早くも日経平均CFDは¥100以上GUしてるしな。明日からの地合いはネガティブ材料一服相場が継続するかも(まだ今夜を観てみないと判らんけど)。仮にそうなった場合は、戻り相場で(比較的安全に)デイトレが出来るってもんで・・・。もっとも銘柄をあまり選択しなくても主力を弄るなら良いんだが、1%、2%じゃ、取れた気にはならんよねぇ・・・。そして良く言えば大引け前の状況次第では持ち越してもいいかな、とか思ったりするし。
まぁ、俺みたいに売り建てたまま持ち越してるトンチキ野郎は、火曜には担がれてスタートってことだけど、それでも、寄り付きと同時に複数銘柄を買いで入れたらカバーできるんで、そういう意味では、銘柄を常にチェックしておかんとね。

というわけで昨日に引き続き、チェックした銘柄を載せるけど、材料株ってこともないし、仕手株でもないし、ごく普通の銘柄ということです。激しいのが好きな人はそちらへ参戦するのもいいと思うけど。

(システム系・ネット系)
ネット系の大半は駄目なんだよな。上手くいかない。その理由は寡占化がすすんでるからよ。けれど、うまく独自の世界を作れた企業は伸びるだろうし。みんな人気のある企業だしね。
3844 コムチュア
独立系のSIだけど、ここは本当に経営者が凄いんだろう。商品分析とか人気が高いし、クラウド化でますます増勢だね。
3733 ソフトウエアサービス
電子カルテやら医療系では、一番いい銘柄と思うし、今の時期はシステム更新の需要期。板が薄くて怖いのよ。でも以外に変な売り玉は来ない。

3679 じげん
野村かどこかがカバレッジ開始というニュースで飛んだ。この経営者は業界ではスター的な存在。他にも同じような企業は結構あるけど、突出してるのは理由があるんだろうね。
3968 セグエ
セキュリテティでは俺はここがお気に入り。
3985 テモナ
単純にECシステム売ってるだけだけど、化粧品(コスメ系)に強いってのがいいのよ(笑)
6047 Gunosy
業績好調+ブロックチェーン事業参入でS高。迂闊には行けんけど、落ち着けば戻りを試す?
6175 ネットマーケティング
相変わらず出会い系(マッチングサイト)で頑張ってる。
6555 MS&Consulting
覆面調査やるらしい。四季報には早期一部鞍替え目指すと。ってことは近々増資?分売?
4686 ジャストシステム
まぁ、タブレットを使った通信教育が当たって絶好調。キーエンスの傘下に入ってよかったな。
4726 ソフトバンクテクノロジー
特別良い会社じゃないけど、そろそろ何かやるんじゃないか?いつまでも放置しておかないだろうという思惑。業績は悪くない。

(半導体関連)
このセクターは戻りを狙う感じ。半導体関連は今回ばかりはシリコンサイクル無視で拡大すると思うし、その意味では絶好の買い場って気がする。とにかく半導体関連、装置関連は今回は売られ過ぎだと思うぜ。シリコンサイクルは突如来るなんて脅されちゃうけど、IoT、AI、クラウド、コネクテッドカー、スマホ・・・。今の状況を考えたら不況どころじゃないってな。作っても作っても足りないのよ。
8035 東京エレクトロン
4063 信越化学
3436 SUMCO
6256 ニューフレアテクノロジー
6857 アドバンテスト


三連休じゃ暇すぎてな、つまらんだろうし、さりとてこの暑さじゃ出かけるのも・・・ってことで、退屈凌ぎに読んでくださいませ(笑)
 

