米国の状況は大事だぜ

今回の下落は「米中貿易摩擦」が原因というのが一般的だけど、アナリストの中には需給要因とか、大口がポジションを弄ってボラを演出してる、と言った解説をする人もいる。俺は、トランプの(中国に対する)政治的な圧力とか共和党の中間選挙対策とか、所謂、経済やマーケットを気にしない態度に嫌気がさして、みたいな意見だったのよ。けれども、EUも22日から報復関税を発動するわけで、徐々に「貿易戦争って本気なのか?トランプのディールじゃないのか?」みたいな疑心暗鬼が市場に出てきてると思うのよ。だから、米国ダウのチャートなんて下落ながら下髭が必ず付いてるし、要するに下げ渋ってるって感じだよな。けれども、ここでもしも75日線を割って下値を試しに行くようだと、短期のGC(75日・25日)はフェイクになっちまう。75日線の傾きが再び下向きになってくると、地合いは緩むよな。
840x600

けど、問題はそのタイミングでネガティブな記事をバンバン書かれだすこと。米中関税戦争、EU報復関税、中国株式市場の危機、アジア各国のドル資金流出、米国のイールドカーブ・フラット化、逆イールド懸念、為替(ドル高限界説)、(米国における)中国の投資制限、SOX指数上昇、原油価格下落、等々ネタは満載なのよ。

今夜の場合は、米中貿易摩擦懸念という下地があって、その上で米国の景気指標が多少弱く出たことや、ネガティブな材料も出始めたことがダウを押し下げた感じ。

米、貿易巡り一段と厳しい環境構築が必要ーロス商務長官

米減税、持続的な成長押し上げ効果は不透明=ミネアポリス連銀総裁


ドイツ株21日 大幅反落 DAX183ポイント安の12511 自動車株が下落

ゴールドマン:米中摩擦悪化なら顧客が投資減らす公算=ソロモン社長

中国、関税「乱用」と米国非難ーインドもEUに続き報復処置


こんなニュースや記事が(今夜の)株式市場の背景にあるわけよ。その下地はこのところの(ダウ)株価下落で十分にあった。しかも今夜の米国債金利は長短すべて下落(国債価格上昇)してる。ということは、「リスクオフ方向」ってことだろ。株価はダウ30ではボーイングとマクドナルドが下げてるわけでこれは中国懸念だ。(昨日もマクドナルド、トラベラーズ、キャタピラーという中国関連が下げてた)。

非常にキナ臭いのはアップル、マイクロソフト、フェイスブック、グーグル、アリババ辺りも下げ出したこと。しかもハイテクの多いNASDAQの日足チャートを見れば、ヤバイと感じないはずもなし。

だから、そういう状況が、ある意味では明日の日本市場のバックボーンになるってことだよな(苦笑)
225主力をやるなら、これくらいの下準備は最低だろう?
 

チャートに特化するのも有効な投資法だと思う。時間の限られた個人投資家に向いてるぜ!
チャートをマスターする必勝法「株式投資錬金術」


灘株太郎 今は亡き師匠にささげる私的連載小説!
【師匠】

今 薫(灘株太郎)書き下ろし小説!事実は小説より奇なり・・・それを小説にすれば・・・
【不定冠詞】

灘株太郎入魂の株式投資実戦ブログ(表ブログ)「株修羅」でメインストリームに躍り出た!
【株・修羅の道】

灘株太郎 私的ブログ(裏ブログ)本音爆発!愚痴暴発!プライベート満載

【株・愚痴の裏道】

今夜米国ダウが下がると思ったから売り転換しただけやん。問題は「そう感じられること」だよな。上がると思えば買い持ち越せばいいだけのこと。日本市場のザラバではほとんど勝負してないって何度も書いてる。ただそれだけのこと。
でも、相場なんで、切り返されたら負ける。ただそれだけのこと。
そういう感覚もおいおい「師匠」に書きますよ(苦笑)
 

ランプ大統領が、経済を無視して政治に走ってるってのは、何度も書いてきたけど、株式市場にとって問題なのは、じゃ何が相場をけん引するの?という部分が良く判らんところだよ。買ったはいいけど、そしてリバウンドしたは良いけど、じゃ、この先どうなるっていう部分を考えると、経済が好調という部分よりも、新興国経済の問題とか、米中貿易摩擦とか、やっぱりネガティブなファクターを考えてしまうというところ。それでまた、そう言うのは山ほどあるからねぇ、始末におえないのよ。

米中貿易摩擦を嫌気して下げた相場だから、落ち着けば戻るってのは昨日、今日の相場だった。けれど、じゃ明日は?と言うと、判らんとしか言いようがないのが、この相場の弱さ。だから、売られるものは指数(日経平均)無視でバンバン売られるし、買われるものは資金が集まる、みたいな展開になる。それで、そういう銘柄の値動き見ちゃうと、なんだかこの相場って強いのか?みたいな錯覚に陥るんだよ。もちろん、もそんな錯覚に陥った一人だけどな。


ところが、じゃ、どうして金融株がそこまで売られるの?と言うと、それを説明出来ないわけよ。6月決算の外資ファンドが玉処分をしてるとか、そういう想像ばかりで、本質的に何が嫌気されてるのかが判らんわけ。恐らく、為替が円安になったという部分だけで関連銘柄は強く推移したけど、相場全体が強かったわけじゃないのは確か。だからそういう地合いを判って短期で勝負するしかないし、此処から日経平均が夏相場に向かって強いなんてのは、妄想に過ぎないよな。だって、これだけネガティブファクターがあって、出来高が減ってくるってことになると、夏相場は相当に恐い相場になる可能性が高いからな。

買いで結構含みが出ても、翌日には全溶かしみたいな、そんな非常に嫌気を誘う相場なんだろうし。米国大統領が政治に走って(当たり前だけど)、株式相場は世界情勢という波間に漂うしかないみたいだしな。金融関連はだいぶキナ臭い記事ばかり出てるし。マジで気持ち悪い相場なんだよなぁ・・・。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×