おはようございます^^

5月13日の週で海外勢が売り越したこと、昨日は46%台の空売り比率だったこと、で日本株買いは下火か?と思ったけれど、今度は日銀が買いオペなんかやってきて・・・。昨夜の日経CFDも強かった・・・¥127台にも関わらずだ。

全く遣り辛いの一言。素直に手仕舞いしかないか・・・。ショートカバーされそうだしなぁ・・・。


おはようございます^^

思った通り、下落トレンドでは戻りは数日という感じで大きく反落した米国市場。こういう局面での下げ幅がますます拡大しているような、そんな悲惨な落ち方をし始めたね。

同時に日経平均も、はかったようにPER13.17辺りからの下落となったけどね、またまたおかしなEPSが出てきた!昨日時点でのEPSは前日(¥2,024)と比較して¥60あまり上昇してて¥2,082だって。東証が算出してるこの指標はもう当てにならん!というか、こんな出鱈目な指標を出していいのか?って思う。腐ってるね。

というわけで米国市場はダダ下がり。特にNASが▲4.73%って・・・唖然とするね。S&Pからテスラを外したということだけど、そのS&Pも▲4.04%。ダウは▲$1,164だけど、まだマシという感じの▲3.57%。米国投資家は阿鼻叫喚だなぁ・・・。


それでも、日経CFDは▲¥670程度、▲2.55%程度で全然マシ。というか強い!強いんだが、その強い理由がいまいち腑に落ちないというか・・・。米国市場のこの状況をみて、日本市場で資金ヘッジするのか?というのが納得できない部分なんだよね。

その米国ではHYGチャートを見てるけど、下がってきてるけどまだドカンとは来ない。で、やはり資金は株式でヘッジするよりも、米国債買いだろう・・・。勿論、インフレなので、米国債を買ってもある意味無駄というのはあるけれど・・・。

こうした何もかもがダメダメになってくると、やはり日本株を買うのかなぁ・・・と思ったりもするし・・・。昨夜の米国市場は買戻しもほとんど出ていない。ということは・・・。


おはようございます^^

昨夜の米国市場は良く戻ったけれど、日経平均CFDの動きは何だ!?それでも途中までは連動するように動いてたし、上昇幅もほぼダウとNASの中間位の比率で推移したけれど、半ば過ぎころから全然上がらなくなった。
やはり¥129台で停滞してるドル円のせいかな?米国債10年物金利は3.000pに限りなく近づいてるのに・・・。ってことは、やはりドル円(円安)でないと上は厳しいのかなぁ・・・。EPSも枯れちゃったしなぁ・・・。

しかし、昨日は決算発表はないはずなのに、なんでEPSが¥2,024に上がってるんだよ!計算がおかしいだろ!¥2,024ならPER13.3で¥26,919!!!なんだよ、もう上がない!?(苦笑)



このページのトップヘ

見出し画像
×