チャートに特化するのも有効な投資法だと思う。時間の限られた個人投資家に向いてるぜ!
チャートをマスターする必勝法「株式投資錬金術」


灘株太郎 今は亡き師匠にささげる私的連載小説!
【師匠】

今 薫(灘株太郎)書き下ろし小説!事実は小説より奇なり・・・それを小説にすれば・・・
【不定冠詞】

灘株太郎入魂の株式投資実戦ブログ(表ブログ)「株修羅」でメインストリームに躍り出た!
【株・修羅の道】

灘株太郎 私的ブログ(裏ブログ)本音爆発!愚痴暴発!プライベート満載

【株・愚痴の裏道】

この猛暑の中、出たり入ったりが多くて少々バテ気味。しかし、こんなに暑くていいのか?って思う。介護老人達にはくれぐれもエアコンを切らぬよう良い含めてる。寝るときに油断してエアコンをオフにしちゃうと、寝ている間に脱水症状になりかねんからなぁ・・・。

というわけで、ウダウダしながら、少し銘柄調べをしてみた。来週は決算発表も少なく、本格化前のアイドリングのような週なんで、短期資金がいろいろやってくるかも、なんて感じで、いくつか銘柄選んどくか、ってな。でも、なかなか面白い銘柄がないんで困ったものよ。

もっとも俺の場合、売り坊なこともあって、良い銘柄である必要はなくて、需給的にテンパッテる銘柄なら、売り勝負が賭けられるからな。引き続き6981村田製作所とか6758ソニー9984ソフトバンクと材料はいくらでもあるから。そんな感じで観てると、4503 アステラス製薬をいつから手を出そうか、とか、いろいろ妄想が・・・(苦笑)

けれども、来週の地合いは悪くないわけで、ならばこの辺で、投資方法を変更してしまって、底値圏の銘柄を拾って行くのもいいかな、と思ったりしてる。その意味ではレギュラーで弄ってきた銘柄をそろそろ買い転換して放置してもいいかなぁ。
8306 三菱UFJ
8316 三井住友
8604 野村
6501 日立
3402 東レ

くらいはそろそだよな。

で今日調べたのは・・・
2174 GCA
6158 和井田製作所
6855 日本電子材料
9699 西尾レント
6890 フェローテック
6235 オプトラン

で、面白そうだと思ったのは大きく書いた銘柄よ。もっとも9699西尾はもう買い持ちだけどな。夏場になるんで建設関連もそろそろ買いなんだろうと思うけど。 
それで、ちょっと勝負してみようと思ってるのは2174GCAとか6235オプトランとか・・・。特にオプトランに関しては¥4,000割れの水準で何度か待ち伏せしたけど、刺さらなかった。なんだか、もう押さないんじゃないか?ってチャートになっちまって・・・悔しいのよ。けれど、こんな企業もあるんだってな。

そう言えば今夜はいよいよワールドカップの決勝戦やね。フランスが勝つんじゃ面白くないけど。心情的にはクロアチア応援よ(苦笑)
 

チャートに特化するのも有効な投資法だと思う。時間の限られた個人投資家に向いてるぜ!
チャートをマスターする必勝法「株式投資錬金術」


灘株太郎 今は亡き師匠にささげる私的連載小説!
【師匠】

今 薫(灘株太郎)書き下ろし小説!事実は小説より奇なり・・・それを小説にすれば・・・
【不定冠詞】

灘株太郎入魂の株式投資実戦ブログ(表ブログ)「株修羅」でメインストリームに躍り出た!
【株・修羅の道】

灘株太郎 私的ブログ(裏ブログ)本音爆発!愚痴暴発!プライベート満載

【株・愚痴の裏道】

日本株を読め!【2018.7.14】決算前の調整の週

カテゴリ:
前週日経平均予想 ¥22,180 7月6日 日経平均引け値 ¥22,597

前週までの好調さは、跡形もなく消え去って、またぞろいつものヘボ予想に回帰!(苦笑)これでどうやら、世界の株式市場は「買いトレンド」に突入したような、そんな雰囲気になってきてるぜ。そして目先は、日経平均株価の動きよりも、個別企業の決算を観た動きに重点が置かれて、日経平均そのものは、決算の結果論となる。その意味では、先週の日経平均の動きは、9983ファストリと9984ソフトバンクの影響が極大で、其のほかに強がってる銘柄の代表は言うまでもなく青天井入りした6758ソニーなど。
-1x-1
(欧州滞在で大人しいトランプ大統領 苦笑)

