日本株を読め!【2019.3.23】期末混乱の週

カテゴリ:

前週日経平均予想 ¥21,000 日経平均引け値 ¥21,627

前週の3/22引け値予想は¥21,000だった。戻りのダブルトップ形成から押してくるという推理だったわけだが、結局押さずに終わっただけ。ただし、米国市場が急落で日経平均CFDは¥21,198と大幅に下落してるんで、まぁまぁ、遅ればせながらいい線突いてたと言うことになるかも。
mora-
(次期司法長官と言われるモラー特別検察官)

しかし、楽観相場か一転して世界経済の先行き懸念というわけで、いきなり大幅GDを喰らうことを考えると、買い方さんにとっては憂鬱の週末になったね。しかもトリガーがいままで延々と無視し続けてきたブレグジットだって言うんだから笑えるんだが・・・。

それでこの週末はいろいろ出てる。まずトランプ大統領のロシアゲートに対するモラー特別検察官の調査報告書が提出された。その中身が、今のところ分からないわけで、仮にトランプ氏の関与がなかった場合、株価は週明けに急激に戻り可能性も十分にある。だが、関与が認定されていると事は厄介で、さらに深押しの可能性あるんで・・・・。

この辺り、テクニカルでは割り切れない動きになりそうなので嫌らしいんだよね。過去に漠然とした世界経済の減速懸念で下げた局面では、戻ってるけど、今回は戻りの要素がロシアゲートじゃ心もとないね。


米国ダウ日足チャート

3-22
合意なき離脱の可能性がにわかに浮上したブレグジットに対して、ようやく米国市場は反応したと言う感じ。米中対立も難航していてトランプ大統領がどこで折れるのかが注目点になってる。
そしてEUと貿易対立がここにきて浮上。
そうした背景があって、ロシアゲートのモラー特別検察官の報告書の内容次第では75日線までの押しは十分に考えられる(来週ではないかもしれないが)。

相変わらず中国経済の沈降は止まらない状態で、ここにきてようやく米国市場も楽観相場から実体経済を反映する相場に転換するのではないか?という気がしてる。したがって、とりあえずダウの史上最高値更新はなくなったと観るべき。当面米国市場は揉み合いに突入するのではないかと予想する。

タイトル日経平均日足チャート

3-22にっけ
一方の日経平均株価は、現在CFDで¥21,198まで下落。ここにきて▲¥400以上のGDは厳しいなんてもんじゃないね。しかも来週は期末の配当権利落ちが控えていて、今期末は約¥180ほどのGDが想定される。日足チャートはダブルトップ形成の可能性が高い。だがその場合、日経平均連動ETFとの乖離から、約7000億円程度の買い需要が発生すると言われているが、地合いが地合いだけに楽観はできない。


仮に、買いが入るにしても、このチャンスで海外勢が売り浴びせてくる可能性は、侮れないはずでこの期末局面楽観は禁物とみたい。個人的な予想としては、需給の悪化もあって、一旦は75日線にタッチすると見る。あとはブレグジットとロシアゲート報告書の内容次第、と言う相場になるだろう。


来週日経平均予想

日本市場は年度末と言うこともあり、さらにここにきて非常に地合いが悪化していることも含めて、個別銘柄での極端な値動きに注意する必要があると思う。6758ソニーは悪材料(GOOGLE)があったわけだが、極端に売られたのは材料の影響だけではない。その証拠に7974任天堂は踏ん張った。

さらに日本市場は4月27日からの10連休が相場の重石になることは確実。そして連休中にも決算が続々と出てくるだろうから、そうなると下げてしまえば当面株価は上昇の理由を失うことになる。しかし、この時期安倍政権が消費税増税を中止する可能性が非常に高いために、その場合内需銘柄には大きく買いが入る可能性が高い。要注意は機械セクター・鉄鋼セクターでそろそろ中国のダンピングが始まるだろう。
以上の観点から来週3月29日(金)の日経平均株価は・・・
-------------------------------------------------------
日経平均株価:3月29日(金)引け値¥20,500
ドル円:110.50

を予想する
-------------------------------------------------------
 

リニューアル完了!
株は空売りで成り上がれ

いよいよ記事更新開始!

誰も教えない株式投資のコツ


(タイトル変更リニューアル!)

