずれにしても面白くない動きに終始。こういう時に株主を会社が意識してるかどうか問われるんだよ。
大きくやられた2415ヒューマンもそうだが、この相場でPER9とか10とか・・・そういう会社は何か欠陥があるのかもしれんな。ヒューマンは事業説明が全然ダメだった。ああいういい加減な態度が不人気の理由の一つに違いない。ならば、ここは?というわけで、いろいろ調べてみたんだが、問題は見当たらない。にも拘わらず大口がこうやって売ってくる理由が、どこかにあるのかもしれん。だが、そういう情報を個人投資家レベルで入手するのは、ほぼ不可能だからな。
単純に利食いやらポジション変更で売られてるならいいんだが。売りにアルゴ仕掛けられてるんで、始末に悪いぜ!

それにしても小型株が全然ダメだよ。というよりもマジで各銘柄の株価が高過ぎるのが要因と見る。いくらグロース銘柄と言えど、PER50、PER100で揉み合ってるって、これもやはり異常事態なんだよな。だが、これで12月相場になれば、日経平均が多少弱くても、小型株は買われるんだろう。そういう意味では、弱気にならずに昨日投げなくても良かったかなと。いやいや、弱気になったと言うよりも、焦れたってことなんだが。

日本市場、相場としては俄然面白くなってきたよな。こういう展開なら日銀の雑音も入らんし、いつものように海外勢が弄り倒すだけの相場。だから、これまで以上に海外勢の投資行動に注目だよ。だいたいダウみても分かるんだが、あいつら、揉み合ったら上なんだよ(苦笑)。しかもかなりしつこい!(大笑)

さて、変なポジションで週末を迎えちまったが・・・。どうなるかな。
-----------------------------------------------------------
口座残高(推定)¥34,530,000 累積出金¥13,800,000
----------------------------------------------------------------------------------  
 

【株太郎 株式投資ブログ3部作】
株・愚痴の裏道(新作)
まだまだ相場は急落しない25日記事
株・短期の花道(新作)
小型好業績割安銘柄をフォロー21日記事
株・修羅の道(メインブログ)
日本株を読め!【2016.11.19】
強気が継続
いま、そこにある危機【2016.11.13】
トランプ危機はこれから
あなた、有名人ですから

小池東京都知事 結局何もしていない!?6日記事
Anomalies & Fabrications 
政権の根幹に関わる電通の強制捜査7日記事

このページのトップヘ

見出し画像
×