仮に米中貿易戦争の影響を無視して世界経済がこのまま順調な推移を辿るとすれば、特に日本市場の場合は売られ過ぎた銘柄が多いので、全体として戻り相場となると思われる。こういう場合は、素直にいくつか出遅れ銘柄をピックして買うやり方しかないと思うし、それが一番効率がいいのかもしれない。今の相場は、トランプさえ大人しければ、波風は立たないわけで、その意味では中国は人民元安を演出して貿易黒字を拡大するという、対外債務が拡大してかなり危険だが、関税引き上げよりは影響の少ない確実な戦略に打って出てる。なので、舌戦による影響は内場になるんだろうし。

(米国ダウ日足チャート)
7-13ダウ

昨年までのような一本調子の上昇はすでに終了していて、半年間続いている調整局面を抜けれるかどうかが米国ダウの焦点で、来週から本格化する企業決算と米中貿易戦争の推移を両天秤に掛けて、年初来のレジストラインをブレイク出来るかどうかは微妙ではある。チャートの形としては、三線上で、なおかつ75日線の傾きが好転しているということで、上昇の方向なんだが、其のあたりはチャートでは判らないね。条件としては9月のFRB利上げを肯定出来る企業業績が確認できるかどうか。そして来週のパウエル議長の議会証言で投資家が自信を持てるかどうかが鍵になる。後は中国が関税報復を言ってくるかどうか・・・。

(日経平均日足チャート)
7-13にっけ
日経平均は急激な戻りとともに、楽観論が支配的になってきてる。そして米国から一週間遅れの第4週から1Q決算が本格化するわけだが、内容に関しては総じて好調と思われ、円安の影響が出る2Qに向かって先高観が顕著になるはずで、7月中には年初来のレジストラインはほぼ抜けてくる公算。ただし、来週に限っては、急騰した調整もあるという感じで、週初はそれほど強いとは感じないが・・・。

特定銘柄の影響が強過ぎる日経平均の上昇で、他銘柄がそれほど強く買われてるわけではなく、また自動車セクターや金融セクターが、買われるようでなければ、本格的にレジストラインはブレイク出来ないと思うね。

株価が高ければ、目先の地合いは良好、とついつい楽観しがちになる。けれども、米国債金利がまったく上昇しない状況というのは、つまりは「経済が好調であるにも関わらず、資金はリスク回避的な動きをしている」という意味でもある。そして、イールドカーブは今秋にも逆転するという観測もある通り、ジワジワと長短金利差を縮小している。つまり、企業業績に対して貿易戦争の影響は、ある程度2Q決算には出てくるという想定でもあるわけで、そうなれば、現在の株価の戻りは限定的となる。つまり、目先は株価が戻り基調ではあるものの、米中貿易戦争が遅くとも8月中には収束しなければ・・・。現在の戻り相場は、1、2ヶ月のスパンで見ても、さほど信頼性はない。しかし、目先の動きを考える来週は、米国市場は思ったよりも強くないだろうし、日本株は調整を入れてくる可能性が高いと思うので・・・
--------------------------------------------------------
日経平均株価:7月20日引け値 ¥22,300
ドル円:¥112.50

を予想する
--------------------------------------------------------



チャートに特化するのも有効な投資法だと思う。時間の限られた個人投資家に向いてるぜ!
チャートをマスターする必勝法「株式投資錬金術」


灘株太郎 今は亡き師匠にささげる私的連載小説!
【師匠】

今 薫(灘株太郎)書き下ろし小説!事実は小説より奇なり・・・それを小説にすれば・・・
【不定冠詞】

灘株太郎入魂の株式投資実戦ブログ(表ブログ)「株修羅」でメインストリームに躍り出た!
【株・修羅の道】

灘株太郎 私的ブログ(裏ブログ)本音爆発!愚痴暴発!プライベート満載

【株・愚痴の裏道】

このページのトップヘ

見出し画像
×