【カントリーリスク】

今夜の米国市場の地合予想 大失敗だったなぁ

tototo

米国市場:サマリー

0時50分 米国ダウ:$25,600(▲$362) 日経平均CFD¥21,216(▲¥393)

今夜の予想は失敗した、と言う感じ。誤算はいくつかあるけれど、やはりブレグジットが第一。欧州市場がメタメタだ。これも、なぜいままで問題にせずに、今夜突然!?という感覚が否めない。納得がいかないね。

それと、やはり米中交渉の先行き不安かな?でも、トランプが早速介入しててフォローしてるんで、それでも株価が反応しないということは、やはりブレグジットなんだと思う。

けれども、このところ日本市場は年度末ということで、ポジション調整が頻繁でグチャグチャになってたから、感覚がどうも狂ってきてしまったよ。俺はさ、基本的に米国市場も40%くらいはウエイトを置いてる手法(ワンナイト)だから、ここの注力しなかったのは俺の完全なミスだよな。




過度な相場の楽観が暴落要因

こういう米国市場の値動きを俺は不思議とも思わんし、むしろ当然だろうと捉えてるよ。正直暴落だよなぁ。でも暴落するのは当たり前で、いままで、2ヵ月半も楽観状態で上昇してきた相場だろ?その間はもう、俺の感覚では無茶苦茶だったと思う。

時々米国市場ってのは、こういう相場を作るのよ。もちろん半分以上は作為的・意図的だと思う。大手が相場を作る、みたいなことをやると、他社は付いていくか、戦うかの判断を迫られるからな。そうすると、今は勝ち目がないとなるとトレンドを作る側に回るのよ。だから、ネガティブファクターもなんのその、で株価は上昇してしまう。

こういうのはもう株式相場では最悪なのよ。もちろん個人投資家にとっては、やってられねぇ!と嫌になる部分。みんなやられる。例外なくまきこまれるんだよなぁ、こういうのは。


米国ダウは$400以上の暴落(1時50分現在) 

下げが止まらない。トランプのテレビインタビュー記事も効果はない。

通商合意「おそらく実現」、国内自動車生産なら関税回避=米大統領

こういう記事もまったく抑止効果なしだな。米中問題もだが、EUとの協議に関してかえって火に油を注いでるかも。 ちょっとこの時期厳しいね。

ただし逆を言えば日本市場は、来週権利取りになったりするし、権利落ちも買い需要が相当にあるはずなので、ズルズルと下落を続けると言うわけじゃないだろう。日経平均連動ETFの買い需要も出るはずだ。

それにしたって、買い方はウンザリだろうな。



個人的な感想

やはり、楽観相場の行きつく先は暴落だった、と言うことだよ。しかし、年初から2ヵ月半も毎日予想が外れるみたいな、マジで苦しい時間だった。
ポジションはもちろん苦しかったけど、新規ブログを立ち上げたはいいけれど、連日の上げ相場でマジで筆が止まっちまった。テクニカルはまだしもファンダメンタルズが通用しなくなってきて、本来ならネガティブな地合いでも気にしないという相場。これは苦しいよ。

ブログ書いてても説得力はないしな。「カントリーリスク」なんかはまさにリスクを列記したブログだし、「株は空売りで・・・」なんか、(影響が出るかもしれないと思って)とても更新出来なかったよ。前に「毎日書いてりゃいつかは当たる」みたいな皮肉を言われまくったけど、本当に気分はオオカミ少年だって。

でもな、こうして暴落したらしたで、自慢できるもんじゃないし、酷い目に会う個人投資家も多いだろうし、なかなか書きたいことは書けん。

けれども、これが株式相場だって言いたいよ。あ~あ、力が抜けてきた。




リニューアル完了!
株は空売りで成り上がれ

いよいよ記事更新開始!

誰も教えない株式投資のコツ


(タイトル変更リニューアル!)

【カントリーリスク】






ブレグジット 合意なき離脱が現実味?

RTX39THIa-thumb-720xauto-114733

EU首脳、英離脱4月12日まで無条件延期提案ー合意なし回避

さて、嫌でもこれでマーケットはブレグジットを意識しないわけには行かなくなるんじゃないか?
というか、この記事はちょっとおかしいぜ。

3月29日の従来の離脱期限は、守られないということは既に明らかだったわけで、今回のメイ首相とEUの交渉は、6月末まで伸ばしてもらえたら合意案の可決を取りつける、というのが前提だったはず。けれど、ブルームバーグは、初めて延期が決まったみたいな書きっぷり。EU側が譲歩して4月12日まで延ばしてやるから、さっさと決めて来い!と突き放したのは、条件をむちゃむちゃ厳しくしたんだよな。


でも、4月12日まで待って合意なき離脱はまず無理。EU側は合意内容も変更には応じないと突っぱねた。一方英国議会では、同じような動議は受け付けない、と下院議長も突っぱねた。となれば、俄然、合意なき離脱の可能性がフィーチャーされることになる。

って・・・合意なき離脱はヤバイよ。このプレッシャーで果たして英国議会(下院)が、どうなるか・・・。それでリーマンショック級の激震となるかどうかがかかってる。

不運急を告げるみたいな地合いになっちまった。

これって結局離脱派が意固地になっちゃうんじゃ?あと20日間。果たしてメイ首相が離脱強硬派を説得できるかどうか。。。

にわかにブレグジットのリスクが・・・ 
 


リニューアル完了!
株は空売りで成り上がれ

いよいよ記事更新開始!

誰も教えない株式投資のコツ


(タイトル変更リニューアル!)

【カントリーリスク】

このページのトップヘ

見出し画像
×